沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

財政見通し大丈夫?~新体育館の1階を嵩上げし駐車場台数増検討!

今週16日の本会議で10月議会は閉会となりましたので、今議会で取り上げた市長、当局への一般質問の結果をご報告します!

1、今後30年間の沼津市長期財政に関する試算の妥当性について

市長が試算に使う人口推計は、2015年の沼津市出生率1.46に対し、2025年に1.82035年には2.07に引上げ、更に転出超過が続く沼津市で2020年には転出入差をゼロにする前提。

全国的にも出生率2.0を超えていたのは1975年以前まで。ちなみに、現状ベースでの国立人口研究所の推計は2045年時点での沼津市の人口=約135千人で、今回試算の16万1千人と26千人の大きな差。

この超楽観的な数字で試算を行い、緊急記者会見を開き「鉄道高架事業など大型事業を推進する中で財政に問題ないと結論づけた」と報道されたことを問題視

財政の健全性を検証するなら、人口研究所の現実的な値でも試算し、総合的に結論づけるべきであり、市長の認識を質しましたが、楽観的であっても市が規定している目標値だから可とし更なる試算は行わないとのこと。

厳しいケースにも備え、バックアップ策を事前に考えるのが政治の責務と思いますが、これでは、健全性が証明されたことにはならず、公約を破り鉄道高架推進に変心した自己弁護のために行ったのか、と感じてしまいます。いずれにしても、この財政見通しについては、自分なりに検証、追求していきます。

2、鉄道高架事業(新貨物ターミナル用地)の今後の事業見通し

市長は財政試算上も鉄道高架事業は今から13年後の平成42年に完成としていて、見直すこともしないとのことでしたが、原の新貨物基地用地の買収が完了していない状態で現実的とは思えません。

いずれにしても、本年度中の任意買収を完了の計画の下、買収に応じない残りの用地取得に向け、行政による強制収用が課題になりますが、対象の土地の測量など法に則っての物件調査に取りかかる必要があり(時間が掛かるので)、そのためには、市長が9月時点で決心をして来年度予算に盛り込むことが必要と主張しましたが明確な答弁はなく、本当に進めていく意志があるのか疑問に感じました。今後、来年度予算編成における対応を注視していきます。

3、香陵公園周辺整備における駐車場台数の確保策

新体育館+文化センター+市役所で駐車場台数約650台であることに対し、市民から不安の声が寄せられていることから、新体育館の現構想を変更し、1階部分を嵩上げして駐車場化して2階以上を体育館とする新案(+150)を提案

これに対し、課題として事業費+3億円、工期+2か月となるのが課題とされましたが、今後、市長としても良い案なので検討していくということになりました。

4、2020年東京オリンピック・パラリンピック事前合宿誘致

県がイタリアの格闘技連盟と協議を進め、柔道、空手、レスリングについて、県内での事前合宿開催の合意を取り付け、既に柔道と空手は、先方からの地元での費用負担などの要請を受入れ、柔道は藤枝市、空手は御殿場市に決定

残るレスリング女子について、県より沼津市に対し、受け入れられないかとの打診が本年3にあり、イタリア格闘技連盟代表者と5月に市が面談し、7月に再度、連盟代表者と市長が決裁した条件(合宿費用は先方負担有!)で協議を行ったが合意に至らず。

3月の打診から既に半年が経過、決断できず、遅々としているとチャンスを逃すと促した結果、市としても他市同様、合宿費用負担など先方要望を受入れ、早期回答することになりました。2020年東京オリンピック・パラリンピックも市民全体で盛り上がりましょう!


[PR]

by katomotoaki | 2017-10-18 21:08 | 政治・総務・経済
<< 日曜日は「沼津かのがわハーフマ... 成犬譲渡会終了~新たな飼い主の... >>