沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ママさん勉強会

沼津市が来年度から事業者選定を開始しようとしている公立保育所の民営化に対して、民営化に懸念を感じているお母さんたちが熱心に研究、活動して、保育のあるべき姿を模索しています。今日の会合は21時から。お仕事&家庭の両立だけでも大変なのに、それが一段落した遅い時間からのミーティングで、その熱意には脱帽です。沼津市はそもそも行政改革の一環で耐震化に向けた園舎改築に併せ民営化を決定。その効果は臨時職員の削減分の年間5000万円。しかし、保護者としては、新たな民間事業者の能力や保育の質が何よりも肝心。せっかくだから日本一の保育園を創るくらいのビジョンを行政も示してもらいたいものです!
[PR]

by katomotoaki | 2008-01-30 22:55 | 福祉・教育・環境

コンベンション施設

先日の視察では他都市のコンベンションホールにも注目。現在、沼津駅北口の東部拠点開発事業の中で、県が東部地区として国際会議などが可能なコンベンション施設の設置を検討中。一番参考になったのが、敷地面積がほぼ同等の鳥取県米子コンベンションホール。大ホールでは2000人の会議が可能な上、特徴的なのがシートがすべて床下に電動収納可能となっており、床一面として展示・イベントスペースとしての利用が出来ること。11tトラックまで入れます。これにより、よく公共施設で課題となる稼働率は、この大ホールで60%以上を確保。これはすごい数字です。具体的な計画は策定中ですが、ファルマバレー構想などによる国際会議などのニーズが高まるこの地域に、核施設としての期待が高まります!
d0050503_234473.jpg
d0050503_2341360.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-01-28 23:04 | 建設・まちづくり・防災

橋下府知事誕生!

弁護士でタレントの38歳橋下徹氏が見事大差で当選を果たしました。政治的な事前活動は全く無く、ほぼ選挙戦を中心に3週間程度の努力で府知事になってしまいました。これは、まさに年収3億円弁護士がその資金力と、テレビによるタレント活動での高い知名度があったからこそと言えます。いずれにしても、これからの課題は財政再建団体目前と本人も言っていた大阪府の建て直し。弁護士としてのキャリヤは全く関係なく、地方自治や政治に対して素人である橋下氏の手腕が試されることになるでしょう。そもそも、なんで突然政治の世界を目指したのか、その志は理解に苦しみますが、同じ大学、同じ学部(彼は経済学部!)の後輩として、東国原知事に負けないように、精一杯がんばってもらいたいと思います!
[PR]

by katomotoaki | 2008-01-28 08:01

電子町内会

今週は会派での行政視察に行ってきましたが、最初に訪れたのが岡山県岡山市。調査内容は、地域コミュニティの新しい形として行われている「電子町内会」について。市民の市政参画と地域の活性化、地域と行政の間の情報化を目指してH14年モデル地区からスタート。現在では単位町内会1589のうち、578町内会が参加し、PRや情報提供のための「町内会WEB-SITE」や町内会内の情報交換や交流のための「会員専用サイト」が運営されています。特に、会員専用サイトでは、住民からの提案や要望が会長他役員に迅速に伝わり、意見交換や改善提案などが行われ、市役所とも直結していることから、総合的な住民サービスの向上につながっている様子が紹介されました。町内会というとご年輩の方が中心というイメージがありますが、ITを活用して頂くために、岡山市では、町内会ごとのIT講習会を開催するなどして拡大を推進してきています。ITに対する個人のレベル差は当然あるものの、人口減少で自治会役員などの人員確保が難しい昨今、沼津市においても有効なツールだと思います。これが進展していったら、どぶ板議員はいらなくなりますね!(=行政改革)とコメントしたら、大笑いして頂けました!?
[PR]

by katomotoaki | 2008-01-25 08:53 | 建設・まちづくり・防災

「せんたく」必要!

マニュフェストで有名な北川早大教授や東国原知事などが国政のあり方の改革を求めて「地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合」(略称・せんたく)を発足させた。このような動きは現在の国政の状況を考えると非常に重要だと思います。先日、ある講演でも国会議員の党利党略が先行する現状は、個々の政治家としての資質をも疑うべきものであるとのお話を拝聴しました。この国の将来ビジョンについては議論せず、薬害肝炎問題、年金問題などの対処療法に終始し、目先のガソリン暫定税率撤廃などを政争の具としているのはいかがなものか。2兆6千億円の減収による社会インフラ整備などへの影響をどのように考えているのか、具体的なフォロー策については何ら提示がありません。国会議員ひとり年間1億円という高額の経費を費やしている価値を再認識してもらいたいものです。このような政治の現状は、地方議会においても同様。なんでも反対で、何ら将来ビジョンを示さず、ニューパブリックマネージメントに則った責任あるカウンタープロポーザルもなしでは、単なるだだっこ政治と揶揄されてしまいます。今回の第三者的政治圧力となる動きは、有権者である国民を覚醒させるためにも大きな役割を提供してくれるものと期待します!
----------------------------------------------
「せんたく」発足 政界再編の呼び水にも
  北川正恭早大大学院教授(前三重県知事)は20日、都内で記者会見し、次期衆院選に向けて真の改革を推進するための国民運動組織「地域・生活者起点で日本を洗濯(選択)する国民連合」(略称・せんたく)を発足させたと発表した。2月上旬から活動を本格化させる。賛同する超党派の「国会議員連合」結成も促しており、次期衆院選後の政界再編の呼び水となる可能性もある。(産経新聞)
[PR]

