沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


富士山世界遺産センターは富士宮に!

今朝の日経新聞朝刊に富士山の保全や情報発信の拠点となる「富士山世界遺産センター」を富士宮市の浅間大社近くに建設することを県が発表したとの記事が掲載されました。

富士山の構成資産が多く、富士山へのアクセスも良好なことから9候補地の中から選定されたそうですが、富士宮やきそば&B1グランプリの超人気化以降、富士宮市の市勢は右肩上がりのように感じます。

沼津市も、海越しの富士山がステキな戸田の旧国民宿舎跡などを視野に、候補地に名乗りを上げていましたが、選ばれることはありませんでした。

世界遺産センターについては、主要施設は1か所で良いですが、せっかくの地域振興のネタですので、周辺各地にそれぞれの特色を活かしたサテライトセンターを配置するのも良かったのでは、と思います。

戸田地区については、地区センター機能も包括した「活性化センター」の建設工事は迫っていますが、地元からは誘客となるほどの機能が十分に具備されていないとする声も根強いと聞きますので、市単独でも富士山をテーマにした観光・学習機能を導入することも検討すべきと思います~。
[PR]

by katomotoaki | 2013-08-31 08:58 | 福祉・教育・環境

命の大切さとセラピードッグの活躍~

来月22日(日)に三島市の静岡県総合健康センターにおいて、国際セラピードッグ協会の大木代表による「命の大切さとセラピードッグの活躍」講演会を行います。

当日は、セラピードッグたちも同行し、デモンストレーションも行う予定。三島市での講演会は初めてとなりますが、三島市の加和太建設株式会社の協賛により実現。三島市長によるご祝辞も頂きます。

これに先立ち、同日の午前10時より、沼津市の老人福祉施設「ヒルズかどいけ」へのセラピードッグたちの訪問活動も行います。関心のある方はご連絡下さい!
d0050503_9581077.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2013-08-30 09:58 | 福祉・教育・環境

新市民体育館建設の候補地はどこか?

先般ご報告しました新しい市民体育館の建設に向け、一番大きな課題となる建設地の選定が市議会でも賛否両論、議論を呼んでいます。現状の候補地は以下4案ありますが、自分としてはB案=香陵運動場が良いと考えています。

現在、西武百貨店の撤退後、沼津駅南口方面の衰退は著しくなっていますが、人々が回遊する拠点となる体育館は活性化に寄与することは間違いなく、また防災の観点から、南海トラフ巨大地震の際に大きな被害を受ける南部地域において、避難所等防災拠点にも使える機能を付加させることも出来るため、総合的に勘案してB案がベストとの判断です。

課題は、現香陵運動場はサッカーやグランドゴルフなど、幅広い市民スポーツに使われるている現状から、当然代替地の補完策が必要ですが、この目途は立っておらず、今後の当局の対応が注目されます。現時点での施設の基本構想、候補地は以下の通りです。

・現市民体育館、勤労者体育センター、香陵武道場の機能を統合、全国大会開催レベル
・継承機能:メインアリーナ(バスケ4面)、サブアリーナ(2面)、武道場、弓道場、卓球場、トレーニング室、   
 狭く少ないと不評の駐車場は250台+大型バスへ(現状70台)
・新規機能:ランニングコース、ダンススタジオ、子どもトレーニング室、ランチルーム、防災機能など
・延床面積:15720㎡(←10630㎡)、敷地面積:14720㎡(←10032㎡)、
・メインアリーナ:3000㎡程度(←1939㎡)
・建設候補地=4案
A;現市営野球場、 B;現香陵運動場
C;現市営球場に生涯スポーツ・健康づくり機能、愛鷹運動公園に競技スポーツ機能を分割移転
D;現市民体育館に生涯スポーツ・健康づくり機能、愛鷹公園に競技スポーツ機能を分割移転
・H25年度中 基本計画決定、設計:H27&28年、建設:H29&30年
[PR]

by katomotoaki | 2013-08-29 06:14 | 福祉・教育・環境

旧西武新館の跡利用!

