沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


POSシステムのワナ

雑誌に「明日の客がつかめないPOSシステムのワナ」なんてショート記事が載っていました。POS=販売時点情報管理であり、コンビニなど小売・流通業はみんなこのシステムを取り入れており、データ化して売れ筋商品を絞り込み、販売の効率化を図っています。ところが、問題は、これはあくまで「今」の客。将来の客、本当に欲しいターゲットの客のニーズというわけではないのが「ワナ」。最近のホームセンターでは、50歳代以上の顧客が60%以上を占めるそうだが、企業、商品によっては20~40代の若いファミリー層に照準を絞りたいケースも多い。ここから先は、それぞれの企業のマーケティング力になるわけだが、「今」だけを見ていると、「将来」が見えない、わからない典型事例かもしれません。当市も都市計画である駅周辺整備&鉄道高架事業が問題になっていますが、沼津の将来を見据え、若い世代のニーズを捉えた見方を冷静にする一面も必要だと思います。若い連中からは、リスクを心配する声ももちろん聞こえますが、「こんな萎んでいく沼津は嫌、寂しい!」との声も多く聞かれます。だからこそ、現状を認識した客観的な判断をすることが一番大事だと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2006-01-31 22:22 | プライベート

テニス日和

今日は友人たちと久々のテニスをやりました。天気快晴、風もなくベストコンディション!しかし自分は‥先々週、テニスをやるのに気合を入れられる出来事がありましたが、どうも気持ちだけで形にならない‥やっぱりテニスは、まずはサーブだとつくづく思うのだけど、いつになってもサーブがうまくなりません!一方で、隣りのコートの父母&子供組は、英才教育のようにがんばっていて、小学生高学年であろうお嬢さんは、僕よりもずっと上手にサーブ&ボレーをこなしていました。なんでも早いうちからやるものだなあ、と思いましたが、反面、僕らのコーチ(師匠)は60歳を過ぎてからテニスを始め、僕らよりはるかに上手い!うーん、やっぱり才能かなあ‥なーんて邪念を巡らせないで、次回は集中力と気合で勝負しようー!
[PR]

by katomotoaki | 2006-01-29 20:39 | プライベート

愛媛県松山市の鉄道高架

松山市ではLRTに加え、鉄道高架事業の状況についてもヒアリングしてきました。計画概要は、松山駅を中心に2.4KMを高架化し、8箇所の踏み切りを除去、東西分断されている市街地の交通の円滑化、防災上問題のある狭い路地をなくす区画整理事業を行うものです。平成元年より検討を開始し、平成19年より着手、愛媛国体の行われる平成29年の完成を目指しています。事業費は、区画整理事業が300億円、鉄道高架は沼津に比べ対象区間が短いため半分以下の360億円。車両、貨物基地をなんと隣りの伊予市に移すそうですが、反対運動は特にないそうです。市民アンケートでは、住民の98%が鉄道高架賛成、議会も48名中共産党含み47名賛成とのこと。なお、松山市の人口は51万人ですが、財政力指数では0.715で、財政力があるというわけではありません。(財政力指数は1を下回れば必要な財源=税収などをその都市で確保できていないことになります。沼津市は1.0です。)
沼津に比べて随分順調に進行していますが、計画当初より市当局などが精力的に住民説明会を行い、理解を得てきたそうです。やはり、基本は市民合意への真摯な努力でしょうか。当市でも斉藤市長以下当局の更なる努力を期待しますが、自分も来月事業内容についての説明会をやる予定です!
[PR]

by katomotoaki | 2006-01-26 22:17 | 建設・まちづくり・防災

広島市のLRT

LRT導入が最も進んでいる広島市道路交通局の担当課長さん他に話を伺ってきました。さすが政令指定都市の広島市は、国の推進の動きや交通バリアフリー法の制定にあわせ、将来の公共交通ビジョンを策定していました。その中で最もすごいのが、幹線道路の渋滞を緩和させ、広島市北部に新たな10万人都市を形成させるために、国道上にモノレールのような軌道を作り車両を走らせる「アストラムライン」を作ってしまったこと。昭和63年に都市計画決定し、平成6年に完成、総事業費1700億円。新たに宅地開発されたその地域の名称は「西風新都」。沼津市も愛鷹山麓にこのような交通&新都整備が出来れば発展するだろうに‥ちょっと無理か??
さて、本論のLRTも積極的な導入が図られていました。従来型のチンチン電車もまだ走っていますが、バリアフリー法にあわせ平成11年より導入、現在ドイツ製の15両が走り、また昨年、従来の3倍の乗員を運べる5連車の国産初のLRTも導入したそうです。但し、専用設計に近いので1台3億2千万!(もちろん国の補助あり)。国産新型には乗れませんでしたが、ドイツ製の車両は体感し、電停と全く段差のない車両フロアは、すんなりお年寄りや車椅子でも乗降でき、大きな効果を生んでいました(旧車は階段式)。また、このLRT導入に併せ、電停の高さを低下させたり、幅を広げ電車接近表示を導入するなど、ハード面のバリアフリー化も行われています。沼津市でも、駅周辺整備事業に併せ、将来の社会動態やライフスタイルの変化を見据え、このような新交通システムを検討していけたらと思います。
なお、余談ですが、広島市民はホリエモン逮捕については、意外と冷静で反応薄でした‥。
d0050503_1844725.jpg
d0050503_18441988.jpg
d0050503_18442878.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-01-25 18:45 | 建設・まちづくり・防災