by katomotoaki | 2008-01-21 07:01

企業誘致~スズキ・エリオ1800

スズキの新工場の誘致に成功した牧之原市の西原市長の講演を沼津市議会政策研究有志議員懇話会で拝聴。表題の「スズキエリオ1800」と聞いて、すぐに車が浮かぶ人はかなりのマニアと言えると思いますが、西原市長が市長に就任して、公約のひとつだった3台あった「黒塗りの車の廃止」の後、購入したのが、当時エンジン工場が牧之原市にあったスズキ自動車の最上級車「エリオ1800」。この車に乗って、スズキのアセンブリー工場の誘致を持ちかけに鈴木会長を訪問したところ、会長が涙を流して感動し、「あんたのところに決めるよ」と言ったというエピソードがあったそうです。まさに、営業の基本。行政のトップとしても、営業マンマインドが無ければ、相手の心を掴むことは出来ないでしょう。もちろん、このことだけでなく、工場誘致に有利な要素も4点備えていました。1点目は、広大な候補用地があったこと。これは、スズキのエンジン工場の敷地内に190haもの遊休地があったのです。2点目は、1500億円をかけて御前崎港の改修を進めて車輸出用に適する港に再整備していたこと。3点目は、スズキの工場から御前崎港にかけて、大型トレーラーなどの輸送が可能な高規格道路を15年の歳月と700億円の費用で5kmに渡り完成させていたこと。そして、4点目が、大量の工業用水が必要だったため、農業用水を官庁との厳しい折衝の末に切り替えて準備したこと。牧之原市の長年に渡るインフラ整備の成果が、企業誘致に向けた大きな財産となっていたのです。スズキのアセンブリー工場進出(2008年秋稼働)により、関連ベンダー企業の工場移転も今後始まるとのこと、ものすごい経済波及効果です。すでに、工場従業員の雇用は市内のみでは賄えず、2/3は市外からの雇用になるそうです。更に、2009年には市内に富士山静岡空港も開港と良いことずくめ。沼津市も、企業誘致の基本となる市内のインフラ整備を促進させることが大きな課題です。
[PR]

by katomotoaki | 2008-01-17 09:28 | 建設・まちづくり・防災

縦割り行政の弊害

昨日は都市計画のある問題を探求しに県庁の関連部署へ行き、ヒアリングをしてきました。市民感覚からすれば、県と市が協力して事業を遂行してもらい、総合的に良い結果を出してもらいたいと思いますが、現状はお互いの責任の範囲で区分して、それぞれが独自のプランで進んでしまっています。まさに、縦割り行政の弊害!特に、沼津市側の柔軟性の無さが問題だと思います。議員の立場から、厳しく対処しなければなりません!?ちなみに、静岡市の市役所前通りのイルミネーションには、たくさんのハートが。そんな事件の後に、なんだか、楽しい気分にさせてくれました。
d0050503_853657.jpg
d0050503_854530.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-01-16 08:06

未来への光??

今日で3連休は終了、3日間とも今イチの天気で残念、おまけに冬本番の寒さがやってきましたね。寒さが今週いっぱい続くそうなのでお風邪をひかないようにご注意を。そんな中、昨日、写真向きの天候でなかったので、一眼レフを置いて千本海岸に行ったら、雲から降りてくる状態での夕日に遭遇、しょうがなく携帯で撮りましたが…いかがでしょうか??
d0050503_22551520.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-01-14 23:00 | プライベート

どんど焼き&成人式

今日は地域のどんど焼きが朝から行われました。自分も昨年の選挙の際のだるまをてっぺんに付けてもらい、焼いてもらいました。その後は第5校区の成人式の会場へ。どちらも日本の大切な地域行事。地域の力が大切な昨今、関係者の皆さまご苦労様でした!
-------------------------------------
どんど焼きとは??
日本各地で行なわれる小正月(1月15日)の火祭りです。どんどさん、どんどん焼、さんくろうなどともいいます。お正月に使った門松やしめ縄、お守り、破魔矢、祈願成就した「だるま」などを持ち寄って焼き、その火にあたったり、餅を焼いて食べて無病息災を願うものです。お正月にお迎えした神様をお送りする日本の伝統的な行事です。
d0050503_1725042.jpg
d0050503_173079.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-01-13 17:04 | 建設・まちづくり・防災

野良猫に対する避妊・去勢手術の助成制度

沼津市では、香貫山や狩野川、港湾区などの公園周辺に野良猫が繁殖してしまい、その対策に苦慮しているとの話を住民サイドからよく頂きます。犬や猫に対しての避妊去勢の助成制度は、県内21市町が導入、5~6千円を上限に助成。飼い犬や飼い猫の避妊・去勢については、飼い主のモラル、責任の問題であるとの従来の沼津市のスタンスはまだ理解できるものの、繁殖力が高く、狂犬病予防法外のため捕獲も行われない野良猫に対し、避妊去勢手術の助成を行うことが出来ないか?との市長への質問を先般の本会議でも行いましたが、当面沼津市としては助成を行う考えはないとの答弁。では、対応策は??現在のところ特にないため、何らかのアクションが必要です。なお、猫の死骸については、市のクリーンセンターで回収してくれます(職員の特別手当300円/1件)。
[PR]

by katomotoaki | 2008-01-11 08:35 | 福祉・教育・環境