沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


高齢化率:22.4% 1人暮らし10年前の2倍超

近年、高齢化の急速な進行を感じざるをえません。車を運転していれば、シルバーマーク付きのゆっくり走る車に必ず遭遇し、町中はお年寄りの姿ばかり。これから7年~15年で団塊世代が高齢化していくためまだまだピークは続きます。自分たちの子どもの頃は生産年齢人口約14人でお年寄りひとりを支えていたのが、数年先には2人未満で1人を支えることに。このままではやはり国、地方自治体の行財政運営は立ちゆかなくなってしまいます。国政では選挙の話ばかりが聞こえてきますが、一番肝心な社会保障制度の抜本改革はどこに行ってしまったのでしょうか??
-------------------------------------------------
高齢化率:県内、22.4% 1人暮らし、10年前の2倍超 /静岡
6月30日11時0分配信 毎日新聞
県は、4月1日現在の県内の高齢者(65歳以上)人口は86万6974人で、高齢化率は前年同期比で0・7ポイント増の22・4%となったと発表した。また、1人暮らしの高齢者については、10年前(99年同期)の5万1937人に比べ、2倍を上回る12万8079人と急増していた。 1人暮らしを含めて、高齢者だけで暮らす世帯数は前年同期比で0・7ポイント増の25万647世帯。総世帯数(148万2736世帯)に占める割合は16・9%に上った。また、県内37市町のうち30市町で高齢化率が20%を超えた。高齢化率が最も高かったのは川根本町の40・7%。次いで西伊豆町38・8%、熱海市36・3%と続き、山間部と伊豆半島で目立っている。一方、高齢化率が最も低かったのは裾野市の18・0%だった。【浜中慎哉】
[PR]

by katomotoaki | 2009-06-30 20:55

フェスタ・コスタ・デル・ゴミ in 千本浜

例年恒例の千本浜でのゴミ拾いフェスタ、先週の雨天延期で昨日行われ、小雨模様の中、市民の皆さんが約1時間に渡り頑張りました。これで夏前にとっても綺麗なビーチに!しかし、清掃終了区域から西側、富士方面には延々と漂着したゴミが…際限ない状態です。今回のイベントでは、以前も感じたのですが、せっかくやるのだから、20L程度の小さいゴミ袋を一人一枚配るのではなく、45Lくらいの袋を可能なだけわけるようにすべき。20Lの袋などすぐに一杯になってしまいます。また、開始地点から西側に歩いて拾っていくのですが、効率向上のため、一杯になったゴミ袋は堤防上などに置きながら進んで良いこととし、収集車はスタート地点に停まったままでなく、堤防上を回収して動けばいちいち海から戻ってゴミを収集車に捨て、また戻る不便さを解消できると思います。来年は是非再考を!
d0050503_720698.jpg
d0050503_7202548.jpg
d0050503_7203794.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-06-29 07:20 | ボランティア

レモン牛乳知ってる??

宇都宮で餃子よりもインパクトのあるものを発見!その名も「レモン牛乳」。地元では20代の女の子でも小さい頃から愛飲していて、セブンイレブンやキオスクでも当然のように売っていました。味の方は…以外にスッキリ、やや甘めですが、他地域の女の子にも好評。現在は、これをベースにキャンディやクッキーも発売されており、数多く出ている餃子系のおみやげ物よりポテンシャルありそう。沼津でも多くの人が訪れる市場周辺でバンバン売れるお土産用お菓子を創作したくなっちゃいました!打倒、東京バナナだ
d0050503_1851472.jpg
!!
[PR]

by katomotoaki | 2009-06-28 18:52 | プライベート

宇都宮餃子の実力??

先週は4日間に渡り栃木県での研修に。研修中、宇都宮まで電車で20分くらいの距離でしたので、せっかくだからと他の受講生と一緒に宇都宮餃子を食しに宇都宮まで遠征。一番人気と言われる「みんみん」に突入し、定番メニューの「焼き餃子&水餃子定食」を注文、値段はなんと580円!うーん、沼津の我らが港食堂の「干物定食+ごはん・みそ汁お代わり自由」=500円に近いバリュープライス!期待して待つこと約7分、出てきた餃子を食してみると…あれ?なんだか普通じゃん…というより、中の具がスカスカで具も一般的、味も特徴なし。しいて言えば、皮がやや厚めでもちもち感があることくらい。水餃子も同様で、期待が大きかっただけに残念。この程度で「餃子のまち」かい??ってことで、念のため駅周辺にたくさんある餃子店のひとつにほぼ満腹ではあったものの再チャレンジしましたが…これもフツー!うーん、宇都宮餃子の実力を把握できて良い勉強になりました。実は、沼津市在住で仲良しの中国人の方に先日本場中国の作り方そのままに餃子を作って頂き、試食してみたのですが、これが最高!!ニラをたくさん入れるのが特徴ですが、水餃子(中国では水餃子が定番)で30個くらいは食べちゃったと思います。あれなら宇都宮餃子に確実に勝てる!?食品製造会社を創設して挑戦してみようと盛り上がった話、実現に向けて動かしましょう!?
d0050503_18432461.jpg
d0050503_1843451.jpg
d0050503_18435746.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-06-28 18:45 | プライベート

