沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧


静岡がん会議

2010静岡がん会議が県立がんセンターで開催されサポートに行ってきました。各種発表などが熱心に行われていましたが、そんな中、休憩スペースにあった「がんと向き合った7885人の声」というレポート冊子が目に入り、さらさらとページをめくってみると…H15年度調査とやや古いデータではありましたが…53医療機関で通院のがん患者、体験者、有効回収7885票。
Q、がんと診断されたのはいつですか?
→30代6%、40代15%、50代26%、60代30%、70代18%…
Q、何のがんと診断されましたか?
→乳房24%、大腸・直腸14%、胃13%、肺10%、子宮6%…
Q、どんなことを悩みましたか?
→落ち込み・不安・恐怖など精神的なこと53%、痛み・副作用など身体的苦痛48%、生き方・生きる意味38%、収入・治療費など経済的なこと35%…
Q、医療機関に支払った金額は?
→50万未満47%、100万未満11%、150万未満4%、200万未満2%…

現在日本では男性の2人に1人ががんに罹患していますが、年齢的には50代からが急激に高くなるので自分も要注意です。ただ、全体では「乳がん」が圧倒的に多いとは知りませんでした。また、病は「気」から、と言われるがごとく、精神面でのサポートが大切なことがわかります。セラピードッグの本格導入もホント必要です!
d0050503_23514310.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-03-30 23:50

セラピードッグの拡充を!

先週、沼津市立病院の招聘により、国際セラピードッグ協会・大木トオル代表とセラピードッグたちが初めて市立病院に入り、大木代表が病院関係者を対象にセラピードッグの活躍と命の大切さ(=動物愛護、捨て犬問題)について講演、その後、セラピードッグたちのパフォーマンスが行われました。先生の講演は、都度聴衆に合わせて内容が一部変わりますが、骨子は一緒なものの、何度聴いても感動させられ、涙を誘います。このサポート活動に携わって6年となりますが、再三に渡るNHKなどメディア報道もあり、全国的なニーズは急速に拡大していますが、現状はこれに追いついておらず、また捨て犬をレスキューしての育成には多くの費用と時間が必要なことに変わりありません。新年度では、基本的なスキームの見直しを大木代表とも協議して新たなる活動も模索していきたいと考えます。なお、明日、東京12チャンネルの人気番組「ポチタマ」が最終回とのことですが、このなかでも、大木代表&セラピードッグが取り上げられます!
d0050503_2320510.jpg
d0050503_23201748.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-03-25 23:20 | ボランティア

名古屋市議会も否決

名古屋市の河村市長が提案していた議員定数(75)と報酬(年1633万円)を半減させる市長提出議会改革条例案は否決されたとのこと。沼津市は住民発議であったのに対し、名古屋市の場合は市長提出議案であった点が大きな相違点。市長が行政改革を進め、職員数の削減などを断行するには、有権者から見てわかりやすい「議員」の削減から行うのが妥当とも言える。しかし、定数、報酬ともに根拠なく単純に半減させるでは、議会サイドの理解も得られるはずはなく、可決の見通しもない。河村市長の真意は不明であるけど、その他市長公約であった市民税減税についても議会で修正案の可決をされるなど、議会と全面対決の様相を呈し、市長の市民支援団体などは4月から議会リコールに向けて36万にも及ぶ署名活動を行うという。さて、沼津市議会の定数削減否決後の解散請求はいかに??
[PR]

by katomotoaki | 2010-03-25 00:15

定数削減案否決へ 沼津市議会議運が全会一致

高木孝市自治会連合会長などが有権者の署名を集め直接請求した市議会議員定数削減への直接請求は本会議に先立ち、各会派委員から成る議員運営委員会で否決することに決したとのこと。34名から21名への削減案であったため、全員が反対となったものと推察しますが、一時は収斂しそうだった28名への削減案であったら、微妙な結果だったかもしれません。いずれにしても、結果的に何の改善も成されなかったわけで、このまま、有権者の3分の1以上の署名が必要な議会の解散請求等が今後なければ、前回同様の34名の定員で選挙が行われることになります。デフレ&最悪の経済状況が変わらない現状では、どんな根拠があるにせよ、全国的に日々の活動成果の見えにくい地方議員の削減による行政コスト縮減に賛同する有権者は多いと思います。是非とも、各議員は、今回の一件についての個々の考え方を明確に有権者に説明して欲しいと思います。それさえも公にならない(ブログなどの活用によって)状況では、何ら説得力ないですね。みなさんはいかがお考えでしょうか??
----------------------------------------------------------
定数削減案否決へ 沼津市議会議運が全会一致
03/21 07:59 静岡新聞
 沼津市議会運営委員会は20日、直接請求を受け追加上程された同市の議員定数(34)を21に削減する市議員定数条例改正案を審議し、全会一致で否決すべきものと決めた。議案は23日の最終本会議で採決される。
 委員は議会運営の制限や顔ぶれの固定化、「市民の声を届けられなくなる恐れがある」などと反対理由を述べた。削減そのものに賛意を示す委員もいたが、13人減らす同案に対して「あまりに大幅」と懸念を示し、「28人が適正規模」と主張する意見も複数あった。
 代表請求人として意見陳述に立った高木孝市自治会連合会長は「政策立案など専門的機能を果たせる、一定レベル以上の少数精鋭の議会が必要」と理由を示し、「自治会の要望や市長と語る会、パブリックコメントなどでも声は届けられる。委員会を統合するなど工夫をし、緊張感のある議会を目指すべき」と加えた。
[PR]

