沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧


清水町問題

今日は清水町の「みどり祭り」が、従来の柿田川公園から総合運動場に移転して行われるとのことで行ってみました。多くの町民が集まり賑わっていましたが、ゴミ、し尿処理問題も方向性が見えて安堵の様子?と思ったのは僕だけだったでしょうか‥!?ちなみに、平井町長の姿も見受けられましたが、ニコニコしゃべってました。一方、TBSで放映の「噂の東京マガジン」での沼津市・清水町ゴミ、し尿処理問題の報道については、ニュートラルな報道内容であり安心しました。最大の問題は清水町側の長年の歴史における信頼性の欠如によるものであり、合併問題も絡み、ここまで問題が複雑化してしまったとの論調でした。経緯は理解するものの、沼津市が大人げないというコメントもありましたが、その他の委託事務も含め考えれば、合併することが時流的にあたりまえ、との明確、客観的なコメントもありました。まあ、身近なところから再構築を図るか、全く違う視点、アプローチで東部の将来を構築していくかですね。
d0050503_22592671.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2005-10-30 23:00 | 建設・まちづくり・防災

駿河丼

昨晩は長野から親戚が来たので、久し振りに清水町の「うな繁」に行きました。久々に行ったら「駿河丼」なる新メニューが登場していたので、自分はこれをチョイス。いつもは、うなぎの白焼きか、人気メニューの「うなぎの石焼丼」にするのですが‥。駿河丼は、鰻、桜海老のから揚げ、地魚の天ぷらが少しずつ盛り合わせてあります。結局、駿河丼のインプレッションは、残念ながら「イマイチ」!3種がどれも量、味とも中途半端なため、全体としてのインパクト不足!食べ終わってみて、「何か物足りないなあ‥」となってしまうのでした。但し、女性やご年配の方には良いかも‥。次回は定番メニューに戻します。
なお、お店は相変わらず大繁盛でしたが、三島市の若い観光課職員の方も家族でいらっしゃってました。彼は「観光カリスマ講座」で一緒なのですが、三島は今後もっと「鰻」をアピールして観光の柱にしたい、と意気込んでました。研究熱心?で偉い!?
d0050503_935246.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2005-10-30 09:04 | プライベート

し尿処理打ち切りを受諾

清水町長が正式にゴミに加え、し尿処理の打ち切りについて合意する旨回答がありました。これにより、清水町のゴミ、し尿は、コストの掛かる民間ではなく、近隣の他の自治体が処理していくことになると思われます。結局この騒動で得られたものは何だったのか??これからは、将来を見据えてゼロから清水町との友好関係を築いていかなくてはなりませんが、清水町民の中に禍根を残さなかったかが気がかりです。
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-29 16:26 | 建設・まちづくり・防災

沼津市のグランドデザイン

沼津市の将来の都市計画が問題になっていますが、これは単に都市計画の問題ではなく、沼津市の将来のグランドデザインが問われていると思います。将来の少子高齢化トレンドに伴う人口減少は当然ながら、中心市街地の衰退による都市環境の魅力と機能の喪失、企業の撤退等による就業機会の喪失で、特に若年層の流失が加速していく点が、なによりも大きな課題だと思います。このままでは新たな資本投下や産業的な発展の余地はない地方中小都市の苦悩に直面していると感じます。ちなみに、今自分の机には「地域新生のデザイン」、「中心市街地活性化辞典」、「まちの再生ハンドブック」などがありますが‥なお、本日もいろいろな方の声を頂戴し、ありがとうございました!
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-28 00:28 | 建設・まちづくり・防災

清水町との事務レベル協議

助役をトップとする第4回会議は本日行われ、清水町より、ゴミの委託事務は今年度限りで終了とし、し尿処理については処理継続をお願いしたいとの申し入れがあったそうです。沼津市側は、し尿処理についても打ち切りとの態度を変えず、協議は平行線であり、実質的な事務協議に入れないことから、今回で協議終了となった模様。し尿処理を他の自治体で受入れてくれるところは‥どの程度清水町は検討しているのでしょうか?予算編成の時期を迎えており、時間はありません。
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-26 18:29 | 建設・まちづくり・防災

