沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧


個店の魅力

今日たまたま立ち寄ったアンジュ・パッセという雑貨屋さん。起業家魂溢れる女性オーナーが、以前自分との懇談会に来てくれてお話したことがきっかけでお知り合いとなりました。扱っているのは「イマン」というフランスのアンティーク調アイテムを中心に揃えた生活ブランド。数年前の開業以来、店舗&インターネット販売で売上げ急増だったそうですが、昨年後半より大きく減速して戸惑ってしまったとのこと。現在は、オーナーのクラフト教室のほうが好調だそうです。苦境の中でも明るく一生懸命頑張っている起業家オーナーを見るとホント応援したくなりますね!
「イマン」については…(HPより)
はじめてフランスの蚤の市を訪れた時の興奮は、決して忘れることはないでしょう。大輪のローズが咲いたポットやお鍋。1世紀経ても優しい色彩を放つホーローたち。機能性よりも心を豊かにさせる愛らしいデザインがあります。日本でもこうした道具に囲まれて暮らせたら・・・イマンでは、アンティークから学んだ心豊かにさせるエッセンスを、現代の道具に再現しています。…
詳しくは→ http://www.imane.co.jp/genten/index.html
アンジュ・パッセ→ http://ange-passe.net/
写真は1点ものハンドメイドバッグ
d0050503_23205814.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-01-29 23:23 | プライベート

不正な口利き防止を宣言 菊川市議会が条例可決

菊川市議会が議員の議会報告会の開催義務化や不正な口利きの防止などを定めた条例を可決、大変立派なことだと思います。一度選挙に当選すれば、何をしているのかわからないと揶揄される議員活動では税金の無駄遣いであることは明白。報酬として少なくない額を頂いている以上、市民、有権者への説明責任、報告義務の履行は厳しくチェックされるべきでしょう。議員の口利きについても、主肝心な政策提言など全くせず、口利きこそが議員の使命と勘違いしている諸氏が多いのが実態です。このような動きを通じて、議員活動のプロセスをしっかりと有権者にチェック頂き、何を目的に、何を実現し、何が実行できる政治家なのかなど、総合的な評価が選挙の際の候補者選択の時に加味されるような選挙制度であれば、政治も緊張し、政治家も成長し、地方も国も良くなると思うのですが‥
--------------------------------------------------------------
不正な口利き防止を宣言 菊川市議会が条例可決
01/28 14:55 静岡新聞
 菊川市議会は28日午前、臨時会を開き、議員発議の「市議会基本条例案」を賛成多数で可決した。市民向けの議会報告会の開催義務化や不正な口利きの防止など、議会運営や議員活動にかかわる基本事項を明文化した。同様の条例は、全国約30の県議会や市町議会で制定されているが、県内では初めて。早ければ今月中に施行される。
  条例は具体的には、原則としてすべての会議を公開するほか、市民との意見交換の場となる「議会報告会」の開催の義務化などを盛り込んだ。
 また、議会と行政の緊張関係の保持に関しては、不正な口利きや働きかけを防ぐため、議員から市長など当局関係者への口頭の要請について、日時や内容、対応、経過などを記録した文書を作成することも定めた。
[PR]

