沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧


港食堂→Wine&洋食ダイニング店へ

沼津港新鮮館の中の「港食堂」の料理を2年前のオープン当初より担い、繁盛店に育てあげた務台くんが本日で退職されるとのことで、ランチに彼の最後の「美味」を食してきました(マグロカマ&ひつまびし!)。

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-31 15:15 | プライベート

「地震・津波」~沼津市防災講座~

先週の土曜日に市民対象の沼津市防災講座の第1回目が行われました。定員500人の文化センター小ホールはほぼ満席となり、市民の関心の高さを伺わせる状況。

演題は「奥駿河湾を襲った地震・津波検証:明応・宝永・安政東海地震」。講師は東京大学地震研究所の都司准教授。

これまでの駿河湾関連の大地震の様子などをこれまでの知見から解説、一番規模の大きかった1498年の明応東海地震が死者2万6千人(当然防潮堤など無し)、沼津では江梨で10.9mの津波高であったとのこと。

まとめとして、これまでの石橋説と呼ばれている1970年代提唱の駿河湾沖での東海地震説は現時点では既に誤りであり、今後は過去の地震周期等から推計して、東南海地震と駿河湾地震が連動して起こる地震の可能性が最も高く、これに備えるべきであり、直近では起こらず2035年頃発生すると明言されました!
ちなみに、津波高は現在の第3次被害想定をやや上まわる6m程度でありとのこと。
あと25年後だとすると、自分は70才代??いやー、安心は禁物でしょう…!
d0050503_9465363.jpg
d0050503_947483.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-30 09:47 | 建設・まちづくり・防災

子どもたちの「だがしや楽校」!

昨日は三嶋大社での「だがしや楽校」にセラピードッグサポートクラブとしての参加依頼があり、動物愛護のための塗り絵コーナーと、セラピードッグの書籍や水風船ヨーヨー、スーパーボールの販売を行うブースを出店しました。

このイベントは、三島の異業種交流会スクランブルフォーラムの主催。子どもたちに何らかの「仕事」をしてもらい、そのお駄賃として「カバゴン券」を配布、それを貯めて駄菓子に換えることで、社会の経済活動の基本を学んでもらおうというものであり、学校教育などには無い素晴らしいコンセプトのイベント。(開催4年目)

晴天の下、何千人もの小学生が集結。楽しそうに様々な「仕事」にトライ。当クラブでは、動物愛護の十戒を読んでもらい、「塗り絵」をする仕事をしてもらいました。
子どもたちは塗り絵大好きなので、すぐに長蛇の列!用紙が足りなくて途中プリントするのに自宅に戻ったほど。また、物販ブースでも本他の販売も手伝って頂き大盛況でした。

東京では同様のコンセプトのキッザニアが大盛況ですが、今回のように、工夫次第で子どもたちの学習体験がお金をかけずに、施設がなくても十分楽しく、効果的に出来るわけで、このような試みは是非沼津市内でも実施して頂きたいと思います!校区単位でも出来ますよね…!
d0050503_9201329.jpg
d0050503_9202239.jpg
d0050503_9203630.jpg

d0050503_9244096.jpg

d0050503_921279.jpg
d0050503_9212095.jpg
d0050503_9213195.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-29 09:25 | 福祉・教育・環境

鹿島市のソーラー発電事業

民間企業と共同で推進している茨城県鹿嶋市の太陽光発電事業の状況を視察してきました。
鹿島市は、アントラーズのホームであるカシマスポーツセンターや、市役所、介護施設、学校等の市有施設の屋上、屋根に順次ソーラーパネルを設置し、住宅用パネルの200軒分にあたる682kwの出力を得ています。
この事業は民間事業者のファンド資金を活用しているので、鹿島市の負担はゼロ、発電機械設備に賦課される固定資産税収入を市の収入として得ることが出来、また、災害時の停電時などには独立の電源をこれにより確保することが出来ます。

沼津市の小中学校に昨年ソーラーパネルが設置されたものの、独立電源はなく、停電時にはソーラー発電の電力を使用することは出来ないが大きな問題。
また、あれは国の単発経済対策事業であったため、今後の拡大は別課題。