今朝の静岡新聞に旧西武新館の動向について記事が掲載されました。アミューズメント、物販、飲食の複合テナントビルとなるとのことであり、年内にはリニューアルオープンする見込み。

閉店後の沼津駅南口は、特に週末には買い物客がゼロとなり、閑散としてしまっており、この点からは早期にシャッターが開くことは大歓迎ですが、問題はビル内のテナント構成がどのようになるのか。
市民の皆さんからは、ファッション、雑貨関係などを希望する声を多く頂きますが、これからの数か月で是非とも魅力的な店舗が入店して頂けることを願っています!
d0050503_10415437.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2013-08-27 10:42 | 建設・まちづくり・防災

2013三島だがしや楽校!

昨日は朝から雨天でありましたが、予定通り三島大社でのだがしや楽校が開催されました。午前中こそ、雨天により子どもたちの出足は鈍かったのですが、昼前からは雨も上がり、結局多くの子どもたちが詰めかけてくれました。

当クラブも3年目の参加となりましたが、今年は動物愛護啓発に向けて、「どうぶつクイズ」を子どもたちに行って頂き、クイズ終了したらカバゴン券3枚をあげるという「仕事」をしてもらうことに(最終的には券をお菓子に交換)。

質問内容は以下の通りでしたが、最後の質問=「もしあなたが犬だったら、どんな飼い主さんに飼ってもらいたい?」には、「豪華な家で美味しい食事の出るうち!」など、正直で笑える回答も…

子どもたちに「仕事」の意味を楽しく理解させるこの素晴らしい試みは、来年以降も長く続けて頂きたいと思います!
-------------------------------------------
①犬(いぬ)が舌(した)をだして、はぁはぁしているのはどうして?
こたえ  A おなかがすいているから
      B 汗(あせ)をかかないから、体温(たいおん)があがりすぎないようにしている
      C はぁはぁすると、楽しい(たの)から 

②犬(いぬ)の足(あし)の裏(うら)にある、黒い(くろ)ぷにぷにしたものはなあに?
  こたえ  A にくきゅう  B やきゅう     C たっきゅう

③ことわざの問題(もんだい)です。 「犬(いぬ)も歩けば(ある)○○にあたる」 ○○ってなあに?
  こたえ  A 棒(ぼう)      B 石(いし)        C ねこ

④人間(にんげん)の1歳(さい)は、赤ちゃん(あか)ですね。 大きい(おお)犬(いぬ)の1歳(さい)は、人間(にんげん)にすると何歳(なんさい)かな?
    こたえ  A 1 歳(さい)     B 3 歳(さい)       C 12 歳(さい)

⑤世界中(せかいじゅう)に、犬(いぬ)の種類(しゅるい)はどのくらいあるかな?
   こたえ  A 10種類(しゅるい)    B 100種類(しゅるい)     C 800種類(しゅるい)

⑥あなたが知って( し)いる、犬(いぬ)の種類(しゅるい)を書いて( か)ね。

⑦もしあなたが犬(いぬ)だったら、どんな飼い主(か  ぬし)さんに飼(か)ってもらいたいですか?

d0050503_10312128.jpg
d0050503_10313189.jpg
d0050503_10314974.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2013-08-26 10:33 | 福祉・教育・環境

人と動物のより良い共存~

昨日、公益財団法人「動物臨床医学研究所」を訪問、理事長にお会いしてきました。この財団は、沼津市西浦の伊藤忠商事から寄付を受けた市有地に、動物愛護をコンセプトにしたセンターを市と協同で開設するとしてすでに新聞報道されています。

具体的には、殺処分前の犬など300頭、猫を100匹あまりを収容し、新たな里親探し、譲渡を行う予定とのこと。今後の進展は、市役所側にて策定中とのことでしたが、自分のセラピードッグサポートクラブでも同様の活動を行ってきており、そのほかボランティア団体とのネットワークもあることから、是非とも協同でこの地域の殺処分ゼロを実現したいと思います!
d0050503_8234164.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2013-08-23 08:23 | 福祉・教育・環境

原発は止めよう!

