沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


自治体の特勤手当88%削減 二重支給批判受け見直し

自治体の特勤手当88%削減 二重支給批判受け見直し
11/30 16:28 静岡新聞
 本給などとの二重支給になっているとして総務省が見直しを求めていた都道府県と政令指定都市の計210の特殊勤務手当のうち、162手当が本年度までの4年間で廃止され、支給額ベースで87・6%の削減となったことが30日、同省のまとめで分かった。
 特殊勤務手当は本来、動物の死骸処理や高所での作業など不快感や危険が伴う業務に支給される。各自治体は、早朝出勤した職員への時間外勤務手当に上乗せする形の早出手当や、本給に含むべき調理師手当などに拡大していたため“お手盛り”と批判されていた。
 04年の総務省調査で二重払いと指摘された手当は、都道府県で97あり、03年度の支給額は44億円。13政令指定都市(当時)では113の手当で108億円に上った。これが、08年4月1日までに手当数で都道府県が64手当、政令指定都市では98手当が廃止され、支給額ベースで計約19億円にまで減った。
 総務省は「批判を受けて各自治体が問題意識をもって取り組んだ成果」としているが、特殊勤務手当の全廃に向け、17都府県と7市に残っている48の手当についてもさらに見直しを働き掛けていく方針だ。
-----------------------------------------------------------------
沼津市でも特殊勤務手当は年間4億5千万円に上ります(H20年度予算)。規定上は「危険、不快、不健康または困難な業務に従事する職員に支給」となっています。規定額の大きいものでは、医師の医務手当:月8万円~13万5千円、看護業務手当:月1万円などで、回数ごとのものでは救急業務手当:1回150~1000円、教育業務特殊手当(部活指導等):1日900~6400円、夜間看護手当:1回3300円、用地交渉手当:1回300円などなど。本給での処遇や業務内容などを精査して、社会的合理性に合わないものは段階的に廃止または見直しを。
[PR]

by katomotoaki | 2008-11-30 20:23 | 政治・総務・経済

「世界遺産」都市版 浜松市が名乗り

11/27 15:05 静岡新聞
 浜松市の鈴木康友市長は27日の市議会本会議で、ユネスコの認定制度「創造都市ネットワーク」に音楽分野で加盟を目指す考えを明らかにした。
 ユネスコが認定している「世界遺産」の“都市版”。文学、デザイン、食文化など7分野に、ベルリン(ドイツ)やリオン(フランス)など世界14都市が選ばれている。浜松は伝統的な楽器産業の集積や国際ピアノコンクールなど「音楽の都」としてのイベントの実績をアピールする。
 鈴木市長は「浜松は音楽文化を都市の特長と位置付けている。市が培った文化を世界に発信するチャンス」と述べた。
 ネットワークの音楽分野にはボローニャ(イタリア)、セビリア(スペイン)、グラスゴー(イギリス)が認定されている。国内では服飾などデザイン分野で名古屋市と神戸市が参加している。
------------------------------------------------
行政改革や新たなまちづくりに積極的に取り組んでいる政令指定都市・浜松市。この「世界遺産」都市版への名乗りも市政の積極性を表すものだと思います。一方で、沼津市はどうか。従来より周囲に誇れる文化、伝統を持っていますが…昨今では、カラーに乏しい街とも揶揄されています。進取の精神で新しいことに是非チャレンジを!
[PR]

by katomotoaki | 2008-11-28 23:48 | 建設・まちづくり・防災

沼津の眺望を市民へ

写真は日曜日に墓参りに行き、その後立ち寄った新宿高島屋13階の屋外テラスからの眺望。新宿御苑を眼下に高層ビル群を望む素晴らしい景観。レストランゾーンに隣接しており、もちろん無料で行けます。一方、現在、沼津駅北口にコンベンションホールの建設が検討されていますが、ホテルの誘致も行う前提で、高さは150m位まで可能となり、市内随一の高層建築となる可能性があります。このような建築物を建てるのであれば、沼津駅南口のイーラde建設の際には取り入れられなかった市民が楽しみを享受できる同種の展望ゾーンを是非盛り込んで頂きたいものです!
d0050503_21422975.jpg
d0050503_21424179.jpg
d0050503_2143377.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-11-26 21:43 | 建設・まちづくり・防災

熱血校長!

昨日は早稲田大学沼津校友会を代表して、富士・富士宮市の早稲田OBが集まる岳南稲門会の総会に出席。講演は、現在、県立富士高校の校長であり、早稲田大学文学部卒業の吉田先生。現在の冨士高の状況や、何故自分が早稲田を志望したかなど、とても楽しく、教育に対する情熱溢れる話を頂きました。そのひとつが、学園祭でのエピソード。毎年恒例の校長先生のパフォーマンス芸を生徒たちに頼まれ、赴任1年目の吉田先生は、応援部出身ということもあり、早稲田大学校歌をエール付きで歌うことに。その際、ひとりでは格好がつかないので、生徒達に後ろで一緒にエールをきってくれる学生を募集、15名が立候補。その子たちに早稲田校歌を練習、暗記させ、エールの仕方を教え、更に自分は、東京へ行って太ったお腹が入る学生服、腕章、角帽を新調して臨み、学園祭では、緊張感ある演出となり、大歓声を頂いたそうです。以降、この生徒たちは早稲田大学への進学を志望、常に個別相談に乗ってあげているとのこと。その他、吉田校長の話から、何でも生徒に対し、親身に一緒になって考え、方向性を指し示してあげる姿勢が良く理解できました。生徒との「信頼関係」が崩れていまっているケースが多い昨今、「情熱」のある熱血先生の存在が教育界を救っていきます。
(写真は懇親会での吉田校長による校歌エール)
d0050503_10759.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-11-23 10:07 | プライベート