TBS噂の東京マガジン

沼津市、清水町とのゴミ・し尿処理問題が、10月30日(日)13時からの「TBS噂の東京マガジン」で特集され放映されるらしいです。詳細はわかりませんが、どんな報道となるのか気がかりです。是非とも、誤解を生まないような公正な報道を期待します。
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-25 21:14 | 建設・まちづくり・防災

市民レベルの清水町との交流研修会

議長よりFAX連絡があり、首記研修会が開かれたとのことです。お互いの自治連合会、区長会のメンバーが参加、各議会代表議員による講演があったようですが、出席者による意見交換などはなかったようです。詳細のレポートがないため、実体はわかりませんが、お互いの立場での状況理解には役立ったものと推測します。いずれにしても、主権在民のごとく、お互いの住民理解が今後の広域連携にとって重要だと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-25 00:01 | 建設・まちづくり・防災

子育て支援

昨晩、当自治会の会合があり、先日の日枝神社大祭のご苦労さん会も兼ねていたので、皆さんとじっくり話すことができました。当マンション自治会は、新しいこともあり、30代、40代世代の世帯が多く、役員も同様で、子育て真っ最中の方が多いのですが、話の中で、駅前のパレットにある子育て支援センター(沼津っ子ふれあいセンター)が話題になりました。特に、夫婦ふたりで働いている世帯の方は、平日、週末とも良く利用されており、子どもを預けながら買い物などを済ましているとのことでした。当マンションは駅に近いこともあり、首都圏に通う世帯も多いのですが、そのようなご夫婦にはアクセスの良いポジショニングが好都合のようです。ちなみに、同施設は平成15年8月31日開設で、平成16年3月末までの利用者は12434人となっています。その話の中で、子育て支援に関する更なる改善提案も頂きました。人口減少が進む沼津市にとって、細かな使用者目線での施策拡充が必要ですので、貴重なご意見に対し、真摯に取り組みたいと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-24 01:28 | 福祉・教育・環境

議員年金

国会議員の議員年金について、完全廃止に向けて来年法案提出されることが報道されています。これにより、現職国会議員は以降、国民年金だけが受給されることになります(国会議員の在任期間分)。国民年金は現在保険料月額13580円、25年以上の資格期間がある人が65歳になった時から受け取れ、年額794500円となっています。もし収入がこの年金分だけだったら、絶対に生活できませんよね‥。一方、地方議員にも議員共済年金なるものがあります。受給資格は、在職12年以上、すなわち当選3回以上で、これに満たない場合は退職一時金として掛け金が返納されますが、例えば1期で終わった場合は掛け金納付分の56%となっています。現在の掛け金は月65000円、結構重い負担です。ちなみに、在職12年だった場合は、概算で年額約160万円かと思います(現状の報酬レベル前提)。国会議員の議員年金廃止自体は時代の流れかとも思いますが、議員のみを仕事としている場合、当然将来の金銭的バックアップが必要になり、新たな収入を得ることや蓄財に励むことを考える国会議員が出てくるのではないでしょうか。国家のためにしっかりと仕事をした方には、それなりの報酬(保障)があってもしかるべきかと思いますが‥いかがでしょうか??
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-20 23:37

観光コンベンションビューロー

昨日、今日と観光関係の方と話す機会がありました。その中で注目したのが「観光コンベンションビューロー」。コンベンション=会議、ビューロー=事務局、案内所の意味で、わかりやすく言えば、博覧会や展示会、(国際)会議、イベントなどを、戦略的、体系的な機能(受け皿としての事務局など)を構築して誘致し、地域の産業、観光資産、飲食などとリンクさせて提供することにより、観光(産業)振興を図ることです。
政令指定都市になった西部・浜松市、中部・静岡市は、この戦略に既に取組んでおり、東部地域にはこの機能・考え方が出来ていません。
一方で、ファルマバレー構想&がんセンターや国立遺伝学研究所、その他企業群が東部地区にはあり、海外からの来訪者が必ず見たがる富士山も有しています。
フードバレーの富士宮市、企業群が多い富士市なども含め、富士山周辺の自治体で連携してトライしてみる価値はありそうです。問題はどこがイニシアチブ(主導権)を取って推進していくか、です。沼津市ががんばるべきだと思いますが‥技能五輪のような「きっかけ」もありますし‥!
[PR]

by katomotoaki | 2005-10-18 22:27 | 建設・まちづくり・防災