今日のトップニュースは福島第1原子力発電所の高濃度汚染水が外洋に流出した事故。東電はこれまで否定していた姿勢を一転し、漏えいを認めるという、またまた不信感が募る対応。

重大な問題であるのは、これら汚染水の原因や漏れた箇所などがわかっておらず、また流出後の対策案がないこと。現時点でも確実に福島の海を汚染し続けていることになります。

この原発事故発生以降、原子力を扱うことの難しさと、人類の英知をもってしても制御しきれないリスクの大きさを痛感してきましたが、ここまでくると、本格的に国の電力、原子力政策を大幅転換し、原子力とはオサラバする覚悟も必要だと思います。

原油価格が高騰する中、自然回生エネルギーへの傾注が政治的に急務ですが、一方で、猛暑の中、節水は話題になっても、今年は節電PRがないのは何故??原子力なしでも需給は定常的にオッケーということでしょうか…

来月に入り、福島に入り、全町避難の双葉町の皆さんの仮設住宅を慰問してきますが、怒りの生の声を冷静に聞いて来ようと思っています。
[PR]

by katomotoaki | 2013-08-22 07:26 | 建設・まちづくり・防災

医療分野の規制改革必要!

昨日の市立病院での事務局サイドとの懇談は大変有意義なものでした。病院経営への努力が具体的に伝わってきましたが、一方で、現行医療制度の下での、新たなチャレンジがなかなか出来ないことも理解できました。

例えば、患者中心の医療提供という観点からは、鍼灸診療や漢方処方なども有効性が従来より指摘されていますが、現在物議をかもしている通り、現行医療制度上では、医療保険対象外であり、混合診療が禁止されていることから、実施には至っていません。

これら以外にも、世界的には様々な療法が存在し、また徹底した食餌療法などもありますが、現場ベースではそこまでの研究を行うなどの余裕がないのが実態であり、研究費用が潤沢にあり、研究機関を併設している大学病院レベルが唯一可能。

いずれにしても、市立病院の医師には、学会等規定の枠組みの中での情報収集や研鑚のみならず、幅広い医療知識の習得に向けた院外研修への積極的参加を志して頂きたいと感じました!
[PR]

by katomotoaki | 2013-08-21 08:41 | 福祉・教育・環境

患者中心の医療とは??

今日は、経営改善が急務の市立病院を訪問し、事務局長他の皆さんとディスカッションの予定。先般、市民の方より、「患者中心の医療」を探求、実践している慶應義塾大学 看護医療学部 教授 医学博士 加藤眞三先生の実績についてお話しを頂きました。http://katos.at.webry.info

加藤教授からは以下アドバイス・仮案を頂いたとのこと。これらについて、病院側の実情含め議論して参ります。高齢化社会の急速な進展など、今後は市民にとって安心な医療の提供が最重要課題!

1:病院の現状を把握
 医師の技術の問題有無は? 
 医師・看護師の患者へ対する応対の問題の有無は?

2:病院院長の関心度・意欲はどうか?
  (患者中心の医療に対して) 
  
3:「肝臓病教室」=患者向けだが、
  他病院の肝臓専門医・管理栄養士・看護師も「聴衆」として参加。
  慶應病院(肝臓)が進める「患者中心の医療」を学ぶ。
  http://melit.jp/liver/index.html 
  
4:沼津市立病院 院長のご意向があれば、加藤眞三先生 自ら「患者中心の医療・慶応(肝臓)
  でおこなっている事をお話しにいらして頂けるとの事。
[PR]

by katomotoaki | 2013-08-20 06:49 | 福祉・教育・環境

郊外型大規模商業施設による中心市街地への影響

先に報道のあった市立病院東側への11万㎡にもなる大規模商業施設を市としても積極的に誘致しいたいとの方針が示されたことに鑑み、本日、沼津市中心市街地活性化協議会主催による「郊外型大規模商業施設による中心市街地への影響」と題した勉強会が開かれます。

講師は、ニュースステーションなどでコメンテーターも務める日本総合研究所主席研究員の藻谷浩介氏。藻谷氏は日本全国の疲弊する地方都市を歩き回り、まち再生、中心市街地再生の第一人者と言われ、沼津市にも何度も足を運んで頂いてます。

今日の講演は協議会主催であり、メンバー限定となりますが、8月から9月にかけても来訪頂く予定となっておりますので、是非とも市民の皆様にも拝聴頂きたいと思います。

ちなみに、昨日の日経新聞に藻谷氏の最新著書が紹介されていました。これも大変興味深い!
d0050503_837488.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2013-08-19 08:37 | 建設・まちづくり・防災