by katomotoaki | 2010-03-23 22:47 | 政治・総務・経済

韓国ソウルツアー#6

1週間韓国の話題で引っ張ってるネ、とのご指摘も頂きましたが、最後にやはり「食」を紹介しておかないと…
初日夜に食べた「参鶏湯(サムゲタン)」とカルビの焼き肉。どちらもスゴく美味しい!とまではいきませんでしたが、みんなでワイワイ楽しく沢山食べさせて頂きました!
d0050503_21284888.jpg
d0050503_2129334.jpg

2日目の昼は石焼きビビンバ。日本の有名人も多数行く有名店のようでしたが、何故か石の器がジュージュー言わず、これではおこげが出来ないじゃない?と聞くと、この位で混ぜるのが本場の作り方ですとのこと。へえー!
d0050503_21403812.jpg
d0050503_21405321.jpg

実質最後の食事である夕食は、豚三枚肉の焼き肉がメインのお店へ。ここは地元の人も行く庶民的な感じで、焼き肉は当然として、チジミ、キムチチャーハンなどなど多くのメニューにチャレンジ、マッコリも沢山頂いて大満足!
d0050503_2144225.jpg
d0050503_21441664.jpg
d0050503_21443139.jpg

たぶん、食べてばかりで体重+2kgくらいになったと思いますが、総じて「食」の印象は、意外とバリエーションが少ない、ということ。どこに行っても焼き肉系、ビビンバ系等々のメジャーメニューやそれ系の店はあるのですが、他の種類が無い!また、焼き肉に使う肉についても、種類とクオリティなど日本の焼き肉の方がずっとこだわりがあるのではと思いましたが…ショートステイでわかってないだけ??でもでも、また行ってみたい街であることは間違いありません!!
[PR]

by katomotoaki | 2010-03-22 21:53 | プライベート

韓国ソウルツアー#5

ソウルに行って実際に見たかったのが、清渓(チョンゲ)川。この川は、現韓国大統領の李 明博(イ・ミョンバク)が2002年にソウル特別市市長に当選した後、ソウルの中心部を通り抜ける清渓高架道路を取り除くことで、市民の大切な憩いの場を復元したもの。彼の強力なプロジェクト推進によって、ソウルの中心部に清渓川が復活し、市民の憩いの場だけではなく、生態系の宝庫となったとのこと。こんなこと、日本で出来るでしょうか?素晴らしい発想転換と実行力だと思います。東海道の起点でもある東京日本橋の上の首都高速を地中化して景観向上を狙う事業の話を以前に聞いたことがありましたが、進んでいませんねえ…
さて、その清渓川は、確かに綺麗に整備され3km以上に渡り中心市街地を流れ、その河畔にはおしゃれなコーヒーショップなどが並んでいました。ビルが乱立するイメージのソウル市内にあって、ホント落ち着くエリアを形成し、洗練されたイメージがあり良かったです。是非沼津の狩野川べりもこのように…!
d0050503_883315.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-03-20 08:11

韓国ソウルツアー#4

午後は衣料、雑貨類などの店が多い南大門周辺へ。ブランドもののコピー商品が所狭しと並べられていましたが、未だに知的財産権を無視した商売が公然と行われていることに??
d0050503_7443385.jpg

他のメンバーはこのまま買い物やマッサージに行くなどしたのですが、自分はアジアの近代史に興味があるため「戦争博物館(記念館)」へ。妻はブーブー言ってましたが…。米軍撤退後の跡地に建てられたというこの博物館は、タクシーを降りると、広大な敷地にあり、航空機、戦車などが屋外に置かれ、博物館自体も立派でデカい!
d0050503_748060.jpg
d0050503_7482737.jpg

