沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧


西浦らららサンビーチの指定管理者

総務経済委員会があり、指定管理者の指定4件他の付託案件を審議しましたが、西浦のらららサンビーチの指定管理者の指定について審議の際、指定管理者は「地元自治会」となるのですが、任意団体の自治会であることもあり、「赤字になった場合はどのように対処するのか?利用料金を任意に変更して採算を合せることなども出来るのか?」などという趣旨の質問に対し、当局があいまいな答弁をしたことから紛糾、休憩となり、1時間程度当局が答弁調整に時間を費やしてようやく再開となりました。結論から言えば、指定管理者は経営責任を独自に持つようになることから、もし赤字の際にも自らの責任で対処、逆に黒字の場合は内部留保できることになっており、従来の市の直営方式のように、市に使用料が入る、または補填することはありません。利用料金については、変更の際には市長の許可が必要であり、無秩序な改訂は出来ないことになっています。地元自治会は、従来より駐車場など管理委託されてきた実績はあるものの、ビジネスとしての捉え方はなかったであろうことから、その責任の所在や経営的な方法についての基本認識を問われたのだと思います。他の多くの公共施設などでも、民活の一環であるこの制度導入が一斉に図られますが、その経営内容は当面注視すべきでしょう。
[PR]

by katomotoaki | 2006-02-28 19:48

不法投棄は止めましょう!

市民の方から連絡があり、足高地区某所で冷蔵庫が不法投棄されているとのこと。この場所は以前にも不法投棄物が溜まってしまっていて処置をしたところですが、後を絶たない状況に苛立ちを感じます。どうしてモラルのない人間が多いのか‥自然環境や景観も良いところで、突然ゴミが捨てられている場面に遭遇したら思いっきり興ざめだと思います。当局も不法投棄防止に向けた巡回パトロールを行っていますが、イタチゴッコのようです。今回の冷蔵庫はテーピングされていて、なにやら不気味。犯罪などに関係ないことを願いますが、これでは近隣住民の方は安心して眠れません!
d0050503_22343510.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-02-27 22:34 | 建設・まちづくり・防災

横田めぐみさんのご両親を励ます会

昨日、裾野市民文化センターで横田めぐみさんのご両親をお招きして「励ます会」を行いました。会場一杯の1200人が集まり、ご両親の話に聞き入りました。特に、お母さんのめぐみさんに対する愛情と無念さ、救出に向けての執念が強く伝わるお話には会場全体で共感し、涙を流す人が多かったです。これだけ北朝鮮の国家犯罪が明確な状況で何もできない日本政府。めぐみさんのお母さんは話の中で、政治の怠慢を指摘されていました。「民主党の永田議員のあんなメール問題で貴重な時間を消費するなら、なぜこの拉致問題を真剣に議論して問題解決に向けて前進しようとしないのか、納得いきません‥」。夜警国家といわれた頃から、防衛と治安維持は国家(国政)の最低の責務なはずですが、生の声を聞いて、日本の国のあり方を深く考えさせられました。一説には、経済制裁が進まないのは、関係国に気を使っているからとも聞きます。例えば、日本が制裁を発動すれば、北は混乱して韓国と戦争状態になるとか、中国は混乱により難民が大挙して押し寄せるので困るだろうとか‥開会の時には自民党の国会議員が2名来て挨拶していましたが、具体的にあなた達はこれから何を行動してくれるの??と問い詰めたくなる心境でした。政治は結果だ!と思います。1日も早い拉致被害者の救出に向けて、微力ながらお手伝いできたら、と思った1日でした。
d0050503_21294364.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-02-26 21:30 | 政治・総務・経済

おめでとう!金メダル!

荒川静香選手が女子フィギュアで金メダルを獲得!今朝は期待して朝5時半からテレビ見てました。このところの日本は、昨年末の姉歯問題からライブドア事件、株価下落、民主党永田議員の国会泥仕合など、意気消沈する話題が多く、トリノ五輪でもここまで良い結果がなくてメダルゼロ!全国民が今年の希望を無くしかけていたときの偉業達成は素晴らしい!感動しましたね、皆さん!しかし、本番の演技を見ていて、彼女のしなやかで美しい演技力は「金」かなと直感させるものがありました。滑る姿や表情が堂々としいていて、自分に強い自信があるのだと思いました。一方で、スルツカヤ選手などの強豪はミスを犯してしまい点数伸びず。まあ、あれだけの大舞台で平静を保って力を出し切るのは並大抵のことではないと思いますが、鍵となるのはいかに人一倍努力をし、大きな舞台で挑戦をしてきたか、ということではないでしょうか。人より努力して前に出て、大きく挑戦する意志を持つことが人生でも大事ですね。おめでとう、静香ちゃん!!国民的ヒロインの誕生だ!すぐ沼津に招致しよー!!
[PR]

by katomotoaki | 2006-02-24 07:28

総括質疑&一般質問終了!

