沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


ユーシンが社長を募集

自動車部品メーカー、ユーシンが社長を募集しています。大企業では珍しいことですが、創業者経営の限界に直面しての賢明な判断かもしれません。実はこの経営者の後継者問題は日本経済では深刻で、中小企業の8割以上が後継者がいない(決まっていない)という調査結果があったかと思います、沼津市も中小企業が多いのですが、地域経済維持のためにも、真剣に後継者問題に取り組む必要があります。
---------------------------------------------------------
東証1部上場の自動車部品メーカー、ユーシンが、新聞広告を通じて社長を公募することを明らかにした。
条件は、1.30~40代、2.英語が堪能、3.優れた経営手腕を備えている、4.365日世界を駆け回る人物という。待遇は年収3500万円以上となる見込み。
上場企業が新聞広告を通じて社長を募集するのは極めて異例だが、いまの会社で才能を発揮できていない社員には、一気に社長の立場を手に入れるチャンスかもしれない。
ユーシンは今後のグローバル展開に英語力が不可欠だが、現在の幹部に適任がいないという。
このためな英語力を備えた30~40代を広く募集する。
募集は8月10日までで約1カ月かけて選考し、10月に採用。
来年2月に取締役に就任し、平成23年11月期中に社長に昇格する段取りという。
なお、現在の田辺耕二社長は健康に不安があるため23年11月期中に退任し、その後は会長か顧問に就任するという。田辺社長は14日、採用する社長の待遇は年収3500万円以上との考えを示した。
[PR]

by katomotoaki | 2010-07-30 08:32

浜松市議会8減 9月議会に提出

人口80万を越えるの政令指定都市・浜松市の議員定数は当初懸案の最大値である8減の46人とする見通しとのこと。人口21万人を割り込んでいる沼津市は34名の定員をわずか2減の32名で議決。定員減不要または2減で良しとする議員が過半数となった今の市議会は、世の流れ、経済環境、市民の気持ち・感覚をまったく理解していないKY状態です!
--------------------------------------------------------------
07月27日Asahi.comより;
浜松市議会の議会運営委員会は26日、現在54の議員定数を8削減し46にすることを賛成多数で決めた。議員提案の議案として9月定例会に提出する。可決される見通しで春の統一地方選から適用される見込みだ。
 削減案は市内7区のうち中区のみ2減、他の6区は1減とする内容。各区の人口案分を基本に、広域な面積を持つ天竜区は2減となるところを1減にした。これにより各区の新しい定数は中区14人、東区7人、西・南区各6人、北・浜北区各5人、天竜区3人となる。
 市議会は今年1月から、非公開の議会改革検討会議で議論を重ねてきた。この日は自由民主党浜松、創造浜松、改革はままつ、市民クラブが46人案を、公明党が50人案を提案。日本共産党浜松市議団は削減自体に反対した。
 第2次市行財政改革審議会は昨夏、意見書の中で議員定数削減について触れ、少数精鋭を求めていた。
[PR]

by katomotoaki | 2010-07-29 12:42 | 政治・総務・経済

ふくSee!

9月25日(土)沼津市中央公園にて開催!全員集合!!
d0050503_1144051.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-07-28 11:44 | ボランティア

昭和5年の日本地図

先日お伺いしたお宅で雑談していたら、近代史の話になり、ご主人が見せてくれたのが「昭和5年日本地図」。地図の赤い部分が日本を示すが、現状とは異なり、朝鮮半島、北方4島、樺太、そして台湾までが赤!朝鮮半島の上には満州国が存在している。昭和5年時点で学校教育に使われたものであるが、すごくキレイな保存状態であり、大変貴重なものを見せて頂き感動しました。
この地図には大きな価値があり、これ1枚で、日本の近代史や国際政治、植民地政策など多くのことが語られることが出来ます。子どもたちへの教育に是非活用して頂きたい!
d0050503_815865.jpg

続いて出てきたのが、ほぼ同時期くらいの日本の旧鉄道省が出した路線図!注目は、朝鮮半島から満州、現中国に至り、また台湾にも延伸した路線の長さで、この日本が興した路線が今現在でも大きな役割を負っています。日本の近代史における自虐的歴史観という言葉を最近よく聞くような気がしますが、日本が東アジアにおいて果たしてきた功績についても、しっかりと認識することが大切です。
d0050503_820774.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-07-27 08:20 | プライベート

