沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧


宮崎市アートセンター!

中心市街地のど真ん中に位置する再開発ビルの中に宮崎市のアートセンターがあります。主に3フロアに渡り展開、訪問した際には市内の小中学校の生徒5000名による絵画展が開かれており、バリエーション豊かな絵はとても楽しいものでした。この中から選ばれた特選の22点はどれも秀逸。これが、子どもたちの絵?と思わせる才能豊かな作品は、未来への大きな可能性をかんじさせてくれました。

アートセンターでは、このような展示を年間を通じて実施、開館から4年経過とのことですが、目標の年間11万人を上回る状況であり、アートの啓蒙に加え、中心市街地の活性化にも寄与しているとのことでした。

沼津市の中心市街地は疲弊の一途ですが、このような行政の夢のある施策展開が求められています!
d0050503_8573140.jpg
d0050503_8582852.jpg
d0050503_8583976.jpg
d0050503_8584670.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2014-01-31 08:59

日向市の鉄道高架&区画整理事業!

鹿児島市の後は、4時間近く電車に揺られて宮崎県の日向市に移動。ここでは、鉄道高架後の高架下および駅周辺の区画整理事業によるまちづくりの様子を視察。

日向市は宮崎市から電車で40分の距離、人口6万3千人ですが、従来より鉄道による南北分断が問題視され、連続立体交差化1.67kmを平成12年に高架事業に着手、平成20年に完成となりました。市民からの事業に対する反対はほとんどなし!
プラットホーム1本分ですので、沼津市の規模とは大分違いますが、事業費は78億円。国が半分、残りを県、市で負担。また、区画整理事業は17.6haを209億円をかけて推進。

日向市が素晴らしかったのは、これら事業のコンセプト創りを日向地区都市デザイン会議を設置し、著名な建築家の先生を中心に地元建築士を巻き込んでの勉強会を継続実施、一貫した景観づくりを可能にしたこと。これが行政主体だと、担当者がコロコロ変わり、ありきたりの整備になっていただろうとのコメント。
これにより、駅舎は県産材であるスギを多用、芸術的ですらありますし、市民のプライドもくすぐっているだろうなあ、と感じました。

駅前の広場はイベントなど市民活動に使える様に設計、常設のステージもデザインに組み込まれています。
また、景観重視の観点から、広間にはモニュメントなどは一切置かないことに。

周辺の区画整理では、街区ごとにエリアコンセプトを定め、店舗の外観や色、看板類なども地元内協議で決定、これにより、特徴のある街区が形成され、歩くのが楽しい雰囲気となっています。

日向市の規模でこれだけのことをわずか10年足らずで推進してきたことがとにかく立派!沼津は20年たっても高架化が全く進んでいない状況は、本当に機会損失であると、つくづく感じました。悔しい限りです!
d0050503_6461538.jpg
d0050503_6462662.jpg
d0050503_6463618.jpg
d0050503_646521.jpg
d0050503_647337.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2014-01-30 06:47 | 建設・まちづくり・防災

鹿児島マルヤガーデンズ訪問!

昨日より鹿児島に入り、市役所にて鹿児島市のシティプロモーションについて説明をいただきました。
鹿児島市は歴史的資産、観光資産にも恵まれ、また3年前の新幹線開通により、地域経済は絶好調にありますが、それを支えてきているのが鹿児島市を外部にアピールするプロモーション戦略。
東京事務所の活動などに加え、CM放送やさまざまな企業、メディアとのタイアップなどにより、多くの交流人口を呼び込んでいます。

平成24年度の宿泊客数は、約320万人!この数字の凄いところは、なんと、団塊世代の新婚旅行ブームだったピークの昭和48年の宿泊者数と同等であること!全国的にもここまで復活したところはなく、ちなみに熱海などはこの10年間で半減してしまっています。
細かなプロモーション戦略の積み重ねが功を奏していると思いますが、沼津市や県東部としてもぜひ見習いたいところです。

