沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


名犬「チロリ」お別れ会

今日は先月亡くなったセラピードッグ・チロリのお別れ会が東京で行われました。300人を越える人が集まり、亡きチロリを偲び、冥福を祈りました。人間にひどい目に逢わされた捨て犬が、多くのお年寄りに生きる希望を与えてくれた功績は、数え切れないほど多くの各界からの感謝状やメッセージに表れていました。1日も早く、人間のわがままで捨てられ、殺される犬がいない社会を目指したいと思います。
d0050503_23383697.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-04-30 23:38

Love&Peaceまちづくり勉強会

昨日、沼津の20代、30代の若者を中心に組織されたLove&Peaceの第一回勉強会が開催されました。講演の主役は日本政策投資銀行の藻谷氏。彼の前座に自分が駅周辺整備事業についての説明を行った後に講演スタート。テーマは、中心市街地のまちづくりで成功している事例&失敗している事例。いろいろなケースがありましたが、キーポイントとして指摘されたのが、10年、20年後に成果が表れてくるまちづくりに対し、時代感覚を持ち、将来的に責任の持てる20代~40代の若手が情熱も持ってやっているところは成功、かたや、いつまでも古い価値観をひきづる前世代的なご年輩層が牛耳ってやっているところは失敗のケースが多いということ。Love&Peaceの沼津の若手の面々も鼓舞させられたのではないでしょうか。その他、いつものことながら、多くの楽しいまちづくりの情報を提供して頂き、参考になるネタ満載でしたが、やはりいろいろな現場をもっと積極的に見てみる必要があると感じました。全国まちづくり行脚の旅に出たくなったぞ!
d0050503_223144.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-04-29 22:03 | 建設・まちづくり・防災

小泉首相の評価

昨日でで丸5年を迎えた小泉純一郎首相について、メディアが様々な論評を載せていますが、総じて評価している姿勢が見受けられます。その中で毎日新聞が3つの特徴をあげています。ひとつは、躊躇(ちゅうちょ)なく抵抗勢力を切り捨てる「非情さ」。ふたつめは衆院解散など勝負をかけては成功する「強運」。そして、3つめは批判に動ぜず民間出身の竹中平蔵総務相(現参院議員)を登用し続ける「独特の人事」。これらを駆使して、時に北朝鮮訪問など「サプライズ」を絡ませながら長期政権を維持してきたとしています。彼のテーマは政治「改革」だったと思いますが、世の中を変えたり、旧態依然とした体制を脱却させたりするには3つとも必須なことだと思います。中途半端な姿勢や舵取りではなんら従来のしがらみを切れず、変革は不可能。ポイントは、その場面ごとには様々な批判もありましたが、きちんと結果を出して、国民が支持しているということでしょう。まさに、これからリーダーとして社会や企業、組織を牽引していく人には小泉ケースは大変参考になるのではないでしょうか。
[PR]

by katomotoaki | 2006-04-27 20:12

やっと出来ました企業誘致制度

総務経済委員会が開かれ、当局から「沼津市企業立地促進事業費補助金交付要綱の制定について」の報告がありました。簡単に言えば、企業誘致制度であり、「製造業」は要件として用地取得1000㎡以上、3年以内操業、新規雇用10人以上、「研究所、ソフトウェア業」では研究施設の床面積200㎡以上、研究員5人以上。補助の内容は、用地取得費20%以内、新規雇用従業員は1人につき50万円で、限度額は2億円。市、県にて1/2ずつの負担となります。このような制度は、県内43市町中16で既に実施され、さらに独自のインセンティブを与えているところもある中での実施のため、その成果に注目したいと思いますが、課題は有効な土地の提供があるかどうかとのことだそうです。衰退の一途の経済界に新風を吹き込めるよう柔軟な対応を望みます。
[PR]

by katomotoaki | 2006-04-25 21:27 | 政治・総務・経済

今日もダブルヘッダー!