阿久根市長、専決で副市長…裏金告発の元警官

阿久根市の竹原市長はいよいよ副市長の任命も専決処分で決定してしまったとのこと。NHKの全国ニュースでも報道され、いったいどこまで行ってしまうのか??という状況に。これまでも地方自治法の想定外の専決処分などを行ってきましたが、県知事などからの是正勧告を受け入れる様子もありません。市民の生の声を聞いてみたくなってきました!
---------------------------------------------------
阿久根市長、専決で副市長…裏金告発の元警官
 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は25日、空席だった副市長に愛媛県警の裏金作りを内部告発した元同県警巡査部長の仙波敏郎氏(61)を充てることを専決処分した。
 竹原市長は今年4月以降、議会を招集せずに職員らのボーナス半減や市議の日当制導入などを相次いで専決処分し、議会との対立が続いている。
 地方自治法は副市長の選任には議会の同意が必要と定めており、専決処分による幹部人事は新たな火種となりそうだ。
 仙波氏は2005年、愛媛県警の裏金作りを実名で内部告発。09年に退職し、現在は各地で講演活動などを行っている。
 専決処分での選任について、仙波氏は「違法とは断定できない」と説明。一方で、市長が、市職員の懲戒免職処分取り消しを命じた判決に従っていないことには「判決には従うべき。市長とは是々非々の関係でいく」と述べた。
 竹原市長は初当選後の08年9月、退職した副市長の後任に民間人を充てる選任案を提案したが、議会は「民間出身の市長の補佐は行政経験者が適任」と同意せず、空席が続いていた。
[PR]

by katomotoaki | 2010-07-26 17:55

政務調査費で推理小説や観光ガイド 

福岡市議会の木村幾久議員(58)=社民、早良区選出=が、2009年度の政務調査費で推理小説や観光ガイド本などを購入していたことが朝日新聞の取材で分かったとのこと。木村氏は「以前から政務調査に関係ない本を買っていた。市民に申し訳ない」と話し、来春の市議選の立候補を取りやめる意向を明らかにしたそうです。
政務調査費は給与とは別に議員ひとりあたりに支給されるもので、その自治体により支給額は異なりますが、沼津市議会は月当たり4万円、年間48万円、政令市の福岡市ならば月に10数万円にのぼるものと思われます。県議会議員になると、これが一気に月当たり50万円近くに。
使途については、政務に関することであれば各会派や議員の裁量に任されており、会派などでは半分くらいをプールして各種視察費用などに充て、残りを各議員の個人使途にあてているケースが多いものと思います。
政務調査費の使途については、近年厳しい目が向けられ、静岡県議会などもこれまで領収書等での報告がなかった(!)ものが領収書含め公開となるなど変化してきていますが、まだまだ詳細の監査が適正に行われているかについてはマチマチだと思います。
杜撰な使い方がないように、更なる情報公開が求められています!
[PR]

by katomotoaki | 2010-07-24 12:31

20カン980円はスゴいけど…

今日のランチは車でわざわざ駅前のイーラdeに行き、魚がし寿司で20カン980円を食すことに。さすがにボリュームがあり満足でしたが、精算の際に駐車券の割引券をもらおうとしたら「2000円以上でないと無料券は出ません…」。ふたりで1700円くらいだったので、あともう少しと思い、「他で買い物をして合計で2000円を超えれば良いの?」と聞くと、「はい、静鉄ストアの地下1階のサービスコーナーで請求すればもらえます!」とのことだったので、静鉄ストアでわざわざ買い物をして(950円くらい)サービスコーナーにもっていくと「1店舗で2000円以上でないと出ません…」とのこと!なんだよ、全然違うじゃん!!と怒りたくなりましたが、その女の子が悪いわけでもないので、そのまま諦めてパーキングに戻り、結局300円を払って出ることに。
問題は、経営面でさんざん問題を指摘され、なかなか改善が進まないイーラdeですが、大きな課題のひとつである駐車料金負担の減免について、いまだにこんな杜撰なマネージメントをやっているという事実!店舗により解釈が違う基本的な情報統制が出来ていないことに加え、全店合算額で無料券(割引券)を出すのが客側からは常識であることの常識がない事実。即改善お願いします!
d0050503_225073.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2010-07-22 22:50 | プライベート

地域懇談の集い

昨晩、第五地区コミュニティ推進委員会主催での「地域懇談の集い」に出席してきました。第五小学校、中学校の校長はじめ先生方も出席され、小グループに分かれて、主に子供たちの地域教育について意見を交換しあいました。全般的に、現在の子どもたちの快活さの無さや、地域の中でコミュニケーションを取り合い、遊ぶことが出来る「場」の少なさなどを指摘する声があった一方、あまりに子どもの数が減少してしまって行事などもままならないことから、自治会や子供会などのコミュニティ規模のあり方について、近隣の町内などで合併を進めるなどしていくべきであるという抜本的な体制整備に向けた提言もありました。
いずれにしても、地域力、地域教育のレベルを高めていくためには、まずはこのような大人レベルでの懇談の場、すなわち顔を合わせて一緒に考える機会を増やし、問題意識を共有して変革していくエネルギーを形成していくことが一番基本になると思います。次回の開催を期待しております!
[PR]

by katomotoaki | 2010-07-22 09:51 | 建設・まちづくり・防災

さわやか上高地!