これらの点から、再生エネルギー法案の通過、詳細な運用規定の整備を見据え、今回の鹿島市のような先進事例を沼津市も取り入れるべきと考えます。進取の精神で市政運営を!
d0050503_816424.jpg
d0050503_816137.jpg
d0050503_8162187.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-28 08:16 | 建設・まちづくり・防災

日枝神社大祭&地域福祉の向上

来月9月23日(金)秋分の日は日枝神社大祭!今年はより集客を計るため、ボランティアメンバーで従来計画の再考を行い、JAなんすん平町支店さんにも参画頂いて新鮮野菜の即売や、敷地を借用して出来たてパンやひもの等販売、まぐろの解体ショウ、更には公園ではフリーマーケットも行う計画としております。

もちろん、歩行者天国でのパフォーマンスについても、これまでの神輿や太鼓演奏等に加え、ぬまづ連による阿波踊りも登場し、華やかな雰囲気となることでしょう。

このような地域の核となるスポットやイベントを大事に盛り上げていこうと考えるのも、これからの少子高齢化を見据えてのこと。福祉のみならず防災も含め、今後地域の絆や力量が問われることになります。

その点からは、今年沼津市でもようやく開所となる「小規模多機能型居宅介護事業所」(=名前長すぎ!)は、25人以下利用者で、デイサービス、短期入所、訪問介護に加え、自立支援法の適用となる障害者も短期入所出来るようになり、日頃の生活圏での福祉・支援サービスを気軽に受けられるであろうことから、今後の地域のキーステーションとして注目していきたいと思います!
d0050503_20452192.jpg

d0050503_2055255.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-24 20:45 | 福祉・教育・環境

再生エネルギー法案&ソーラーパネル問題

衆議院で菅首相が退陣の条件のひとつとしていた再生エネルギー法案が衆議院を通過した模様。
今後、具体的にどのような施策で普及に務め、電力会社の買い取り制度の再構築を含めた法整備をしていくかが重要ですが、そこで気になったのが、昨年度に沼津市民の間でも疑惑を生んだ市内小中学校へのソーラーパネル設置事業。
直接見たことが無かったので、第5小学校、第5中学校の状況を確認してきました。
5小では校舎屋上一面にフラットに敷き詰められ…但し、集光部分はパネル形状でなく、蛍光菅のような円筒状。これが、あのコストの高い米国ソリンドラ社製品…。
d0050503_173361.jpg

そして、設置は確かに屋上面に固定しておらず、浮き上がり防止のバーが張り巡らされ…
d0050503_17332081.jpg

しかし、見回してみると、すべての校舎全部に設置されているのではなく、1棟のみ設置でまだ余地あり。
これですべての校内電力は賄えていないとのことですから、どうせならもっと張ればよかった??
d0050503_17404490.jpg


ちなみに、5中の屋根は傾斜のあるペントルーフ型のため、京セラ製のパネルが南面に設置されているのみ。
d0050503_17414396.jpg


今後は再生エネルギー活用が加速するので、更なる拡張の可能性もありますが、地震避難対策との兼ね合いもあり、屋上活用は地区ごとに整理する必要があります。
しかし、現状、停電時には電気を変換するコンデンサーも切れてしまうことから、地震災害時にはほぼ使えないのは問題。せっかく設置したのだから、今後は当然考えるべきと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2011-08-23 17:46 | 政治・総務・経済

地震対策に関する補助金

3.11の東北大震災以降、防災意識の高まりからか、地震に対する補助制度への問い合わせを頂きます。
大きくは、1)家具転倒防止、2)自主防災組織を育成・強化、3)耐震化促進となっており、
1)家具転倒防止→高齢者世帯への固定費用全額補助
2)自主防災組織を育成・強化→防災倉庫、消化器等資機材の整備に対し1/2~1/3補助
3)耐震化促進→家屋の耐震診断(無料)、耐震補強に40万円助成、ブロック塀撤去・改善に1/2で10~35万円補助
などであります。
これらについては、東海大地震の際には津波以前に住宅倒壊が多いことを考えると各自の責任で早めの活用、対策をして頂きたいと思います。S56年以前の旧建築基準の木造住宅が12000棟も沼津市にはあります!
[PR]

by katomotoaki | 2011-08-22 17:05 | 建設・まちづくり・防災

空き地・空き屋対策

昨日早朝、近所の空き地&庭木の草取りを友人とボランティアで敢行。シルバー世代ご夫婦のみの世帯を訪問した際に、玄関先から道路側にかなりはみ出して繁茂している庭木が気になり、伐採をしましょう!ということで実現。