今日は駅周辺総合整備事業について説明の依頼があり、夕方から連チャンでがんばってきました。しかしながら、今日は許された持ち時間は、ひとつが30分で、もうひとつが20分!60分が標準なので、「もー早口で2倍速、3倍速でやりますからお許しを…」と断ってスタート。うーん、でもやっぱり端折るところもあり、言いたいことを伝えられないもどかしさを感じてしまいました。次回説明会は60分コースの予定なので、じっくりとお話させて頂きます!
[PR]

by katomotoaki | 2006-04-25 00:19 | 建設・まちづくり・防災

おじさん達はパワフルです!

東京&岡崎からおいでになった三菱の大先輩諸氏(総勢12名)のアテンドは、昼食「双葉すし」→「香抜山」登頂→柿田川湧き水公園→伊豆長岡温泉「光林」→沼津グランドホテル→「一輪」宴会→カラオケスナック→3次会スナック→ラーメンと、かなり盛りだくさんのメニューをこなしました。みなさん、元気、元気で笑いも絶えず、自分も楽しい時間を過ごさせて頂き、沼津にもたっぷりお金を落としてもらいました!その中で認識したのは、やはり富士山のパワーはもの凄いものだな、ということ。昨日は好天で富士も美しくみれましたが、異口同音に「富士が綺麗だ!」を連発。特に、香貫山からの沼津市&富士山が一望できる絶景には感激!沼津にとって富士山は大きな資産であるのです。
夜はいつものパターンで、さんざん飲まれましたが、びっくりしたのは、今朝港湾まで歩いて行き、「丸天」で「天丼」だあ、「かき揚げ丼」を食べてきたっていうこと!そのボリュームの多さには、さすがにびっくりされたようですが…帰り際にはもちろん工場直販「あじの干物」をおみやげに用意。「いやー、沼津はいいところだなあ!」という感想を頂くことができ、プロジェクト大成功!沼津ファンとして是非リピーターになってもらいたいと思います。待ってますよー!
d0050503_1803886.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2006-04-23 18:05 | プライベート

明日はアテンド!

明日は、三菱時代にお世話になった取締役の方が退職となるため、その送別会を本社・東京と開発本部・岡崎の間にある沼津でやろうということになり、双方から13名ほどのみなさんがやってきます。メンバーは自分よりも年上で、既に部長級以上ですが、大変お世話になった方ばかりなので、久々の再会が楽しみであり、また沼津を選んで頂いたことから、なんとしても満足して帰ってもらえるようにと思案しています。昼食は港湾でお寿司、その後「びゅうお」や「柿田川」などを経由して伊豆長岡温泉の日帰り湯、沼津に戻って宴会というプランを立てていますが、一番困ったのが「2次会」の「14人入れてカラオケが歌える上品なスナック」というリクエスト。うーん、そうゆうところは日頃行かないし…まわりに聞いてもバシッとはまる店はみなさん知らないようで…取りあえず1店キープしましたが、自分が知らない店なので、「おもてなし」が大丈夫か一抹の不安が…。とにかく「沼津にまた来たいなあ!」と言われるように、精一杯アテンド(案内)させてもらいます!
[PR]

by katomotoaki | 2006-04-21 23:46 | プライベート

駅周辺整備事業(鉄道高架)への再質問

「駅周辺総合整備事業に対するよくある質問」を掲載のところ、皆様から更なるご質問を頂きました。皆様の関心のあるところだと思いますので、お答えするとともに広くご理解頂きたいと思います!

