沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


三島駅南口の再開発事業

新幹線駅を有する三島駅の南口再開発事業が実施に向けて動き出すとの報道。駅前の都市機能が脆弱であるとの声をよく聞く三島駅の現状ですが、北口の再開発に加え南口も動き出すことで、中心市街地の魅力度アップにつながる効果ある再開発事業となることを願います。しかしながら、沼津駅周辺整備事業もあることから、県東部地域として、沼津市の総合整備事業の内容も見据えた機能、役割分担をも担うことも必要。是非、県、三島市、沼津市でじっくりと協議して頂きたいと思います。こうした都市計画での連携も合併への自然な流れを生むものだと考えます。
-----------------------------------------------------------------
三島街の顔一新へ 駅南口、再開発が正念場 (静岡新聞)
05/29 15:16
 三島市の従来からの顔である三島駅南口を一新する再開発事業で、先行する東街区の動きが本格化している。成否のカギを握るキーパーソンといわれる事業コーディネーターが決まり、再開発ビルの集客を左右する核テナントについても具体的な交渉が進行中。近く基本計画をまとめ、商業・住宅ディベロッパーの公募にも入る見通しで、これまで何度も動き出しながら具体化しなかった事業は、実現に向け正念場を迎えている。
 東街区は再開発の核エリアで、面積は現在三島市函南町土地開発公社が土地を所有し運営する駐車場と周辺部の約1・3ヘクタール。2010年末に現地の建物解体撤去を開始し、11年10月に再開発ビルの建設に着手、13年10月の完成を目指している。
 事業コーディネーターが示した開発構想によると、再開発ビルは地上30階建てで、延べ床面積約9万1000平方メートル。商業、居住、宿泊、駐車場の機能を持ち、再開発のシンボルとなる超高層住宅や市街を一望できるレストラン、外周には水の街・三島にふさわしい「憩いと潤い水辺空間」が提案されている。
 核テナントは再開発準備組合の事務局でもある市側がGMS(総合スーパー)を軸に交渉中で、「核テナントは建設資金などの事業費をまかなう、いわゆる保留床の新しい営業者や居住者への売却にも影響する。求心力のある事業者を誘致したい」と夏までには決める方針だ。
 
[PR]

by katomotoaki | 2009-05-31 10:30 | 建設・まちづくり・防災

経営改革、若手の力で

医師不足、一部休診、収支悪化の3重苦に陥っている藤枝市立病院の若手医師、看護士が病院改革に乗り出すという頼もしいニュース。このことの強みは、現場に精通し、顧客ともいえる患者たちの声を直に聞いていること、そして、医師の世界にありがちな封建的、旧態依然とした経営価値観に捕らわれない柔軟な発想が期待できることでしょう。硬直化した組織を再生するには、このような新しい手法が必要なことは議論の余地もないこと。彼らの勇気を称賛、今後の活躍に期待。沼津市立病院の再生に向けたヒントになるかもしれません。
-------------------------------------------
「経営改革、若手の力で 藤枝市立総合病院」2009/05/26 静岡新聞
 「もう、幹部だけでは駄目」―。経営再建を急ぐ藤枝市立総合病院(駿河台、毛利博院長)の若手医師、看護師らが組織改革に立ち上がる。病院幹部も改革案を必ず採用することを既に約束。28日、北村正平市長と毛利院長のもとを訪れ、決意表明をする。行動を起こすのは10人で、平均年齢35歳。診療部(心臓呼吸器外科、整形外科)、看護部、診療技術部(リハビリテーション科、放射線科)、事務部(医事課、経営管理室、管理課)に所属する。女性も4人いる。チーム名は「病院改革・改善プロジェクト」。医師と看護師確保、経営状況と職場環境の改善、患者との信頼関係の構築をテーマに話し合い、11月をめどに結論を出す。
「従来のやり方にとらわれない提案をどんどんしてほしい。『自分が院長であれば何を行うか』との視点で」と理解を示す毛利院長。提案された方針は来年度予算に反映させる構えだ。同病院は、医師減少による一部診療の休止が相次ぎ、患者は激減。収支も悪化し、改革が急務とな中、“いけいけどんどん”の部下に懸けることになった。毛利院長ら幹部も、切ない現場の実情を住民に訴え始めており、病院が一体となった改革に発展する可能性もある。
 
[PR]

by katomotoaki | 2009-05-27 00:38

セラピードッグ・松田トレーナー!

