沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧


こいのぼりフェスティバル

ゴールデンウィークの中心市街地の風物詩と言える鯉のぼり達が今年も27日から青空を泳ぎ始めました!この鯉のぼりフェスティバルは、昭和60年の国際青年年に、市内青年有志の手により、手づくりのイベントとして始まり、今回で24回目。 市民から寄付を受けたこいのぼりだけでなく、市内の幼稚園・保育園児が作成した手づくりこいのぼりも掲揚。 また、5月3日~5月5日には、青年たちが企画した様々なイベントが開催されます。是非、狩野川を散策しながら勇壮な鯉のぼりたちをご覧下さい!
d0050503_22404256.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-04-28 22:41 | 建設・まちづくり・防災

朝5時の魚市場

今朝、中国大連から沼津を訪れた知人お二人を、ご希望により沼津港の魚市場にご案内しました。東急ホテルに5時にお迎え。新市場は綺麗でしたが、競りをやっている雰囲気ではなく、以前からの屋外市場の方に荷も人も多く活気があったのは意外でした。古い市場には今年マーケットモールが整備。また、沼津港の魅力がアップします。
d0050503_0213584.jpg
d0050503_0215026.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-04-26 00:22 | プライベート

人生の地図

若者世代に人気のベストセラー作家・高橋歩氏の著書「人生の地図」を読んでみました。常に前向きの若き人生冒険家の本音の言葉と著名人の言葉は重みがあり秀逸。写真とのマッチングも最高で、ベストセラー連発となるのもうなずけます。彼に子どもたちの教育を任せたら、きっと素晴らしいことが起きるだろうなあ…!
d0050503_8135120.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-04-24 08:14 | プライベート

沼津市の保育所事情

保育所入所を希望するお母さんなどから沼津市の保育所はいつも一杯で入れない=早く入れないかとの相談を受ける事がありますが、H20年1月1現在での待機児童は11人。市内31カ所の保育所の定員は2630人に対し入所児童数は2639人。但し、地域的な偏差はあり、人口増加地域である金岡、門池、大岡地区は定員780に対し825入所、入所待ち7人。年度当初以降、定員枠の増員が規定により可能なので、一杯一杯の運営を何とかしていますが…。保育所になかなか入れない東京都では設立要件を緩和した認証保育園なるものも登場していますが、沼津市の場合には新設するレベルでもなく、むしろ柔軟な運営方針のもとに対処することの方が得策とのこと。さらに一歩進めて、昔ながらの個人家庭が預かる「保育ママ」(=首都圏はあります)制度などを偏重地域では推進したらいかがでしょうか??
[PR]

by katomotoaki | 2008-04-22 22:12 | 福祉・教育・環境

久々の地震講演

今日は異業種交流会に招かれ、久々の地震講演をしてきました。テーマは「沼津市の地震対策」。2004年10月に起きた新潟県中越地震の災害ボランティアに行き、そのときの様子をパワーポイントにまとめて、以降各所で大規模地震の実情と地震対策について講演をしましたが、喉元過ぎれば…で、最近は講演依頼もなかったのですが…。今回の講演に際し、沼津市の東海地震対策の最新状況をアップデート。新潟県中越地震以降に改訂された防災計画の津波対策も進み、備蓄物資、避難生活用品などもかなり拡充されて平成20年度には完了しそうな状況です。一方で、古い木造住宅の耐震化はまだまだ完全とは言えません。地震対策の基本は「自分の命は自分で守る」。行政や他人を頼るのではなく(実際には頼れない可能性大)、自ら対策、準備をしていた人ほど救命率が上がります。まだの方は是非再考を!
[PR]