●駅周辺整備事業にばかりお金を使っているのでは?
→ H18年度予算で見てみるとトップ3は
①福祉関係などの民生費:158億円
②土木費:139億円(内、駅周辺事業24億円)
③教育費:80億円
となっています。駅周辺整備事業は土木費の中の24億円分です。
これを分かりやすく市民ひとりあたりに換算すると
①民生費:7万5千円
②土木費:6万6千円(内、駅周辺事業1万1千円)
③教育費:3万8千円
なお、教育費を小中学校の生徒ひとり当たりとしてみると46万7千円となります。
また、今後10年間での1年当たりの事業費平均は約26億円であり上記同様の傾向と思われます。

●「事業採択」、「事業認可」とは何か?
→・「事業採択」:国が事業内容、事業費を審査して有効性を認めること
 ・「事業認可」:事業開始にあたり国が国庫補助金をつけて認可すること

●各事業の進捗状況は?
→・新車両基地・新貨物基地、駅南・駅北区画整理事業、駅南再開発ビル、
関連道路整備などの事業はすべて「事業認可」済みで、工事着工中。
・鉄道高架本体の工事について今年夏頃「事業認可」の見込み。

●鉄道高架事業と他の事業との関連は?
→区画整理や再開発、道路整備事業などの他事業は、車両、貨物基地
移転および鉄道高架化により生まれる新たな土地を活用して事業展開
する前提であり、鉄道高架事業を中止した場合は成立しません。

●鉄道高架事業の実施状況は?
→・全国で完成は123箇所で国内主要都市ではほぼ実施済み。
・施工中は53箇所(JR姫路駅、JR奈良駅、JR高知駅、JR春日井駅など)
・着工準備は沼津市など17箇所(名鉄岐阜駅、JR堺駅、JR長崎駅など)
・調査済みおよび調査中は27箇所
沼津市が万一ドロップとなった場合は他都市の高架化に補助金が廻ることになります。

●狭い南口駅前はいつ改善するのか?
→・南口再開発ビル工事(H20年3月完成)に伴い、現在の駅前広場5600㎡から、
再開発ビル側へ2000㎡拡張され、自動車停車帯、歩道などが使いやすくなります。
(鉄道高架後は駅舎が80mから49mに縮まるので更に2000㎡拡がります)
・なお、駅南口から仲店入り口を通過し、あまねガードに至る車道は20mから27mに拡幅され、それぞれ専用右折レーンが追加され渋滞解消につながります。
また、歩道幅も3mから4.5mに拡幅されます。
[PR]

by katomotoaki | 2006-04-20 22:26 | 建設・まちづくり・防災

今日はダブルヘッダー

今日は17時過ぎより、駅周辺整備事業のプレゼン(説明会)を行い、19時より某小学校のPTA会合で地震に対するプレゼンを行います。準備のため、昨年2月に起きたスマトラ沖地震の際の津波被害をまとめたNHKテレビ特集のダイジェスト版を見返してみましたが、その驚異を再認識しました。今晩お話する地域は、この津波被害が想定される地域なので、きちんとした事前対策と子供たちを含めた避難対策の徹底をお願いしてこようと思います。特に、スマトラ島で撮影され、多くの瓦礫と人が津波で流されていた地区では、津波の水深はわずか50cm!それでもものすごいパワーでまちを呑み込んでいました。東海大地震が起きたら、津波の沼津市への到達は5分から10分。この間に、鉄筋コンクリート造りなどの建物の2階以上に避難することが生死を分けます。
[PR]

by katomotoaki | 2006-04-20 08:44 | 建設・まちづくり・防災

国際交流

今晩は国際交流協会の国際理解教育部会の全体会がありました。この部会では、市内の外国人向けに「日本語を語る会」や、英語&日本語スピーチコンテストなどを行っていますが、今晩のみなさんの話の中で、最近小学校にブラジルなどの子供が増えてきており、日本語がわからないことから授業についていけてないようで、何らかの対応が必要との話がありました。別のところでもこの話は聞いたことがあり、結果、その子供たちは授業がわからず、ストレスがたまり、日本の子供いじめに発展しているケースもあるそうです。学校や先生側も、外国人の子供に付きっきりで対応することは不可能です。ボランティアを募集してサポートさせるなどの対応もあり得るようですが…検討してみます!
[PR]

by katomotoaki | 2006-04-18 22:55 | 福祉・教育・環境