近所に20坪ほどの空き地も所有していて、そこの雑草もついでに伐採を頼まれたので行ってみると…身長ほどもある雑草というより樹木に近いほどの太さに育った草木が繁茂…事前に草刈り機を手配しておいて良かった~

この後、自宅の植栽もキレイに間伐し、約2時間ほどで終了。良い汗をかかせて頂きました。
しかしながら、沼津市内も高齢者のみ、または高齢者独居世帯(ひとり暮らし)がかなり増加。確か、全世帯数の10%以上になっているかと思いますが、今後更に増加することは必至であり、また、空き家、空き地が増加していくことでしょう。
このことは、地域コミュニティ活動の観点からも深刻な問題であり、また治安上も大きな課題となります。

数年前より、このような状況を鑑み、市街地周辺など都心居住を進めるコンパクトシティ構想が国でも提唱され、20年後には高齢者比率40%を超えるであろう超高齢化社会に備えようとしており、沼津市でも中心市街地基本計画を再策定、鉄道高架を含む沼津駅周辺整備事業を進めています。

一方、親世代の不動産などの財産委譲を加速させ、住宅・宅地の社会的な回転、有効利用を進めるような生前贈与を後押しする相続税等の国による改正も急務。早く取りかからないと、空き家、空き地ばかりになってしまいます!
d0050503_872194.jpg
d0050503_873214.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-19 08:08 | ボランティア

三島の夏祭り!

昨日まで3日間、三嶋の夏祭りが行われ、三嶋大社~広小路はもの凄い熱気に包まれました。
自分も2日目の神輿に参加。ここは、あれだけの担ぎ手(200名以上)が集まるにも関わらず、神輿は1基のみ!遠慮、躊躇していたら、いつまでも担げません!

また、広小路は適度な狭さのため、沿道の人波がとても近く、このことが担ぎ手の熱気に拍車をかけます。祭りとしての一体感とでも言いましょうか…
d0050503_7354044.jpg
d0050503_7355017.jpg
d0050503_7361219.jpg


沼津のみでなく、三嶋の人達と神輿を担ぎ、地域を盛り上げることはとても楽しい!かなり無理矢理に担ぎに入るので、喧嘩になりそうなこともしばしばでしたが、最後の宮入では返って心がひとつになった気がします。
三島市も事業仕分けを導入するとの記事がありましたが、費用対効果ばかりを追求して、賑わいづくりや地域力向上に寄与する祭りを縮小することのないようにお願いしたいと思います!
d0050503_7404614.jpg
d0050503_740559.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-18 07:41 | プライベート

戦争という過ちを繰り返さないように

昨日は太平洋戦争終結から66回目となる終戦記念日。全国各地で慰霊祭が行われたことと思います。沼津市でも文化センターにて行われ、遺族会の皆さんに加え、国会、県会、市会の各議員、各連合自治会長などが来賓として出席。
しかし、遺族の高齢化などにより、毎年出席者が減少しており、大ホールでの開催でしたが、かなり空席が目立つ状況。
あの悲惨な戦禍を忘れず、後世に語り継いでいくことが大事ですが、小中学校での歴史教育において、自虐史観を改め、適正なる太平洋戦争を含めた近代日本史を学んで頂きたいと思います。

*自虐史観(じぎゃくしかん):太平洋戦争後の日本の歴史学界において主流であった歴史観に、自国の歴史の負の部分をことさら強調し、正の部分を過小評価し、日本を貶める歴史観であるとの評価を持たせて、これを否定的に表現する場合に用いられる呼称である。

d0050503_7294959.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2011-08-16 07:30 | 福祉・教育・環境