ホリエモン逮捕

とうとうライブドア堀江社長が証券取引法違反容疑で逮捕。IT寵児といわれ世間が大きな期待を寄せ、日本経済復活の新たな旗印となっていただけに残念です。彼にみんなが期待していたのは既成概念や古い慣習に捕われない若きチャレンジャ-の姿が閉塞感の強かった日本に光明を与えたからでしょう。特に若い世代に起業家精神を広げた点は今後の日本経済の構造転換や就業意識の変化に向け重要な役割を果たしたと思います。でも、一方で順法精神の大切さと地道に働くことの貴重さを投げ掛ける結果となりました。自分は現在視察中で、彼が昨年立候補した広島に移動中ですが、市民のみなさんの反応も聞いてみようかと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2006-01-24 10:55

今日から視察です

今日より会派の視察に行ってきます。今日は愛媛県松山市に行き、松山駅周辺整備事業とLRTについて、以降は広島市のLRTの導入について、姫路市の駅付近連続立体交差事業について、をテーマに行政当局や交通当局の説明などをヒアリングしてきます。沼津のまちづくりに有効なネタをしっかりとつかんでこようと思います!
[PR]

by katomotoaki | 2006-01-23 07:48

伝統行事

先週から今週にかけて、どんど焼きが狩野川の河川敷などで行われました。今朝は近くの町内のどんど焼きに参加してきましたが、みなさんと話しをすると、少子高齢化で人も減り、準備に手間が掛かり、なかなか大変なため、もう少し近隣の自治会で集まって実施した方が効率的ではないか、との声があり、また、全部の自治会で行っているわけでもないことから、小学校単位でやった方が良いなどの意見もありました。いずれにしても、地域の連携が大事な昨今、このような伝統的な行事は、子ども達の教育面からも是非続けていきたいと思います。なお、「どんど焼きの名の由来などについては以下ご参照下さい。
【どんど焼の名】
爆竹(ばくちく)は「とんど」と言われていましたが、この爆竹(とんど)焼がどんど焼となったという説があります。火は穢れを浄め、新しい命を生み出します。竹の爆ぜる音は災いを退け、高く 上る煙に乗って正月の神様が帰ります。左義長は祓い清めという役割と、正月に 浮かれた人々を現実世界に戻す、二つの役割を担った行事とおもわれます。
d0050503_2361584.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-01-15 23:06 | 建設・まちづくり・防災

授業参観

今日は、あるテーマを確認するために某小学校に授業参観に行きました。1年生から6年生までをじっくりと見させてもらいましたが、授業のクオリティは別として、昔に比べ、かなり授業の内容や進め方が変っていて、少人数化も含めて、生徒にとっては恵まれている環境だなあ、との印象を受けました。特に、教科別の少人数制指導や、複数の先生で1学級を教えるチームティーチングなどは効果的。しかし、最終的には教師の力量によって生徒の学習意欲や姿勢がかなり差があるのも感じられ、この点が課題かと思います。やはり、特に小学校レベルでは、教員の採用や任命にあたっては、パーソナリティ(人間性)重視とすべきでしょうね。
d0050503_2371238.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-01-13 23:08 | 福祉・教育・環境

視察内容検討中

再来週に会派の行政視察に行くので、その行程や内容について事務局と打ち合わせをしました。今回は、鉄道高架化を含む駅周辺整備を先行的に進めている都市と、LRT(Light Rail Transit)を中心市街地の新交通システムとして推進しているところを研究してこようと思っています。限られた予算で最大の効果を出せるように検討中です!(LRTについては以下ご参照)
-------------------------------------------------------------------
d0050503_23274746.jpg

LRTは、Light Rail Transitの略で、新しい路面電車のこと。昔ながらの路面電車のイメージを一新した、新しい交通機関として注目されている。騒音が少なく、静かで速い、低床式で乗り降りがしやすいといった特徴があり、環境問題や交通渋滞・駐車場不足に悩む都市の交通政策の新しい試みとして、ヨーロッパなどで積極的に導入されてきている。
[PR]

by katomotoaki | 2006-01-12 23:29

清水町のゴミ、し尿処理受託廃止による負担金問題

清水町のゴミ、し尿処理受託廃止により、清水町側が沼津市に求めているゴミ清掃プラント改良工事および衛生プラント建設費の清水町負担金、5億9千万円と9億3千万円の返還について、今日双方助役および担当部署での協議が行われました。結果は、施設の長期使用を前提に負担したことから返還を求める清水町側と、負担金は建設に係るものであり返還は困難とする沼津市側とで従来どうりの平行線となり、次回、トップ会談を行うことを検討するそうです。
この清水町問題は、市民の方も心配している声を多く頂き、その大半は、隣りどうしの自治体であり関係も深いことから、円満な解決と友好関係の再構築を願うものです。なんとか市長には将来を見据えた政治的解決の方策を見出して欲しいと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2006-01-11 21:45 | 政治・総務・経済