セラピードッグサポートクラブも発足以来4年が経過、土曜日にH21年通常会員総会を行いました。H20年度事業報告/会計報告、H21年度事業/予算計画が承認され、H21年度でも、沼津市へ国際セラピードッグ代表・大木トオル氏とセラピードッグ達の招聘を行い、セラピードッグ達による福祉の向上や青少年への命の大切さ教育などの啓蒙・PR活動を進めていきます。また、今年度より静岡県でも念願だった保健所からの成犬譲渡がスタート(従来はほとんど殺処分)。当クラブは、この受け皿としてのボランティア登録を行い、新たな里親のもとへ1頭でも多くの捨て犬を送ることが出来るように努力していきます。総会時には、ゲストとして当クラブ出身、現在国際セラピードッグ協会にて大木代表のもとトレーナーの修行を行っている松田君を東京より招聘、これまでに学んだことや苦労話など感動的なスピーチをして頂きました。1日も早く認定トレーナーとなれることを祈念しております!ガンバレ松田!
d0050503_7585733.jpg
d0050503_7591394.jpg
d0050503_759382.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-05-25 07:59 | ボランティア

新鮮さかな!水産祭

昨日の沼津港水産祭は例年通りの大盛況で幕を閉じました。従来のあじの開き教室やお魚博物館(?)、新鮮さかなの競りなどに加え、魚市場新企画の輪投げマグロゲット競争(?)やあさりつかみ取り、なんとペンギンまで用意され、多くの家族連れで大混雑となりました。商工会議所青年部事業も、子どもたちに夢を与える「海藻体験教室」を実施。ハガキに沼津の海で採れた海藻をデザインして絵はがきにするのですが、子どもたちが順番待ちの状態が1日中続きました。年々新たな魅力付けでパワーアップしていく「水産祭り」ですが、カッターレースの終了で海に親しむ「海人祭」(並行開催)としてのの中身が薄くなってしまっているのは残念。来年は要検討です。
d0050503_12294113.jpg
d0050503_1230085.jpg
d0050503_12301261.jpg
d0050503_12303843.jpg
d0050503_12305151.jpg
d0050503_1231886.jpg
d0050503_12311891.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-05-24 12:31 | 建設・まちづくり・防災

今週土曜日は海人祭!

今週末土曜日はいよいよ海人祭&水産祭!帆船による体験乗船やルアー・フライフィッシングやカヌーといった体験教室など、沼津の海の魅力を満喫でき、また新鮮な沼津の魚介類を格安で販売するほか、セリ市やひものづくり体験、鮮魚のつかみ取りなどが繰り広げられるとのこと。大変な車渋滞が予想されるので極力公共交通機関を。9時~15時開催となっていますが、狙い目は午前中!魚関係の売り物は良いものはバンバン売り切れてしまいます!http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/sansan/s_kaijin2009/index.htm
[PR]

by katomotoaki | 2009-05-21 17:07

五条の徳

先日これからの課題として、「徳」(=道理にかなう立派な行いができること=仁・義・礼・智・信の五条の徳目に努めること)を積む人間になりたいとスピーチでお話したら、お二人の方から激励のお葉書を頂きました。心温まる「礼」だと思います。1日1歩、ひとつづつ実践して参ります!
d0050503_7382690.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-05-20 07:38 | プライベート

新型インフルエンザ

国内でも160人を超える感染者が見つかるなど、社会不安をあおっている新型インフルエンザ。関西では各種行事やイベントが取りやめになったり、経済活動に支障をきたす状況にまでなっています。今週土曜日は、沼津港での「水産祭・海人祭」ですが、各自がきちんとした予防を行いながら、多くの人で賑わうことを期待します。
(以下インフルエンザの参考情報[2009年5月9日/日本経済新聞 夕刊])
---------------------------------------------------------
Q 新型ウイルスの特徴は。
A 季節性インフルエンザの「Aソ連型」と同じ仲間の「H1N1型」ウイルスに分類される。豚や鳥、人など4種類のウイルスの混合型だとされる。各国の感染者の症状や被害の実態からみて、感染してもそれほど症状が重くなりにくいウイルスとの見方が有力だ。ただ、人が免疫を持たないウイルスなので、短期間に多数の人々が感染して大流行につながる可能性がある。