株価8000円割れ

景気減速が鮮明になり、今日は株価は8000円割れとなる大幅な下げ。日本経済が連動する米国では、自動車メーカーのビッグ3が経営危機に陥り、政府に巨額の融資をお願いする事態に。本当に、世界経済は危機的な状況になってきました。当然のことながら、日本経済の減速、大手企業の経営悪化は沼津市の地域経済、地場産業をも直撃してきます。年明け頃にはかなり厳しい事態になることは必至でしょう。自動車産業を中心に機械製造やラシ(ねじ)などの部品製造の割合が多い沼津市ですが、その領域の経営者の方からは、将来的に業種転換などの抜本的な経営対策を講じなければとの動きもあります。こんな時こそ、政治の力が大切。即効性のある地域経済対策を望みます。
[PR]

by katomotoaki | 2008-11-20 23:22

忘年会シーズン到来

11月も下旬に入り、忘年会シーズン到来。自分の選挙結果を踏まえ、「励ます会」、「ご苦労さん会」なども有り難く企画頂き、参加させて頂いております。挨拶の中では、今後とも具体性はまだ無いものの、政治(沼津のまちづくり)には関わっていきたいことを明言させて頂いております。一方で、職については、その方向性が明確になり次第、探していく予定。師走も間近となった現在、慌てず、焦らず、考えていこうと思います。何か良いご提案などありましたら是非よろしくお願い致します!
[PR]

by katomotoaki | 2008-11-20 14:11 | プライベート

収支報告終了

市長選挙期間における収支報告を選挙管理委員会に済ませました。選挙期間だった10月19日の告示日から26日の投票日までの1週間に関わる収支をまとめたもの。総支出が183万円で、寄付を頂いた分が64万円、自己資金充当分が119万円となりました。総支出のうち、割合の多いものは、ウグイスさんなどの人件費43万円、ポスターなどの印刷費71万円、選挙カー看板代などの広告費46万円。市議選挙の際には先回約90万円程度でしたから、約2倍の支出ですが、市長選挙としては低く抑えられたレベルかもしれません。しかしながら、選挙期間前の後援会活動期間の支出は、この数倍にもなります(精査中)。いずれにしても、選挙にはお金が掛かることには変わりなく、人、モノ、金の力がその結果を左右する基本的な要素となっていることを実感しました!
[PR]

by katomotoaki | 2008-11-19 10:45

看護士の卵

沼津市立看護学校の学園祭の特別講演として国際セラピードッグ協会代表の大木トオル氏が招聘され講演会が開催されました。100名ほどの生徒さんたちを前に、医療現場でのセラピードッグの活躍や日本での飼い主の身勝手による捨て犬問題、動物愛護精神の低さなどについて1時間半に渡り感動的なお話を頂き、多くの心優しい生徒さんが涙を流していました。看護の基本は優しい心であると同時に、綺麗事では済まされない現場の厳しさなども感じて頂けたと思います。卒業されましたら、是非沼津市立病院にて市民のために頑張って下さい!
d0050503_23543851.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-11-14 23:55 | ボランティア

政治イデオロギーとは??

写真の記事は今日の沼津朝日新聞に掲載された一般投稿コーナーの「言いたいほうだい」。今回の市長選挙について、地元選出の民主党国会議員が旧バリバリ自民系の栗原氏を応援したことについての疑問を投げかける内容。実は、このことは、自分が支援者の皆様に昨今お会いする中で一番質問されること。当然、その実情は知る由もありませんので、ノーコメントとしておりますが‥納得できない方は、当事者に直接お問い合せ下さい。
d0050503_21248.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2008-11-13 21:02

定額給付金の愚策

追加経済対策に盛り込んだ総額2兆円にも上る低額給付金を政府与党が決定したとのこと。給付額はひとり1万2千円。これにより具体的な効果がどれほど上がるのかは全く不明。国民の立場からは、単純にお金をもらえるのは有り難いが、そのな程度のことで、この国の現状が改善したり、経済浮揚効果が上がることを期待する国民は少ないと思います。国だけで800兆円にも上る借入金がある現在、少しでも将来に向けて、その総額を減らしていくことに尽力したり、具体性のある政策実現にお金=税金を費やすことの方が、よっぽど政治的であると感じます。この程度のバラマキ政策しか考えられない国政に未来はない!
[PR]

by katomotoaki | 2008-11-13 00:39 | プライベート