沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


NPO法人こどもの村東北に義捐金贈呈!

先週末は、3月に開催した「第五回東北救おう、チャリティバザー!」の売上&義捐金60万円を仙台市にある震災孤児の支援を行っているNPO法人こどもの村東北に贈呈しに行って参りました。

沼津から車で6時間をかけて到着したNPOの本拠地は、心休まる木材を使用してのセンターハウスや子どもたちが毎朝希望の光を浴びられるように採光面を大きく採った生活用ハウスなど数棟が整備され、とても魅力的な設備が整っていました。

飯沼理事長他の皆さんに出迎えて頂き、センターハウスで山王会の相磯会長から義捐金を贈呈、また、沼津の90歳の編み物先生が東北の皆さんのためにと編んでくれた沢山の毛糸品も受領頂きました。

その後、NPOより孤児の養育の現状、課題などをプレゼン頂き、いかに日本の現況が遅れているのかを理解することが出来ました。特に、孤児の子ども達は成長過程で家庭的な養育がカギとなりますが、日本では一般家庭の里親の下で養育されているのがわずか12%程度で、残りは施設養育なのに対し、欧米先進国では80%以上が家庭養育である点は大きな違いであり、課題であると思います。
このことは、様々な要因があるかと思いますが、日本の狭い住宅事情などもその一因でしょうか…
いずれにしましても、ひとりでも多くの震災孤児の子どもたちが未来に希望を持って生きて頂けることを祈念してます…!
d0050503_1075937.jpg

d0050503_1081433.jpg
d0050503_1082387.jpg
d0050503_1082948.jpg
d0050503_1084234.jpg
d0050503_1085888.jpg
d0050503_109830.jpg
d0050503_1092125.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2015-06-29 10:09 | ボランティア

高尾山古墳の現地視察

写真は先日、関連する市議会の民生病院・建設水道両委員会のメンバーで高尾山古墳の現地視察を行った際の写真です。
昨日の一般会計予算決算委員会では、自分は委員ではありませんが、結局、本採掘に関わる約5100万円の補正予算が賛成多数で可決されましたので、現況から少しずつ土を剥がし取り、採掘していきますので、考古学的な研究は進むものの、原型は崩していくことになります。

写真は完成している沼津南一色線から古墳に向かって歩いている様子。これはすでに5年前に完成して止まっている状態。
d0050503_81813.jpg

古墳部分の遠方からの様子。そもそも古墳の右側部分約27%は以前より西側に隣接する市道により削り取られている。
d0050503_8235830.jpg

南側より見た古墳の全景。
d0050503_8255315.jpg

頂上での概況説明。頂上部分の広さは約20坪程度でしょうか。この部分からは棺や埋蔵品などの欠片が少々出土されています。
d0050503_827448.jpg

頂上から北側を見た情景、道路が真っ直ぐ古墳に向かってきているのが良くわかると思います。
d0050503_8284094.jpg

現実的には、現状は盛土された丘陵の状態であり、形状的にはすでにかなり削り取られていることから、それほど価値のある古墳か?と思ってしまうのも事実。
一方で、道路建設を待ち望む、死活問題の市民、近隣住民も沢山いらっしゃり、早期完成への要望書も頂いています。
古墳に興味のある、または保存を求める市民の方は、是非一度現地をご覧下さい。
[PR]

by katomotoaki | 2015-06-25 08:33 | 建設・まちづくり・防災

アジサイ鑑賞会終了!

昨日のアジサイ鑑賞会、パラパラと雨模様の中でしたが、多くの皆様にお越し頂き、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
現在、1本1000円のオーナー制で集まったアジサイは180本となり、日枝神社&山王公園に植樹してきていますが、昨日は新たに30本の追加植樹希望がありました。
敷地に限りがあり、これ以上は難しいかもしれませんが、来年210本のアジサイがより大きく成長し、咲き誇る姿が今から楽しみです。
お越し頂いた皆さんも、毎年の成長がとても楽しみの様子、日頃のメンテナンスを行って頂いている地域活性化NPO山王会の河村さん他の皆さんのご尽力に敬意を表します!
d0050503_6414588.jpg
d0050503_6415190.jpg
d0050503_6415524.jpg
d0050503_642282.jpg
d0050503_64283.jpg
d0050503_6421327.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2015-06-22 06:42 | ボランティア

選挙権「18歳以上」引き下げ&鉄道高架!