帆船AMI号乗船への夢

障害のある子ども達を帆船に乗せようとの趣旨でNPO法人マムによるチャリティ音楽会が千本プラザで行われ、多くの賛同者が観客として集まりました。出演者は民謡・津軽三味線の鈴木峰謡さん、和太鼓・伊豆響屋のみんさん、お笑い福祉士・めんぼーくんで、趣旨に賛同してのボランティア出演。普段聴くことが少ない「和」楽器の快活な音色、どこか懐かしい民謡の旋律に感動。自分の母も声を出して楽しそうに歌っていました。今回の収益金で7月には帆船体験が実現。共助の精神が実る素晴らしいイベントだと思います。
d0050503_7224897.jpg
d0050503_7225972.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-06-22 07:24 | ボランティア

里親見つかりました!!

先日お伝えしたミニチュアダックスのマーシー君の里親探しですが、元沼津在住で、現在相模原にお住まいの女性Uさんが引き取って頂けることになりました!Uさん宅はミニチュアダックスが大好きで、これまでも4頭のダックスを自宅で飼っていたのですが、先日そのうちの1頭が15歳で亡くなり、現在3頭を飼養中。飼養経験も豊富であり、マーシーもお友達が出来てお爺さん、お婆さんとの辛い別れも癒されることと思います。相模原の住環境も良く、近所には犬を飼っているお宅がたくさんあるとのこと。これだけ条件がそろえば、マーシーの今後の犬生も安心です。Be Happy, Marcy!!
本件に関し、多くの皆様のご協力を頂き、里親探しをして頂きましたことに対し、深謝申し上げます。今後も、このようなケースがありうることと思いますが、引き続きのご理解、ご支援よろしくお願い致します!!
[PR]

by katomotoaki | 2009-06-13 07:06

ミニチュアダックスの命を救って!

NPOしずおかセラピードッグサポートクラブに新たな里親探しの依頼がありました。犬種はミニチュアダックス(血統書付)、オス8歳、体長約60cm。予防注射等獣医での定期的診断も受け健康状態良好、但し未去勢。
老夫婦が子どものように大切に飼っていたのですが、体調面からふたりで老人ホームに入らなければならないこととなり、断腸の思いで手放さなければならなくなってしまったとのこと。保健所経由での殺処分だけは絶対にさせたくないと涙ながらに申されていました。犬名=マッシーはとても良い子で、室内飼いですが、おトイレは1日2回の外の散歩時にします。通常は無駄吠えせず、人なつっこいので、愛情をかけてあげれば順応すると思います。自分だちがお宅にあがる際には、飼い主のおばあさんを守ろうと、必死に吠えましたが…。少子高齢化で独居老人世帯が増加傾向にある沼津市ですが、今後このようなケースが益々増えていき、社会問題化するかと思います。しかし、犬たちには何の罪もありません。人間の都合で命が奪われることがないよう、広範な声かけ、里親探しをお願い致します。マッシーの命を救う期限は、ご夫婦が老人ホームに入居されるまでの、今月一杯です!!
d0050503_8184262.jpg
d0050503_819413.jpg
d0050503_8191554.jpg
d0050503_8193264.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2009-06-07 08:19 | ボランティア

ファミリー音楽祭♪♪

障害のある子どもたちの生活サポートを行っているNPO法人マムがチャリティコンサートを企画しています。昨年に引き続き、子どもたちをチャーターヨットに乗せて、普段味わえない沼津の海の素晴らしさを体感させてあげたいとの想いからチャリティコンサートでその費用を捻出するもの。出演者は、マムの趣旨に賛同して頂いた和太鼓「伊豆響屋」、津軽三味線「鈴木峰謡さんとその社中」、お笑い福祉士「めんぼーくん」。皆さん実力ある第一人者であり、必見です!6月19日(金)18時30分開演、千本プラザにて、入場料1000円です。障害のある子どもたちへの「夢」のため、ご賛同よろしくお願い致します!
[PR]

by katomotoaki | 2009-06-04 23:36 | 福祉・教育・環境

県知事選挙の公開討論会

7月投開票となる県知事選挙に向けた立候補予定者による公開討論会が県内3会場で開催されます。県東部地域では、6月10日(水)三島市ゆうゆうホールにて19時から開催。定員は1000名、先着順とのこと。現在正式に立候補を表明しているのは2名ですが、これまで政策論争など展開されておらず、有権者の関心はとても低いのが現状。加えて、昨今の政治離れの傾向から、このままでは低投票率の新記録の懸念さえ生じてきます。県東部地域は合併も進まず、沼津市は県、国と共同での大型公共事業も抱えているなど、まだまだ県との密接な連携が必要なことから、きちんとしたリーダーを選択することが肝要です。是非とも10日は会場に出かけて、候補者の政策を聞いてみましょう!!
[PR]

by katomotoaki | 2009-06-03 23:29