なんたって、世界最大の爆撃機、ベトナム戦争の北爆などに使われたB52戦略爆撃機までありました!
館内は、当初、実は日本による日韓併合以降の日本統治(植民地化)に対する抗争史など、反日的な要素もあるのだろうと思っていたのですが、さにあらず。1階から3階まであるのですが、1階が三国時代の朝鮮半島統一に向けた頃の展示、そして、2、3階がなんと1950年~1953年の「朝鮮戦争」!400万人もの人が亡くなり、全土が戦禍を被り、南北が分断されてしまった朝鮮戦争は、現在の韓国にとってとても大きな禍根であるのだとつくづく感じさせられました。
d0050503_8103919.jpg
d0050503_811133.jpg

館内には韓国の家族連れなど多くの人が来館しており、適正な国家観形成に向けたこのような施設整備は大変重要!韓国にはまだ徴兵制があるのですし!さて、日本は…!?ちなみに、入館料は無料でしたよ。
[PR]

by katomotoaki | 2010-03-19 08:13 | プライベート

韓国ソウルツアー#3

出発~韓国到着の1日目はインチョン国際空港の視察でほぼスケジュール終了となってしまい、翌2日目のみが実質的にソウル観光でしたが、韓国と言えば北朝鮮問題ということで、ソウルから1時間ほどの「鳥頭山(オドゥサン)統一展望台」へ。
d0050503_7464840.jpg

ここから川を隔てた対岸が北朝鮮領土であり、展望室の望遠鏡からは対岸の建物などの様子が見ることが出来ます。この展望台が出来てからは、北朝鮮側が3階建ての張りぼてアパートを建て、いかにも現代的な生活水準があるかのように見せかけるなどの愚策を施すなど、政権の浅はかさを露呈していますが、そんな建物も朽ちて崩壊しだし、最近は平屋建ての住居を建設して、強制的に住民を移動させ住まわせているそうです。望遠鏡でみると、そんな建物は見えますが、人は歩いておらず、店などもなく、ゴーストタウンの様。ほんと、不幸にも川ひとつ隔てて北に住む人々は可哀想!
d0050503_7544963.jpg

南北分断で親族など北朝鮮にいる人も多数に上りますが、当然、先祖供養などに行けないので、この展望台の慰霊碑に拝みにくるそうです。
d0050503_7593386.jpg

館内には、北朝鮮の産品や生活、教育水準が垣間見られるような展示もありますが、日本の太平洋戦争の頃の水準のようであり、完全に現代から取り残された鎖国国家の状況だと思います。社会主義・共産主義国家の指導者の罪深さは歴史が証明していますが、改めて日本のすぐ近くにこんな危険で、変革が必要な国があることをリアリティを持って肌身に感じ、日本も平和ボケ的な国防議論を脱して、国体を自ら維持する国是の議論、政策論争を深めてもらいたいものです。
d0050503_884096.jpg
d0050503_885735.jpg
d0050503_89139.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-03-18 08:10 | プライベート

韓国ソウルツアー#2

2時間半のフライトで到着したのは世界的にも最新鋭の仁川(インチョン)国際空港。出来てまだ10年に満たないのですが、そもそも世界の中で、各航空会社が主要路線の中継地として利用するハブ空港化を目指した国策として作られており、ものすごく大きな規模となっています。更に今後数年間で周辺地域一帯の大規模なインフラ整備を含めた新都市化構想があり、ショッピングをはじめ、アミューズメント、ビジネスなど様々なニーズを包括したまちづくりが推進されていきます。これでは、名ばかりの羽田空港のハブ化などはとても太刀打ち出来ない!なお、今回の「視察」のメインは、このインチョン国際空港を見学すること。現地では空港職員に丁寧にご対応頂き誠にありがとうございました!カムサミダー!!
d0050503_225628.jpg
d0050503_22561946.jpg
d0050503_22563524.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-03-16 22:56 | プライベート

韓国ソウルツアー#1

先週末は静岡空港からの韓国・ソウルへのツアーに行ってきました。この企画は、沼津商工会議所青年部の研修事業の一環であり、出発は地域振興も兼ねて、初めての静岡空港から。近くてクルマで渋滞なしの利便性を期待していましたが、まさにその通り順調で、朝7時に出て9時前には倒着、11時45分発までの間、相当待つことに!どうやって時間を潰そうかと探索しましたが、ショップはおみやげ品を扱うところがひとつ、フードコートも一応「魚がし寿司」のメニューもあるものの、実質はハンバーガーショップ程度のもののみで、長時間ゆったりと過ごす雰囲気&メニューではありませんでした。地方空港のレベルとしてはあの程度かもしれませんが、華やかな他空港のイメージがあったため、やや残念!そして、いよいよソウルへ~続きは明日!
d0050503_23502195.jpg
d0050503_23503630.jpg
d0050503_23504679.jpg
d0050503_23505754.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-03-15 23:50 | プライベート