この3日間に渡り、本会議での一般質問が行われていますが、自分も昨日午前中に登壇し、初の1問1答方式にトライしました。テーマは、鉄道高架事業を含む沼津駅周辺総合整備事業について、その現況や事業効果、将来の見通し、財政政策などについてじっくりと質問させて頂きました。

これまで3回までと規定されていた一括方式に対し、40回以上の質問を実施。中身の濃い質疑、答弁となりましたが、時間は全部で80分以上となりました。
総合整備事業に対する市民の懸念を払拭するための質問であり、追ってその答弁を含めた結果を載せていきたいと思いますが…

時に、国会では、選挙権年齢を「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法の17日の参院本会議で採決されましたが…数ある事業成果のうち、沼津駅北口の多くの高校に通う高校生諸君にとって切実な問題である自転車通行路の拡充についての答弁の後、「是非、この成果を高校生にPRして、政治、そしてこの事業に理解を持ってもらえる様、お願いします!」と意見を述べておきました。
これは、現在、自転車に乗って南北を行き来できるのは、三ツ目ガードのみとなっており、多くの高校生が迂回したりするなど、支障をきたしていますが、事業完了後には、なんと6本にまで増えるのです!
この他、たくさんある事業効果に是非ご注目下さい!!
d0050503_130470.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2015-06-19 13:00 | 政治・総務・経済

今週末は「あじさい鑑賞会」!

梅雨真っ只中ですが、この時期に大きく花を咲かせるのが、風物詩でもある紫陽花です。
今週末21日(日)には、3年前の東北支援チャリティバザーの際、東北の復興支援と沼津の新名所づくりを目指して行った紫陽花植樹の成果を見て頂けるようにと、紫陽花鑑賞会を行うこととしています。
天候は曇模様、生ビール、焼きそば、焼き鳥、JAなんすん朝採野菜などの販売も行います。10時~13時まで、日枝神社にて、是非ご来場を!!
d0050503_749247.jpg
d0050503_74979.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2015-06-17 07:49 | ボランティア

一問一答方式の一般質問って何?

明日から6月議会の一般質問が3日間に渡り行われます。各議員とも質問内容の通告を済ませ、それを基に、当局側からの答弁調整を行っています。

従来と異なることは、自分は先回より導入された一問一答方式で質問を行うこと。これまで沼津市議会では、一括方式と言って、質問者が登壇してすべての質問文を一括して読み上げ、これに対し当局が答え、質問者は計3回まで登壇、質問が出来るというもの。質問時間はトータル20分。

これに対し、一問一答方式は20分の中でひとつずつ、何回でも質問可能となるため、より分かりやすい、ピンポイントでの質問が可能となります。
逆に、当局側は、質問の想定が難しくなることから、極力質問者の意向を汲んでおく必要があるため、丁寧な事前調整が必要になります。

そんなことから、今朝も街頭演説の後は市役所で打合せ~市民の皆さんに理解し易い質問内容と意義のある答弁を求めます!
[PR]

by katomotoaki | 2015-06-16 06:21 | 政治・総務・経済

東海大学開発工学部の跡地利用!

沼津市の西部、浮島地区から愛鷹山に登っていったところに東海大学の開発工学部の校舎がありますが、そこは数年前に廃部が決まり、昨年度末で学生の在籍はゼロとなっています。
先日、浮島に行った際に、ついでに覗いてみると…

まず目に入ってきたのが、広大なグランド…市内は運動する場が足りないとの指摘を良く頂きますが、子どもたちの野球やサッカーなどのために、何とか利活用できないものか…

次に、立派な校舎ですが…実は耐震性が不足しているとのことで、このままでの使用は難しいとのこと…
立地はかなり山を登っていくロケーションであり、根方街道からも10分程上がらなければなりませんが、その分沼津&駿河湾を見下ろす景色は最高です!

東海大学としては、今後の利活用の予定は無いとのことから、無償で市への寄付を希望しているとのことですが、この東海大学の設置には、県や市の補助金は投入されていることから、これらの処置や、耐震性のない校舎を残されても困るとのことから、県、市、大学での3者協議がなかなか進んでいない模様です。

いずれにしても、近くの新東名 駿河湾沼津サービスエリアに隣接するなど、利便性の高い所であるので、何らかの有効な方策を考えたいと思います!
d0050503_335538.jpg

d0050503_3351752.jpg
d0050503_335279.jpg
d0050503_3353237.jpg
d0050503_3353820.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2015-06-15 03:35 | 建設・まちづくり・防災

鉄道高架事業について市長の政治姿勢を質します!

