沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2017年 11月 04日 ( 1 )


「既存公共ストックの活用について」の行政視察!

沼津市議会建設水道委員会での行政視察を先週実施。今回は、委員会の継続調査テーマである「既存公共ストックの活用について」に関連し、公営住宅や公共空間、リノベーション関連を視察することとし、選定した各所の行政からのレクチャーや現地視察を行いました。

最初に、東京都北区赤羽台の都市再生機構による旧赤羽団地の建て替え事例を視察。2000世帯の巨大団地の建替えはあまり例がないかと思うが、異なるライフスタイルや家計状況に対応できる多様なレイアウトの間取り(家賃)を用意、さらに保育園や高齢者施設、ショッピングゾーンへの商業機能などの誘致も進め、高齢化社会にも適応したまちづくりを実現していました。

沼津市においても、現在約2000戸ある市営住宅の整理、統合、リニューアルが大きな課題であり、30年後には1400戸まで減らしていく中で、是非とも参考にしていきたいと感じました。

d0050503_20434615.jpg
d0050503_20435508.jpg
d0050503_20440285.jpg
d0050503_20441327.jpg
d0050503_20441988.jpg
続いて、札幌まで飛び「道路空間の再配分と利活用について」。実は、これは、新屋副市長は国土交通省の都市局街路整備課の専門官であったことから、視察先として推薦を受けたもの。

特長的なのが、札幌駅を起点に新たに整備された地下歩行空間「愛称:チ・カ・ホ」。

長さ520mの歩道は歩道幅12mに加え、両サイド4m部分をフリースペース化して様々なイベントに使えるように規制緩和が図られました。

1日で7万人の歩行者量があることからイベント実施や出店意向が高いとのこと、これをマネージメントするまちづくり会社が設置され、利用料金を収入として運営されています。

通常、沼津の仲見世商店街などで歩道上で何かを行う場合は都度使用許可を警察等に出さなければならず面倒ですが、札幌市はこの空間利用に対する条例を制定して規制緩和しており、沼津市でも是非参考にしたいと思います。

d0050503_20445951.jpg
d0050503_20450713.jpg
d0050503_20451427.jpg
d0050503_20452364.jpg
d0050503_20452961.jpg
d0050503_20453618.jpg

最終日は仙台市において「リノベーションまちづくりについて」。民間のまちづくり会社が中心となり、公園や緑地を利活用してイベントを展開、また公民連携による遊休不動産活用に取組み出しており、ビルの屋上をオープンスペース化した事例や空き室をシェアキッチン化した事例を視察。

沼津市においても一昨年より行政がコーディネイト役として10件あまりの遊休不動産を対象にリノベーションスクールを開催するなど動いているが、転換を計るまでの実例は達成できておらず、今回の様に、投資を極力抑えての新たなニーズに合ったケースの創出が課題と感じた。

d0050503_20462791.jpg
d0050503_20463774.jpg
d0050503_20464672.jpg
d0050503_20465693.jpg


[PR]

by katomotoaki | 2017-11-04 20:48 | 建設・まちづくり・防災