Q 主な症状は。
A 日本で冬場に流行する季節性インフルエンザのように、せきや発熱、体のだるさや痛みなどが表れることが多いとみられる。糖尿病や腎臓病など別の慢性疾患を抱える人、高齢者は症状が重くなる可能性がありとくに注意が必要だ。

Q 感染はどのように広がるのか。
A 主に、せきやくしゃみをしたときに出る飛沫(ひまつ)を通じて感染する。飛沫が飛ぶ距離は2メートル程度。このため感染者と面と向かって会話したりすると感染の恐れがある。ただし通常なら、はしかのように空気感染はしないと考えられており、電車で感染者と同じ車両に乗り合わせたからといってそれだけで感染することはない。
また、ウイルスに汚染されたドアのノブなどに触れたときにウイルスが手に付着し、その手で目鼻をこすることで接触感染することもある。

Q 予防法はあるのか。
A 接触感染を防ぐためにはせっけんを泡立ててしっかり手を洗う。食事と睡眠を十分にとって免疫力を高めることも大切だ。満員電車や人込みはなるべく避け、できれば不要不急の外出は取りやめた方がよい。外出時はマスクの着用を心がけることが望ましい。マスクはせきやくしゃみをした他人の飛沫を吸引するのを防ぐほか、自分の飛沫が飛び散るのも食い止められる。自分の身を感染から守るだけでなく、他人にうつさないための心がけが重要だ。

Q 感染した場合の治療法は。
A 季節性インフル治療薬のタミフルとリレンザは今回のウイルスにも有効とみられる。ワクチンは現時点で効果の期待できるものはなく、今回のウイルスを材料につくらなければならない。厚生労働省は海外から入手した原因ウイルスをもとに製造を開始する考え。ただし供給開始まで少なくとも数カ月はかかる見通しだ。
[PR]

by katomotoaki | 2009-05-19 07:43 | 福祉・教育・環境

女性の政治パワー

今日はあいにくの天候となりましたが、市内の女性グループによる初会合に参加してきました。この会は、女性の視点からの生活環境の改善や暮らしやすさ、まちの魅力の向上などに興味を持たれた方々が集まって結成。今後はネットワーク作りや講演会の主催や勉強会の継続的開催を行っていくとのこと。女性の行動力と物事に対する熱意には脱帽です。何かとしがらみが多く、まずは理屈から入ってしまう傾向にある我々男性陣は感化されるべき!?今後の会のご隆盛を祈念しております!
d0050503_1322833.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-05-18 01:38

右肩下がり

写真は今日の仲見世商店街、マルサン書店から南側を写した様子。水曜日なので定休日の店舗も少々ありますが、ほとんどがシャッターを降ろした状態に。核店舗とも言えるメンズショップ・ゴトーが3月で閉店してしまい、後を追うように数店が閉店。経済状況が最悪な状況ではありますが、このままでは仲見世商店街も再生不可能なレベルにまで落ち込んでしまいます。行政はこの中心市街地をどのようにしようとしているのか、即効性のある対策を講じるつもりはないのか?市会議員はどう考えているのか??のんびりしている余裕はありません。
d0050503_23193242.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-05-13 23:19 | 建設・まちづくり・防災

病院は経営、行政も経営

昨晩は商工会議所青年部主催、県立がんセンターの病院長・鳶巣先生による講演会を拝聴。先生は今までにない、医者とは思えないキャラクターの方で、病院事業の現状を冷静、客観的に分析、評価されており、その問題点なども浮き彫りに。それもそのはず、大学卒業は京都大学経済学部、NTTに入社数年後、退職し一発奮起して京都大学医学部へ進み医師になられ、特異な才能から現在は請われてがんセンターの病院長に。行政や政治の中もそうですが、経営感覚や経験のない人はこの厳しい時代に的確な判断や政策立案は不可能だと思います。是非、鳶巣先生がご指摘のように、市立病院もがんセンターとの連携を密にして、効率的な地域医療の構築に突き進んでください。
d0050503_23105450.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-05-13 23:12 | 福祉・教育・環境