by katomotoaki | 2009-01-28 23:50

にぎわい復活 白紙に 大丸、浜松出店断念

浜松の中心市街地活性化に向けての起爆剤と期待されていた大丸の出店が白紙になったとの報道がなされました。景気最悪期であり、百貨店等小売業界も厳しさを増していることからの経営判断ですが、市民にとっては残念なことでしょう。衰退する傾向が強い地方都市の中心市街地ですが、住民の立場から、そんな状況は嬉しいはずがありません。沼津市においても、沼津駅南口の再開発ビル「イーラde」が開業1年も経たないうちにテナントの流出が起きてしまっています。決して市民の皆さんの評価、満足度が高いとは言えない現状を早急に改革、改善する魅力的なテナント誘致や機能の充実が必須です!
--------------------------------------------------------------
にぎわい復活 白紙に 大丸、浜松出店断念
2009年01月27日asahi.com
 百貨店の松菱破綻(はたん)から7年余。浜松市街の真ん中にぽっかりと空いた跡地ににぎわいを取り戻す計画は、白紙に戻った。当初10年11月にオープンを迎えるはずだった大丸出店計画は、地権者交渉の難航で迷走したうえ、経済危機により断念に追い込まれた。鈴木康友市長は「突然のことで驚いている」。市民は「長い間待たされたのに残念」と肩を落とした。
 大丸を傘下に持つJフロントリテイリングは26日、取締役会で浜松店の出店断念を決め、発表した。「急激な景気後退による消費不振の深刻化が予想される」ことから、総額約150億円にのぼる投資費用は経営を圧迫すると判断したという。
 松菱の経営破綻から7年余がたつが、廃虚状態の建物は残ったまま。市が跡地前の歩行量を調べたところ、06年から07年にかけて約4割減った。「暗くて歩きたくないという心理的な要因がありそうだ」。市はそう分析し、大丸誘致を悲願としていた。
[PR]

by katomotoaki | 2009-01-27 23:12 | 建設・まちづくり・防災

HONDA Insight !

最新の日経ビジネスにホンダの福井社長の記事が掲載され「環境に賭ける執念」として今春発売予定のハイブリッド自動車「Insight」がクローズアップされています。現在、ハイブリッドカーの世界はトヨタのプリウスの独壇場となっていますが、このインサイトはこの牙城を崩し、米国の冷え込んでいる自動車需要を喚起させ、ホンダを再生させる大きな武器になるだろうと思います。最大のポイントはバッテリーを含む高価なハイブリッドシステムを思いっきり技術革新させて車体価格を200万円を切るレベルまで引き下げること(米国では2万ドル以下)。トヨタのプリウスは量販価格で300万円以上で高級車クラウンが買えるレベル。プリウスの車体はそもそもカローラ同等の150万円クラスにもかかわらずシステムが高いためにこの値段!裕福な人でなければ買えず、普及には一定の限界があります。インサイトは量販車のシビック系と共用化を大幅に図っていると思いますが、プラス50万円程度で発売できる価格戦略はすごい!これだけ市場が冷え込んでいる時、その需要を喚起するのは、まさに新しいコンセプト、わくわくする期待感のある商品だと思います。先日、友人Kちゃんがガソリン車2台を処分してインサイト買おうかなーって言ってましたが、早く予約を入れてちょーだい!(乗せてね!)
d0050503_1013214.jpg
d0050503_10131810.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-01-25 10:14 | プライベート

まぐろの解体ショー!

今日は某NPOのイベント日で、恒例の「まぐろの解体ショー」が行われました。昨日沼津港に水揚げされた30kgのまぐろを解体、赤身からトロまで手巻きスシ用などに参加者みんなで包丁を持って挑戦。その他にも太刀魚やイカ、鱈などの捌き方まで、市内の魚屋さんのみなさんも参加され丁寧に手ほどきを受けました。今回のイベントは、魚への理解を深め、魚食を推進しようという沼津魚市場の協賛事業として実施。海・魚のまち、沼津ならではの素晴らしい事業だと思います。沼津港に来れば毎日まぐろの解体ショーが見られる!なんていう話題性も欲しいですね!!
d0050503_16244898.jpg
d0050503_16245980.jpg
d0050503_16252483.jpg
d0050503_16253722.jpg
d0050503_16255348.jpg
d0050503_1626485.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-01-24 16:25 | ボランティア

Congratulation, Mr.New President !