本日、自分の本会議質問終了しました。テーマが多かった気がしますが、大きな収穫もあり!結果は、当局の答弁内容を再確認して、追ってレポートしようかと思います。
ところで、今日の話題トップは民主党永田議員の責任問題。堀江氏から武部幹事長二男への3000万円提供疑惑について、確証を示せないため議員辞職を考えているとのこと。なんとも国会議員としてお粗末な事件の幕引きになりそうです。この種の問題は、よほどの確証がなければ名誉毀損にもなるし、慎重にも慎重を重ねてやるべきだと思います。特に、Eメール時代になり、タレこみも多くなっていると思いますが、たいがいは匿名であり、中にはガセネタも多く、策略の場合もあると思います。自分も、他人事ではないケースでもあり、今後も注意していこうと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2006-02-23 23:45

広報ぬまづの英訳

明日は本会議がありますが、現在、広報ぬまづの英訳ボランティアをやっている途中です。これは沼津市の外国人向けにボランティアで手分けしてやっているもので、いつもリードタイムがない時は苦労します。沼津では英語を使うことはほとんどありませんが、少しでも忘れないように、とやっています。やってみると結構大変、あと何時間かかるかなあ‥
[PR]

by katomotoaki | 2006-02-22 23:58 | ボランティア

今回の質問内容はこれです!

今定例議会の本会議一般質問は23日、24日に行われます。自分は今回2番目なので、23日の午前中に質問予定です。市長の施政方針が示されているので、重要施策についての幅広い内容としました!
--------------------------------------------------------------
1、学校、保育所の耐震化について
・耐震性能が劣る建築物についての具体的な対策について
2、子育て支援について
・第3次沼津市総合計画前期推進計画の総括と後期推進計画の考え方、課題について
・保育所の保育料および幼稚園就園奨励費補助の今後の方針について
3、言語教育特区について
・総合的な学習の考察と今後のあり方について
・言語科導入に向けた体制づくりについて
4、介護保険法改正による予防重視型への転換について
・介護予防サービスとしての地域支援事業のあり方について
・地域包括支援センターのあり方と具体的な対応について
・認知症の早期発見、予防事業について
5、セントラルパーク構想の後期推進計画における考え方と事業内容について
6、県東部地域における政令指定都市構想に向けての今後の取り組みと課題について
[PR]

by katomotoaki | 2006-02-21 23:08

横田めぐみさん「家族の絆」写真展

静岡県東部の「心をつなぐ街づくりネットワーク」主催による横田めぐみさんの写真展が今日から「すその市民ガーデン」でスタートしました。拉致されるまでの13年間、ご両親が撮影された20枚ほどの写真を展示。自分は一応沼津の事務局になっているので朝から駆けつけ、セレモニーの司会をしてきました。
静岡県内だけでも北朝鮮に拉致された疑いのある特定失踪者は11名にも上ります。沼津市にも1名。横田めぐみさんは、一番成長が楽しみな中学生の時に拉致されたわけですが、写真をみるとご両親の無念さがよくわかります。こんな、北朝鮮の国家的な卑劣な犯罪をなぜ看過していなければならないのでしょうか?今週の土曜日25日には、ご両親の横田滋さん、早紀江さんがお出でになり、裾野市民文化センターで「横田めぐみさんのご両親を励ます会」を行います。14時開演、入場料500円です。興味のある方は是非ご参加を!(まだチケットあります)
d0050503_20452151.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-02-20 20:48 | ボランティア

勝負弱さ??

トリノ五輪の競技が毎日放映され、最近寝不足の方も多いのではないでしょうか?日本選手団は、現在までのところメダル獲得がゼロという、過去にない不振を極めています。競技を見ていると、決勝など、メダル獲得まであと一歩のところまで進出しているにも関らず、最後にミスや詰めの甘さが出てしまい、チャンスを逃してしまっています。なんだか、日本病のようにこの傾向が全体に蔓延しちゃってます。テニスで言えば、マッチポイントまで来て、最後にサーブをダブルフォルトして自滅してしまうようなものでしょうか‥。この勝負弱さは何故??勝負は勝たなければ意味がない!更に、勝負に負けて、とっても悔しいはずの選手たちは、試合終了後、妙にすがすがしい様子なのも今までと違います。4年間、この時のために他をすべて犠牲にして臨んでいるのでしょうから、以前なら悔し涙が普通だったと思いますが‥。これも、今の若い世代のサッパリした気質なのでしょうか??時代は変りましたねえ‥と感じる今回のオリンピックです。
[PR]

by katomotoaki | 2006-02-17 08:42 | プライベート

駅周辺整備事業の説明会

今日は異業種交流のサークルに呼ばれ、駅周辺整備事業についての説明会を行ってきました。パソコンでビジュアル的にわかりやすいように説明。参加者の皆さんは男性40代~50代でしたが、感想として「6つもある事業全体の計画内容は知らなかった」、「どんな効果、成果があるのか理解できた」、「財政面の不安も解消した」などのポジティブな声があった反面、「(鉄道高架化の)15年の事業期間をもっと縮められないか」という声もありました。この点は当局も認識していることなので、今後のJRとの交渉などを含め更なる検討を要望したいと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2006-02-15 22:53 | 建設・まちづくり・防災