沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


今年もやります!東北支援チャリティバザー!!

あの3.11東日本大震災からもうすぐ5年が経過しようとしています。しかしながら、原発事故の起きた福島県などでは復興は全く進んでおらず、また、震災で親を亡くした1778人の子ども達には、成人となるまでの継続的、長期的な支援が必要です。

そこで、今年も6回目となる東北支援チャリティバザーを以下の通り行いますので、まずは、バザー品の募集にご協力ください!

売上げは、主に震災孤児の子ども達のための寄付とし、一部は震災で飼い主を失い殺処分の運命からレスキューされた犬たちの保護費用にも寄付させて頂きます。
多くの皆様の引き続きのご賛同をよろしくお願い致します!!
d0050503_5443790.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-25 05:44 | ボランティア

ぬまづのスイーツマラソン!

昨日は心配された天気も晴天に恵まれ、中央公園を起点に狩野川沿い2.5kmで健脚を競い、その後、スイーツを楽しむというユニークなイベント=スイーツマラソンが開催されました。
参加人数はなんと800人、用意されたケーキ、菓子類は8000個!
スタート直後、一斉にあゆみ橋上を駆けるランナーたちの雄姿は壮観そのもの~先頭ランナーはわずか数分後にはゴールして、スイーツコーナーへ。
以降、20ほどの各店舗の配布テーブルには長蛇の列。
自分のセラピードッグサポートクラブが配布をお手伝いしたのですが、自分が担当の生クリームどら焼きも、1時間以上に渡って配りまくり、めでたく完売!
(参加者は参加費1500円で7つのスイーツをもらうことが出来る仕組み)
それにしても、参加者は若い女性やお母さん、子どもたちの比率が高く、沼津市にもこれだけのみなさんがいらっしゃるのか、とびっくり&うれしく思いました。
市民に愛されるこの素晴らしいイベント、今後とも末永く続いていって頂きたいと思います!
d0050503_7452583.jpg
d0050503_7453271.jpg
d0050503_745416.jpg
d0050503_7455277.jpg
d0050503_746359.jpg
d0050503_7461388.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-22 07:46 | プライベート

43kgもある立派な本マグロの解体&食育!

NPO法人マムさんの毎月の子どもたちお楽しみイベント、昨日は久々のマグロ解体ショー&おさかな食育講座で、お手伝いに参加してきました。
43kgもある立派な本マグロを秋山商店の秋山代表が素晴らしい包丁さばきで手際よく解体、子ども達から大きな歓声が上がっていました!
この他にも、アジ、イワシの三枚おろしを魚仲協同組合の後藤理事長が自ら手ほどきをされ、保護者の皆さんが果敢に挑戦されていました。
その後は、みんなで手巻き寿司を存分に楽しみ、子ども達の沢山の笑顔を見ることができました。
沼津に魚市場があるからこそのイベント、地元沼津への愛着を増幅してくれたものと思います!
d0050503_813670.jpg
d0050503_814729.jpg
d0050503_815636.jpg
d0050503_82542.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-21 08:00 | 福祉・教育・環境

国道414号三つ目ガードの高さ制限ゲートが落ちた!

昨日、大型トレーラーが激突して落下し終日通行上となり、周辺の大渋滞を引き起こした国道414号三つ目ガードの高さ制限ゲートは、今朝は復旧完了!ほんと、けが人でなくて良かった~!ここは通学に多くの子どもたちが通る唯一の南北自転車通路!!

ちなみに、鉄道高架化で高さは8m以上に、新規の南北道路9本、通路6本が出来、子どもたちの自転車通路は現在のこの三つ目ガード1本から6本に増えます!
d0050503_1245360.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-18 12:45 | 建設・まちづくり・防災

高校生諸君、沼津で仕事を!!

先週末、プラサヴェルデにて初の試みとなった高校生が中心に展開した職業紹介イベント=HINAPが開かれました。
これは、沼津市内を中心に様々な企業、団体に参加してもらい、高校生を中心にこの地域にはどんな職業や仕事があるのかを理解してもらうことを狙ったもの。
もちろん、これによる卒業後の地元定着も狙っています。
自分のNPOしずおかセラピードッグサポートクラブも要請があり参加。クラブメンバーであるドッグトレーナーの坂部さんが、興味を持って集まってきた高校生たちにトレーニングの様子を実際に指導。初めての生徒たちも多く、興味津々の様子でした。
人口減少が激しい沼津市ですが、ひとりでも多くの高校生が沼津の未来を担ってくれることを祈ってます!
d0050503_2330792.jpg
d0050503_23301283.jpg
d0050503_23301935.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-16 23:30 | 福祉・教育・環境

自転車利用の先進都市 岡山に学べ!

沼津市における自転車の利活用拡大は従来より提唱している政策ですが、この自転車利用の先進都市としているのが人口40万人の岡山市。
岡山市の政策の特長は、自転車利活用に向けて、主に①私用自転車の駐輪場確保、②レンタル自転車「ももちゃり」の導入、③自転車専用レーンの拡充、を行ってきています。

①については、駅周辺を中心に大通りの歩道部分の占有許可を取った上で、管理運営を行う民間事業者を募集、委託するというもの。駐輪は有料で100円~200円かかりますが、これにより、逆に放置自転車の一掃を行うことにつながっているそうです。素晴らしい!!
②については、平成25年より17か所にステーション設置をして140台の専用レンタル自転車を置いてスタート、利用者登録をした上で1回利用60分以内であれば100円で1日何回でも使用可能。主に、ビジネスマンの使用が多いとのことですが、時間ごとの使用状況に合わせ、市は自転車をステーション間で移送して台数の平準化を行っています。
③は、警察との連携の下、市内幹線道路上に専用レーンを設けて、利便性向上、安全性確保を積極的に行っています。

これらの岡山市の政策は、中心市街地をはじめ、フラットな地勢となっている沼津市においても是非推進すべき内容です。高齢化社会、そして中心市街地活性化の観点からも、自転車交通の整備、促進はクルマに頼らない新たなまちづくりの基本インフラとなります。
d0050503_7473592.jpg
d0050503_7474320.jpg
d0050503_7475693.jpg
d0050503_748998.jpg
d0050503_7481831.jpg
d0050503_7482660.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-09 07:39 | 建設・まちづくり・防災

直島のアート「家プロジェクト」!

