沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

待機児童は深刻!御用邸は思い切った魅力付を!

金曜日の議会最終日は真夜中直前、23時半までかかってようやく終了。初日から、市長の後援会行事での公私混同問題(市の封筒を使用して後援会入会申込書配布、私的作業を勤務時間中に市職員に指示等)で緊急質問となり長く中断。翌日は、市長が貨物駅地権者宅を民間団体が原地区の未来像を描いた資料(例えばサッカースタジアムを作るなど=根拠なし)を持参し訪問、地権者に誤解を与えたとして紛糾。

結局、これらが原因で本定例会は多大な時間を浪費したわけですが、問題はその事自体よりも市長の答弁内容がコロコロ変わること、更には、非を認めない姿勢が根底にあること。政治家としての自覚をしっかりと持って頂き、発言と行動は慎重にして頂きたいと思います!

さて、今議会で自分が一般質問で取り上げた1、各種待機児童の現況および今後の対応、2、沼津御用邸記念公園の今後の整備方針について、以下、ご報告致します。

1、待機児童について、保育園は増加傾向にあり、入園希望を第1~第3希望まで出していて入園できていない待機児童が約30名、第1希望の園のみ希望で待機の児童が別に約60名で、計約100名近い状況。年頭に入園希望して未だ入れず、お母さんが復職できないとの相談も寄せられています。

また、心身の発達に心配のあるこどもの支援を行う児童発達支援センター「みゆき」は、1日の利用定員40名に対し58名まで入所対応し、結果として利用者側に利用日を変更してもらったり、休んでもらう措置が取られるようになり、働いているお母さんなどは対応に苦慮。

更に、小学校の放課後児童クラブにおいては、7小学校区で待機児童が57名。子育て支援の要であるこれら施設すべてにおいて多くの待機があることから抜本的な解決策が必要であり、この状況では市長が目指すとする2025年の出生率18はとても達成困難との観点から市長の姿勢を質しました。

市の答弁は、当たり前な内容でしかなかったので、抜本的な対策を要望。特に深刻な保育園については、中心市街地の園は待機が多く、周辺部は空きがあることから、東京などで行っているように待機状態でも希望園に来てもらい、そこからバスで余裕ある園に送迎して保育することや、政令市などで国が行っている児童ひとり当りの床面積基準緩和→定員増を沼津市でも適用してもらうよう市長が国に働きかけるよう提案&要望しました。

口で「世界一元気な沼津」と言っているだけでなく、覚悟を持って本気で改革に取り組まないと何も変わりません!

続いて、2、御用邸記念公園について、国の名勝公園指定に伴い、保存計画の策定作業が始まっていることから、この機会を捉え、観光面からもっと魅力的で集客が可能となるような施策や整備の実施について、その取組方針を質しましたが、市長からは具体的な考えやプランの答弁はありませんでした。

自分からは、大きな面積がありながら特徴のない本邸跡に対し、当時の御用邸として初の洋風建築物であり、宮殿建築として建築史に残る建物と言われた本邸洋館の再建や、離れている東付属邸へのアクセス向上に向けた電動カートの導入、茶室を強化しての魅力向上など、インパクトがあり人を呼べるレベルの改修策を提案しました。今後の対応に注目です!


[PR]

by katomotoaki | 2017-12-17 20:06 | 政治・総務・経済
<< 沼津の誇り!大師丸の進水披露式! 道路&高尾山古墳記事で建設水道... >>