さて、次に訪問したのが、3年前三越の撤退後再生を果たした地元デパートのマルヤガーデンズ。ポイントは、地域コミュニティの取り込みであり、現在250ほどの団体、NPOなどがこの商業施設の中のガーデンと呼ばれる各種フリースペースを活用し、定常的な消費者の呼び込みに成功しています。
ガーデンは各階にあり、屋上などは公園緑化され、ミツバチを買いはちみつを採るプロジェクトまであります。
また、50年ほど経っている古い建物とは思えないほど店内は素敵にコーディネイトされ、30席ほどのミニシアターも完備!ここまでやれば、固定ファン層がつくだろうと思わせる素晴らしいプロデュース、ぜひ沼津でも参考にしたいと思います!
d0050503_7374286.jpg
d0050503_7381114.jpg
d0050503_7382959.jpg
d0050503_7384949.jpg

d0050503_681181.jpg

d0050503_69649.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2014-01-29 07:38 | 建設・まちづくり・防災

新春高齢者寿サロン~

昨日、日枝神社にて第五地区南の新春高齢者寿サロンが開催されました。天候にも恵まれ、予定数以上の参加者となり、急遽お弁当を追加することに…。
そんな中、自分も来賓として、簡単なご挨拶をさせて頂きました。話のポイントは、皆さんの健康維持のためにも外出機会を増やし、他人とのコミュニケーションを多く取り、前向きに生きて頂けるよう地域として様々な場創りを行っていきます、ということ。
具体的には、今年で4回目となる3月30日(日)の日枝神社での東北支援チャリティバザーへのご協力、ご参加をお願い致しました。桜満開の中での皆様との再会を楽しみにしております~!
d0050503_82205.jpg
d0050503_823219.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2014-01-27 08:02 | 福祉・教育・環境

平成26年度「敬老の日」行事対象者の年齢を引き上げ~

平成22年に敬老行事見直し検討会を設け提言を受け、敬老行事は重要であるが、現役意識の変化や高齢者数の増加などから、対象年齢を70歳から75歳に引き上げることが妥当とされたことを受け、周知期間を設け、来年度から75歳以上とすることとなり、先日の自治会連合会との議会報告会で民生病院委員長として報告させて頂きました。。

対象者数は、H26年度:70歳以上=40,426人、75歳以上=26,717人でしたが、H32年度の推計では:70歳以上=45,166人、75歳以上=30,320人となり、今回の改定で対象者数は減少となります。

開催方法は、現在の文化センターでの中央開催中心から、地域の特色を活かした地区開催としていくことも示されています。

また、祝金、祝品の贈呈は現行の考え方を継続することに。いつまでも健康長寿で頂ける様、切望致します!
[PR]

by katomotoaki | 2014-01-24 08:02 | 福祉・教育・環境

国際セラピードッグ協会被災犬シェルター!

国際セラピードッグ協会の千葉県松戸市にあるトレーニングセンターをNPOしずおかセラピードッグサポートクラブメンバー9名で訪問してきました。
これまで何度も訪問していますが、今回は福島第1原発事故により被災犬となった犬たちのレスキューを目的とした犬舎の建設が進んでおり、その状況を確認することを目的に訪問。
これまでの施設の隣の土地を地権者の善意により借用し、約30頭の犬たちを収容できるように進められ、犬舎の中の仕切り用のフェンスは、昨年大木トオル代表の講演会を招へい頂いた三島市の加和太建設が提供。
皆さんの善意で不幸な犬たちに第2の犬生を贈れる様、一歩一歩前進しています!

トレーニングセンター訪問の後は、ランチを兼ねて、昨年お台場のヴィーナスフォート内にオープンした「チロリカフェ」を訪問。美味しく、リーズナブルなランチを堪能してきました。売上げの一部はもちろんセラピードッグ育成基金となります!
d0050503_7353591.jpg
d0050503_7355221.jpg
d0050503_736225.jpg
d0050503_7361323.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2014-01-22 07:36 | ボランティア

「永遠のゼロ」は高校生以上の若者は是非観るように!

昨晩は、ようやく話題の映画「永遠のゼロ」を観ることが出来ました。太平洋戦争中の日本海軍不遇の特攻パイロットを題材にした映画。

司法試験に失敗し、またにアルバイトをするだけの怠惰な生活を送っている26歳の健太郎と4歳年上の姉でフリーライターの慶子が特攻隊員としての亡き「祖父」のことを調べることから話は進展していきます。当初、戦友たちからは「臆病者」と罵られていた祖父は、実は家族、大切な人のために命を大切にしようと奮闘し、戦友の命さえも助けていたのでした…。