米国のバラク・オバマ前上院議員(47)が20日ワシントンの連邦議会議事堂前で大統領就任式に臨み、宣誓を行い、第44代米国大統領に就任。オバマ氏と共に新たなアメリカの創造を期待する国民がなんと200万人も集まったとか。こんな政治的な熱狂は絶対に日本にはあり得ません。米国の歴史を見ても、いくつもの難局に必ず政治と経済が両輪となって乗り越え、超大国としての力と権勢を謳歌してきたことは事実。現在の100年に一度といわれる金融・経済危機においても、若くて新しいリーダーであるオバマ氏の「Change&Yes we can」を信じ、期待する国民性と政治風土が醸成されているのでしょう。かたや日本の国政は期待度が低空飛行。経済が厳しい時こそ出番の政治が三流のまま。世襲制度ともいえる2世議員の氾濫や庶民生活から遊離した金持ち首相では的確な政治&経済戦略を描けず頓挫するばかり…国民の中から漏れるのはため息ばかりです。やはり、日本は米国主導での世界経済の建て直しに期待するしかないのでしょうか??あの米国の熱狂度合いを見ると、悔しくも、寂しくもある今の日本です。
[PR]

by katomotoaki | 2009-01-21 23:18 | 政治・総務・経済

企業誘致~リチウムイオン電池

企業誘致は沼津市の経済振興を図る上で最重要課題。出ていく企業ばかりでなかなか誘致が進んでいないのが現状ですが、就業場所がどんどん減ってしまい若者も出ていくばかり。これでは人口減少にも歯止めがかかりません。
そんな中で、パナソニックが電気自動車など需要が急増していくリチウムイオン電池の新工場建設のニュースが。沼津市の明電舎では、今春発売予定の三菱自動車の電池自動車アイのモーターを生産しています。沼津にリチウムイオン電池の工場を誘致できれば、バッテリーとモーターがアセンブリー化(一体化)できるなど、大変面白いと思うのですが。最悪の経済環境でも将来必要なものへの需要は必ずあります。その目線で先行的な企業誘致を是非お願いします!
--------------------------------------------------------------
世界最大級のリチウムイオン電池工場、パナソニックが着工
1月19日11時17分配信 読売新聞
 パナソニックは19日、大阪市住之江区で、世界最大級の生産能力を持つリチウムイオン(Li)電池工場の起工式を行った。
 Li電池は、パソコンや携帯電話用に使用される。総投資額は約1000億円で、2010年4月に生産を始める。世界的な景気後退でメーカー各社が大型投資を相次いで見直しているが、パナソニックは、将来的な需要拡大を見込んで工場を新設する。
 12年度にフル稼働した時には月産5000万個を生産することができる。新工場が完成すれば、フル稼働時に約1500人の雇用が見込まれる。
[PR]

by katomotoaki | 2009-01-19 20:56 | 建設・まちづくり・防災

China Trip!

先週末は中国大連・北京へ。将来的にも安定的な地域経済の繁栄が地方自治の大きな課題と思いますが、それに寄与するであろうビジネスパートナーとの協議に2大都市を訪問し、協業に向けた協定書を交わしてきました。マイナス10度のしびれる寒さでしたが、中国人の成功者層でもある若き30代前半社長達は熱い熱い!40代真ん中の自分には良い発憤材料でした!?日本が立ち止まっている間にどんどん成長し、追い抜いていく巨大国家中国の底力です。
d0050503_220713.jpg

大連郊外はどんどん山を崩しての開発ラッシュ継続中。
d0050503_2201388.jpg

オリンピックを経験した北京は30階以上の高層ビルが乱立。
d0050503_224731.jpg

お昼に食べた日本発の人気チェーン・味平ラーメン。株式上場もしてます。
d0050503_2242254.jpg

北京ダックで有名な老舗レストラン。春節際前でどこも綺麗です。
d0050503_2265687.jpg

最後は天安門広場を通過してエアポートへ。再見!
d0050503_228119.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-01-14 22:09 | プライベート

パリダカ増岡選手リタイヤ!