株式会社ベネッセホールディングスと公益財団法人 福武財団が大々的にアート活動を展開している瀬戸内海・直島を訪問。
そもそも、このプロジェクトは、瀬戸内海の島に世界中の子供たちが集える場を作りたいとの思いを抱いていた福武書店(当時)の創業社長福武哲彦と、直島に教育的な文化エリアを開発したいとの夢を描いていた当時の直島町長三宅親連の思いが重なったことから始まり、これまで約30年をかけて築いてきたものだそうです。
----------------(以下HPより引用)------------------
1989年、直島国際キャンプ場から始まったベネッセアートサイト直島の活動は、現代アートの展示スペースとホテル客室を備えた「ベネッセハウス」(1992年)の開館、屋外展「Out of Bounds」(1994年)を経て、1998年には美術館から人々が生活を営む集落へと展開し、「家プロジェクト」をスタートさせました。2004年には、それまでの直島での活動全体の集大成となる場所として「地中美術館」を開館するなど、長い年月をかけ、直島という風景のなかにアートを溶け込ませていきました。…
------------------------------------------------------------------
現地で印象的だったのが集落の中の古民家を活用しての「家プロジェクト」。点在していた空き家などを改修し、人が住んでいた頃の時間と記憶を織り込みながら、空間そのものをそれぞれのアーティストが作品化。直島の島独特の狭い路地を歩きながら楽しむ景観にマッチした古民家芸術は、クローズな空間の美術館などでは味わえない、他にない島一体のアートであることを実感させる素晴らしい作品群でした。

そこで直観的に感じたのが、このコンセプトを戸田地区で応用させること。
戸田地区では、代々廻船業を営んできた旧家の松城邸がその文化・歴史的価値から国の重要文化財に指定されており、沼津市でも継続的な整備を行っています。
加えて、狭い路地であるプチャーチンロードなども整備計画があり、同様に古民家を活用してのアートの展開は面白いアプローチになるかと思います。
戸田の課題は観光客の誘客ですが、やはり「来る理由」のネタを強化することがその戦術になります。
是非とも検討していきたいと思います!
d0050503_8345831.jpg
d0050503_835473.jpg
d0050503_8351270.jpg
d0050503_8351946.jpg
d0050503_8352925.jpg
d0050503_8353513.jpg
d0050503_8354867.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-08 08:35 | 建設・まちづくり・防災

オリーブ栽培で有名な小豆島!

視察2日目は、瀬戸内海に浮かぶオリーブ栽培で有名な小豆島を訪問しました。沼津においては、ミカン栽培が地場産業として盛んですが、農家の減少や高齢化などの課題が顕在化してきており、また、収穫が重労働であることから高齢者の農業従事が難しいなど、次世代に向けた新たなあり方が問われているかと思います。
こうした観点から、全国的にもオリーブ栽培への転換を勧める動きもあり、今回の現場視察となりました。
オリーブの栽培自体はミカンに比べてシンプルなようですが、問題は気候条件とのマッチングや風の強い沼津での倒木の可能性など、課題は多いようですが、一方で試行してみる価値は大きいと感じました。
加えて、6次産業化などによる高収益の確保もビジネスプランとして検証してみなければなりません。
3月には西浦地区での市政報告会を予定していますので、皆さんのご意見を伺いたいと思います!
d0050503_603254.jpg
d0050503_604678.jpg
d0050503_605425.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-03 06:01 | 建設・まちづくり・防災

香川県高松市の丸亀町商店街再開発事業!

先週、会派の行政視察として、香川県高松市の丸亀町商店街を訪問しました。
この商店街は、民間主導での全国初の再開発事業成功例として、広く全国的に有名になっていますが、およそ10年前より街区ごとに区分されたエリアを順次建物の更新を行い、事業を順調に進捗させています。

現地では、その牽引役である古川理事長自ら講演を頂きました。50代後半の精力的な理事長さんであり、この人がいなければ、このような素晴らしい事業推進は出来なかったんだろうなと改めて認識、まちづくりは「人」であり、また事業継承のためには「人づくり」が最大のテーマであることも実感しました。
加えて、日本トップレベルの専門家を集めたブレーン組織を有し、助言を頂きながら、ち密なスキーム(手法)とそのプロセスマネージメントを行ってきたことも勝因だと思います。

沼津市においても民間主導での再開発事業が進展していますが、この丸亀商店街の成功事例に倣い、未来につながる事業として一歩一歩進められるようサポートしていきたいと思います!
d0050503_8162341.jpg
d0050503_8163295.jpg
d0050503_817271.jpg
d0050503_8171028.jpg
d0050503_8171562.jpg
d0050503_8172482.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-02-02 08:17 | 建設・まちづくり・防災