日本屈指の景勝地として根強い人気の上高地に(初めて!)行ってきました。行く前から、何度行っても素敵!との声を多く聞いていただけに期待値大!よみうり旅行のバスツアーで朝7時半に沼津駅発、富士、富士宮で更に客をピックアップして中央道経由上高地へ。昼食は車内でお弁当で済ませ、12時半過ぎには上高地手前のシャトルバス乗り場へ。ここで乗り換えて約30分、ようやく上高地の入り口、大正池へ。自由時間はちょうど4時間でしたが、この4時間というのは大正池から一番奥の明神池まで行って中間地点にあるバスターミナルまで戻れる標準的な時間とのこと。もちろん明神池を目指すべく、妻とふたり元気よくスタート!
すると…すぐに面前に拡がる大正池の絶景に感動!なんとも言えない自然の偉大さ!
d0050503_21212832.jpg

田代橋までは涼しく快適なマイナスイオン溢れる緑道をサクサクと…
d0050503_21232189.jpg

田代橋から、これもチェックを入れておかなければいけない上高地帝国ホテルへ。いやー、1回のんびりと泊まってみたい!特製カレー2000円、ディナー1万5千円~の世界ですが…
d0050503_21273594.jpg
d0050503_21274626.jpg

バスターミナルに近く一番多くの人が集まる河童橋はごった返しておりました!
d0050503_213087.jpg

d0050503_2281119.jpg

河童橋からはひたすら明神橋&明神池を目指し林道を約1時間もくもくと歩き到着!これまた神秘的でもある美しさ!!
d0050503_2284879.jpg

d0050503_229108.jpg

d0050503_21314482.jpg
d0050503_21315950.jpg

そして明神池のすぐそばにある嘉門次小屋にてようやく休憩。我慢できずにビール&スモークチーズ&いわなの塩焼き(頭から食べられます)を食してしまいましたが、これまた最高!明神池まで根性出して行った甲斐がありました。
d0050503_2135794.jpg
d0050503_21351867.jpg

30分ほど休憩の後、集合場所のバスターミナルに向かい、ジャスト4時間で到着することが出来ましたが、かなり早いペースで廻らないと全部を見ることは不可能ですので、もし時間的な余裕がない場合はコースを吟味したほうが良さそうです。
しかしながら、天候にも恵まれ、上高地独特の自然のままの素朴な美しさや穂高連峰をバックにしたスケールの大きな景色を堪能することが出来、素晴らしい1日でした。なんでも実際に行ってみなきゃわかりませんねえ!
しかし、これって、世界遺産レベルでないの??というのが正直な印象!富士山を世界遺産にするよりも環境保全に完璧な取り組みをしているなど、より分かりやすいと思うのですが…!
[PR]

by katomotoaki | 2010-07-19 22:10 | プライベート

朋有り遠方より来る

「子曰く、学びて時に之を習う、亦よろこばしからずや。朋有り遠方より来る、亦楽しからずや。人知らずしていからず、亦君子ならずや。」~これはあまりに有名な論語「学而篇」の「学問のよろこび」です。
今日は昼前にに突然大学時代の友人から電話が来て、「今沼津にいるんだけど…」。なんと20年ぶりくらいの再会!お互い年月を重ね、ライフステージも変わり、あまり変わっていないように見えてちょっと歳をとり…
もともと四国・松山出身の彼は、現在も故郷でサラリーマンをしていて、東京へは年に何度も来ているものの、沼津へは学生時代以来!電話がかかってきたのは沼津港からでしたが、当時はまるで店がなかったのに、その隆盛ぶりにびっくり!一方で、駅前の寂しさには…。
短い時間でしたが、「学問について志を同じくする友達が遠方より来て学問について語り合う なんと楽しいことではないか!」~少々ニュアンスは違いますが、会えて良かった!しっかり後半の人生を歩もう!!
[PR]

by katomotoaki | 2010-07-16 21:39 | プライベート