d0050503_22452232.jpg
新年恒例のパリダカラリーで優勝経験もある日本のエース・三菱の増岡選手が早々にリタイヤしてしまいました!今年から従来のアフリカから南米に戦いの場を移しての緒戦に…残念です。増岡選手とはモータースポーツイベントなどで何度も一緒に仕事をしたこともあり、また、沼津青年会議所の例会に講師として来ていただいたこともありました。来年に期待します=捲土重来!!
----------------------------------------------------------------
パリをスタートしセネガルの首都ダカールをゴールとすることから
「パリ~ダカール・ラリー」として1979年に創設された、
世界で最も有名なクロスカントリーラリー。
2009年大会は、記念すべき30回目として新たな大陸「南米」で開催。
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを1月3日(土)にスタートして同国を南下。
大西洋沿岸の観光地として知られるプエルト・マドゥリンで折り返して
西方へと向かいアンデス山脈を越えてチリに入国すると、同国を北上して
太平洋沿岸の歴史的な港町バルパライソに到着。
同地で10日(土)に休息日をとり、11日(日)から競技を再開。
同国をさらに北上してアタカマ砂漠を越え、東方へと向かって再びアルゼンチンに入国すると、
同国を南下しながら第2の都市コルドバを経由して、18日(日)にブエノスアイレスにゴールするという、総走行距離9,574km、うち競技区間5,652kmといった壮大な環状コースで競われる。三菱自動車チームは、第5回の1983年大会から26年連続出場となるダカールラリーに、
8大会連続・通算13勝を目指し、新型競技車『レーシング ランサー』4台で参戦。磐石の体制で臨む。
[PR]

by katomotoaki | 2009-01-07 22:46 | プライベート

「空中権」民間売却へ沼津駅北口整備で県検討

以下、1日の読売新聞のニュース。少々わかりにくいのですが、要旨は、現在の沼津市所有の多目的展示スペース「キラメッセ」が、その西側に県事業のコンベンション施設が建設されるのに伴い、耐用年数を過ぎることもあって再建されることとなっていますが、その上方階に当たる部分を民間に権利売却して、事業費抑制を図ることを狙っているのだと思います。不明確なのは、沼津市の新キラメッセ建設費に充当されるのかどうかという点。現在の簡易構造から変更して音響対応なども進化させた建築構造となるはずなので、箱モノだけでも30億円以上はかかるでしょう(沼津市負担)。いずれにしても、民活導入によるリスク分散、投資軽減は時代の必須、是非推進して頂きたい。しかしながら、どんな導入機能になるかは十分吟味を。いっそのこと、民間スポーツクラブあたりに参画してもらい、市民体育館の代わりになるようにしてくれたら魅力的なのですが…
-------------------------------------------------------
県と沼津市が、JR沼津駅北口の公有地約2・2ヘクタールで国際会議場やホテルなどが入る複合ビルと大型展示場の整備を計画している「県東部地域拠点施設整備構想」で、県は、展示場の上空の空間を使用する「空中権」を民間事業者に売却する方向で検討を始めた。県は売却益を得ることで事業費を節減でき、民間業者は購入した空中権の分を容積率に上乗せして建物を建設できるメリットがある。実現すれば、県が参画する事業では初の手法となる。
 構想では、沼津市の土地1・4ヘクタールに3階建て、延べ床面積7500平方メートル規模の展示場を整備する。展示場は、都市計画上の容積率の上限(600%)に対し余裕が出る見込みで、県は発生する空中権を、隣接する県有地に複合ビルを建設する業者に売却できないか、市とも協議している。
 複合ビルには、県が整備する国際会議場のほか、ホテルやマンションなどが入る計画。開発業者が空中権を購入すれば、さらに多様な事業展開が可能になる。
県幹部は「県がすべて投資すれば優に100億円超になる。空中権を売り、額をどれだけ削減できるかがポイント」と話している。
(2009年1月1日 読売新聞)
[PR]

by katomotoaki | 2009-01-03 21:56 | 建設・まちづくり・防災