今日は昨日発信しましたメルマガを転載致します~6月議会、沼津を前進させられる様、気を引き締め頑張ります!
----------------------------------------
★6月定例議会、鉄道高架事業について市長の政治姿勢を質します!
昨日より本格的にスタートし、補正予算や条例案22件について当局より説明がありました。

自分の一般質問では、鉄道高架事業を含む沼津駅周辺総合整備事業を取り上げます。先の市議選を通じ、市民の中には、本事業の目的、意義、効果が理解されておらず、反対派勢力の誇大な事業費や借入金額の触れ回りに翻弄されて、不安意識を駆り立てられてしまった方々も多かったとのことから、事業目的ごとの現況や今後の見通し、事業効果について質します。

大きな費用が掛かることも事実ですので、今回の質問を通じて利害得失を明確にし、以前行ったようなパワーポイントを使用しての分かりやすいプレゼンを皆様に展開していこうと考えています。

なお、主な事業目的は以下の6つですが、いくつご理解頂いてますでしょうか??
①中心市街地の交通渋滞の解消
  (踏切13カ所除去、道路新設・拡幅19カ所)
②南北市街地の一体化
  (鉄道横断道路・通路25カ所=新規道路9、通路6、鉄道の幅が80mから49mにスリム化)
③鉄道跡地14万㎡の有効活用
  (平面土地56千㎡、鉄道高架下47千㎡の活用)
④災害に強い都心づくり
  (公園等避難場所拡大、避難路整備、狭い道路拡幅、建物更新で防災力強化)
⑤みんなに優しいまちづくり
  (電線地中化、坂解消、歩道拡大、段差解消、道路公園緑化、渋滞解消・排ガス低減)
⑥まちの賑わいづくり
  (新たな都市機能導入、定住/交流人口増加、企業進出・雇用機会創出)

★議会内人事が決定、会派代表に就任!
先の臨時議会で議員選挙を実施、議長には5期目の浅原和美氏、副議長は3期目の植松恭一氏が就任。その他、各常任委員会委員長を選任すると伴に、沼津駅鉄道高架事業推進特別委員会も共産党、未来の風を除いた議員の賛成多数で可決、設置となりました。
自分が所属する会派=志政会は8名の議員を擁する最大会派ですが、ここから代表であった浅原氏を議長に選出したことから、自分が会派新代表に就任することとなりました。
また、今回新たに、最年少で新人の小澤隆君、元日大高校の校長先生も務められた渡辺博夫氏も新たに入会。この他、中堅の高橋議員、頼重議員、若手女性の加藤明子議員、前議長の真野議員など、多彩な顔ぶれ&実力者揃いですので、従来にない活発な政策提案&実現型の会派として、自分が引っ張っていこうと考えています。是非、ご期待を!!
[PR]

by katomotoaki | 2015-06-11 05:21 | 政治・総務・経済

徳川家康公鎮座400年祭!

d0050503_12455651.jpg
先日の日曜日は徳川家康公の鎮座400年祭の一環で、久能山東照宮に御輿を担ぎに行ってきました。
県内各地より担ぎ手を中心に800人ほどの人が集結、10基以上の御輿が1159段の階段を上りきり、記念行事を盛り上げました。

ついでに…頂上の徳川家康公の遺品を集めた記念館も視察、実際の兜や刀などの重要文化財を見ることが出来、その歴史、文化的価値に感銘を受け…
加えて、家康公のお墓にもお参りを済ませ、近代日本の創生のベースとなる江戸時代を拓いた名君の謦咳に触れることが出来ました。
修己治人を座右の銘とする自分にとって、家康公の素晴らしい遺訓は大きな人生の指針ともなっています!
------------------------------------------------------------------------------
人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし。急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし。こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。
d0050503_12461618.jpg
d0050503_12463496.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2015-06-09 12:46 | 建設・まちづくり・防災

沼津中央高校でセラピードッグPR!

先週土曜日、沼津中央高校で文化祭が開催されました。そこでは、先生たちの発案により、医療・福祉コースの生徒たちが福祉施設で活躍しているセラピードッグたちの活動を紹介してくれることとなり、当クラブから各種パネルや本などを提供したのですが…
楽しみに現場に行ってみると、担当の先生が犬と触れ合える様に木製の柵を設置してくれ、そこに先生の愛犬である黒パグを連れてきて、生徒たちとの触れ合いコーナーも実践!
当クラブでも各種イベントに出てPR活動を行っていますが、なかなか犬を入れ込んでの仕掛けが出来ておらず、良い参考となりました!
いずれにしても、学校側からの積極的な申し出でセラピードッグのこと、殺処分のことなどを取り上げて頂いたのは初めてであり、大変貴重な取組であったと思います。
今後とも、継続的なコミュニケーションを図っていきたいと思います!
d0050503_782068.jpg
d0050503_782670.jpg
d0050503_783276.jpg
d0050503_783940.jpg
d0050503_784432.jpg
d0050503_785149.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2015-06-08 07:08 | 福祉・教育・環境