by katomotoaki | 2008-04-20 22:00 | 福祉・教育・環境

仮設・簡易トイレの数

東海大地震に備えた備蓄物資の中で、新潟県中越地震での経験からトイレの充足は何よりも大事。これが不足すると、我慢して血流が悪くなり、エコノミー症候群で死亡してしまうケースが発生してしまいます。沼津市では計画数を529基に設定。H19年度末で504基まで整備してH20年度で100%充足させる予定ですが、気になったのがその計画数の根拠。計画数では避難民約73000人に対し、529基、すなわち140人に1個となります。今日、防災地震課で根拠を質したら、「新潟県中越地震の際に、140人に1人のケースが一番苦情もなく効率的だったというデータがあり、それに基づき設定した」とのこと。面白い統計データがあったもんです!
[PR]

by katomotoaki | 2008-04-17 22:34 | 福祉・教育・環境

問題多き後期高齢者医療制度

評判の悪い後期高齢者医療制度の保険料の年金天引きが4月15日の行われたものの、一部対象外の人からも天引きしたことが判明。この原因として、社会保険庁に送付するデータに国民健康保険から他保険に切り替わっていた人の分が入っていたとのこと。沼津市で7人分が判明していますが…つまづいてばっかりの新制度で困ったもんだ!
[PR]

by katomotoaki | 2008-04-16 14:48 | 福祉・教育・環境

世帯数増えて人口減少??

平成19年度版としての「沼津市統計書」が送られてきました。これは、人口や工業、商業、民生などの各種統計データを時系列で取りまとめたもの。その冒頭で目にとまったのが「世帯数」。最近の世帯数は認識していましたが、時系列で見てみると昭和50年の約6万世帯から平成18年度時点まで年々増加し約8万5千世帯に。人口減少に従って減少しているものと思っていたのでやや意外でした。人口は昭和50年20万1千人から平成18年度末で戸田村の合併+4千人を経て21万人。ピークは平成6年の21万3360人でした。となると、世帯数の増加は若い人の単身世帯や若いカップル2人世帯が増加してきたということでしょうか。この仮設が正解ならば人口増の策はあるような気がします!
[PR]

by katomotoaki | 2008-04-15 22:55 | 政治・総務・経済

ゴミ対策のあり方

沼津市のゴミ対策は時代の変化もあり、転換点に来ていると言えます。最近話題になっているのがプラスティック製容器包装の処理の問題。これまで沼津市は容器包装リサイクル法に則り、市民の協力のもと、週1回の収集を行ってきましたが、これを企業などから拠出金を募って運営している(財)日本容器包装リサイクル協会が引き取り。ここは特定事業者からの拠出金が入っているため他の民間業者よりも処分費が安く設定されています。しかし、沼津市の委託分には、昨今入れてはいけないライターや汚れたままの食器トレイなどの混入率が10%を超えたため受け取りを拒否される事態に。こうなると割高な民間業者に処分を頼まなければならないことから、当初予算以上の費用がかかってしまいます(3ヶ月5000万円)。一方、より高温な焼却炉で容器包装プラスティックを燃やしてしまっている自治体もありますが、焼却後の燃えかす=焼却灰はその分発生してしまい、埋め立てとなる最終処分場の寿命を縮めてしまうことに。どこの自治体も最終処分場を新たに確保するのは至難の業のため、リデュース・リユース・リサイクルを基本として何とかゴミ処理の総量を減らしていくしか方法はありません。このことから、富士市では容器包装プラの分別収集を検討中。沼津市も焼却場の耐用年数を数年後には経過してしまうので、総合的なゴミ処理対策の構築が必要です。
[PR]

by katomotoaki | 2008-04-14 21:20 | 福祉・教育・環境

メタボ検査

今年度から医療制度改革のひとつとしてメタボリックシンドロームに着目した新しい「特定健診」が始まります。対象は40歳から74歳で、日本人の死因の3割を占める心疾患と脳血管疾患の生活習慣病は内臓脂肪を減らすことでこれら病気の発症を抑えられることが明らかになったことから行われることになりました。メタボの判定基準は、腹囲男性85cm以上、女性90cm以上と血糖値や脂質などのリスク数値で判断されます。健康診査の実施は7月~10月、自己負担額800円。自分も危険領域なので、早速健診受けます!
[PR]

by katomotoaki | 2008-04-10 17:24 | 福祉・教育・環境