この映画は、太平洋戦争で4000名以上の若者たちが特攻隊員として命を落としていますが、その極限までの悲惨さを鋭く描き、不戦の誓いを新たにするとともに、今、家族と平和に暮らしている我々、そして日本という国は、無念の想いの先人たちの犠牲の上に成り立っていることを痛感させられます。

昨晩は20時半からのレイトショーでしたが、あんなに観客が入っていたこともなく、また若い世代のカップルが多かった点は、原作を含め、この映画のインパクトを如実に語っていたと思います。是非ともこれからの日本を担う高校生以上の若者は鑑賞してもらいたいと思います。きっと次の日からの生き方が変わるでしょう!!
d0050503_911748.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2014-01-19 09:01 | 福祉・教育・環境

沼津市新中間処理施設整備基本構想にかかわる提言

本日、民生病院委員会を開き、委員の皆さんからのご意見を集約し、施設整備基本構想への提言を以下議長あて提出しました。来年度は詳細計画の策定に移っていきます~。

1 エネルギーの有効活用について
 ⑴ 埋め立てごみ熱源利用プラスチック(③類)について、焼却の際に、先行事例で検証されているように健康被害などにはつながらないと考えるが、周辺住民の不安とならないように十分なチェックと情報開示をしていただきたい。
 ⑵ 熱エネルギー利活用に関連し、現在の余熱利用施設である市民プール機能の今後の位置づけ、必要性などについて、関係部門との方向性の協議が必要と考える。
 また、高効率ごみ発電採用の際にも、余熱利用としての温浴施設の併設など検討していただきたい。

2 事業方式について
 ⑴ 事業費負担の軽減に加え、民間の維持管理運営能力を活用できるDBO方式もしくは各種PFI方式を十分に検討していただきたい。
 ⑵ 上記⑴に関連し、国の交付金等補助金も含めた事業資金調達の見通しについても明確化が必要と考える。

3 3Rの推進、環境拠点としての位置づけについて
 ⑴ 3R推進、環境拠点のわかりやすい機能として、施設内に多分別リサイクルのコーナー導入を検討していただきたい。(当委員会行政視察で訪問した徳島県上勝町の事例を参照)
[PR]

by katomotoaki | 2014-01-17 17:10 | 福祉・教育・環境

国際スポーツ交流会 by クリケット!

沼津国際交流協会はいくつかの部会に分かれていますが、今日は「ふれあい部会」の定例会に参加。メインテーマは3月9日(日)13時から行われる国際スポーツ交流会について。

これは、例年、沼津在住の外国人と日本人市民が一緒になってスポーツを楽しむもので、種目は誰でも親しみやすいバドミントン、ソフトバレー、ドッヂボールなど。しかしながら、競技がマンネリ化しているという指摘もあったことから、今年は初めてクリケットを導入!

クリケットと言われても日本人には馴染みが薄いのが実情ですが、英国圏の国々では非常に人気の高いスポーツとのこと。NPO法人日本クリケット協会の支援も頂きトライするそうですので、自分も楽しみにしていますが、英国圏であるインド、スリランカなどから来ている方々も好きな方が多いそうですので、周囲にいらっしゃいましたら、是非お声かけをお願い致します!
d0050503_22345580.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2014-01-16 22:34 | 福祉・教育・環境

新ゴミ焼却プラント(新中間処理施設)整備の基本構想

自分が委員長を務める民生病院委員会での今年の特定調査事項のテーマは「一般廃棄物処理に関わる今後の課題について」とし、主に新ゴミ焼却プラント(新中間処理施設)整備の基本構想の取りまとめを注視、参画していくことに取組んでいます。

この整備事業の骨格となる基本構想は年度内の取りまとめとしていることから、昨日は委員会の各委員より提出された意見、要望を取りまとめ。

この施設整備には100億円以上の巨額の資金が必要となることから、意見の中でもその事業方式についてしっかりと検討するべきとの声が一番多く寄せられました。

具体的には、従来通りすべて税金で賄う公設公営で行うか、または近年民間資金を活用し、その後の維持管理まで含め民間委託するPFI方式(Private Finance Initiative=さらに詳細は数種あり)などがありますが、それぞれに得失がありますので、皆さんの税負担の効率性や、市民サービス向上の観点から、しっかりと分析していきたいと思います。
[PR]

by katomotoaki | 2014-01-15 09:17 | 福祉・教育・環境