沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


借金まみれの下水道事業は見直すべき!(12月議会レポ)

~昨日に続き自分のメルマガからの転載です~
-------------------------------------------
市の財政面で鉄道高架事業の借入金を危惧する声がありますが、沼津市の借入金残高で最大なのが下水道事業で借入金1300億円の内414億円(鉄道高架の借入金は164億円)。
損益面では、平成27年度決算で、営業収益15億円に対し営業費用は39億円で営業赤字は24億円。
この営業赤字分を一般会計からの繰入補助金約25億円で補填して収支を合わせています。多額の借入金の利息払いでも年間約9億円!

平成27年度末の下水道の普及率は未だ58%、今後持管理費、施設の更新や耐震化の経費増が想定されることから、大変厳しい経営状況です。

そこで、先般の一般質問で今後の整備計画や、事業費見通しを市当局に質したところ、普及率で年約1%増を目指しているので完備には約40年!今後10年間の総事業費だけでも約198億円見込みと答弁~とても現実的な計画とは言えません!

そこで、従来、自分が提唱してきた抜本的な改革案である下水道の整備計画区域の見直しを改めて提言。これは、人口減少の中で、費用対効果の薄いエリアでは、やみくもに下水道を進めず、戸別に設置可能な合併浄化槽を推進するというもの。

これに対し、市としては、所管する国土交通省、農林水産省、環境省の3省もようやく見直しに向けたマニュアルを提示しだしていることから、沼津市も見直しを行っていくと答弁。
具体的には、未整備地区を区域毎に分け、下水道と浄化槽それぞれの整備費や維持管理費を経済比較し、有利な方法を選定していき、来年度には県と調整を行い見直し完了させたいとのこと。長い時間が掛かりましたが、これでようやく改革に着手!

今後の課題は、下水道整備を見送る地域へのバックアップ策、すなわち合併浄化槽設置の際の補助制度の創設となります。これを並行して提示しないと市民理解は得られないと思いますので、早期の制度化を促して参ります!
[PR]

by katomotoaki | 2016-12-27 06:57 | 政治・総務・経済

新市長、鉄道高架事業はどうするのか??

~先日の自分のメルマガより転載します~
---------------------------------------------
大沼市長は、鉄道高架事業について賛成でも反対でもなく、今後有識者会議を設置して検証し判断するとしていますが、市政の最大課題である本事業をどう認識しているのか、先の一般質問で質しましたのでポイントをレポします。
なお、本件については、来年度予算策定も含め、市長の方針や施策内容について、注視していきます!

①鉄道高架事業の検証について

Q、特に財政面の検証をしたいとのことだが、先日の記者会見では年度内に結論出すと言っていたのが、今議会ではもう少し時間が必要で期限は不明と言っている。
すでに県が6年の年月と多大な費用(約2億円!)をかけて有識者、賛成・反対派を交えて検証作業を行い、その結果、事業を進めることになっている。賛成、反対派で唯一合意したのは、これ以上時間の浪費をしないこと。
市長独自に検証すると言うが、新しい切り口があるのか?

A、政策を考えてくれている仲間で進め方を考えている。時間ないことも承知しているが、早急にそれを図って皆様にお見せするように考えている。

②原地区の新貨物ターミナル用地買収について

Q、用地買収は、来年度中の取得完了を目指して、市、県の職員が交渉を進め、もうすぐ80%を超えるが、今後どのように取り組んでいくのか、県にどのような説明をするのか(地権者170名中134名売却済=約7万2千㎡、78%)。

A、地権者にもいろいろな考え方があり、現在進んでいる用地交渉については、進めていくことが必要と判断。県には理解頂ける様説明する。

Q、買収を進めていき、もし市長が事業中止と判断した場合、税金の無駄遣いとなるから、方針が明確化するまでは買収を中断すべきでは?

A、買収交渉に入っているものについては進めていく。

③沼津駅南北自由通路、橋上駅について

Q、選挙の際、鉄道高架をしなくても安価な自由通路と橋上駅でも効果は十分とのPRビラを配布している団体が市長を支援。有権者は市長も同様の考えと思っただろうが、どのように考えているのか。

A、鉄道高架事業を行わなくても、それらで十分であるとの意見も承知。また、鉄道高架事業でも、暫定的に南北通路を早期に整備する計画が県から説明されている。これらを踏まえ、検証作業の中で橋上駅と南北自由通路の可能性についても検証していきたい。

Q、市長の選挙公報では「南北自由通路の設置」が明記。4年間でやるということではないのか?

A、検証作業の中で考えていく。

Q、南北通路は具体的な設置検討を既に行っているのでこれ以上時間をかけて検証することはない(箇所別に6案、事業費17~27億円)。
橋上駅について、やるとすれば大幅な土地買収、設計、国・県との折衝、補助金獲得、都市計画決定など、ゼロから様々な行程、時間、労力かかる。それでも本当に検証するのか?

A、橋上駅を前提に進めるのは難しいと思うが、可能性は検証させて頂く。
[PR]

by katomotoaki | 2016-12-26 08:32 | 建設・まちづくり・防災

学校統合をスピードアップか…!?

千本小へ来年の新入学児受入の打合せに行った際、ふと校長室にあった校庭での全校生徒写真を見ると…昭和30年14学級721人(この時は第六小学校!)⇒昭和55年12学級421人⇒昭和59年12学級361人⇒平成21年7学級99人にまで減少、そして現在は生徒数57人!
3.11以降、海に近い千本小は隣接校選択制もあり減少に拍車がかかってしまいましたが、かつては50人学級だったというのもビックリ!
少人数だから丁寧な指導が出来る反面、コミュニュケーション能力を高めたり様々な教育機会を確保する観点からは学校統合なども真剣に考えなければなりませんかね…
d0050503_719253.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-12-21 07:19 | 福祉・教育・環境

東北支援チャリティマルシェ with 岩手県山田町!

昨日の沼津農林祭に沼津市から災害支援として職員を派遣している岩手県山田町の皆さんが出店!東日本大震災以降、6回実施してきた東北支援チャリティバザー@日枝神社、来年3月12日の7回目は志向を変え、チャリティマルシェとして、この山田町の特産品もたくさん販売したいと思います!浄財は震災孤児の子ども達へ~皆さん、3月12日(日)は空けておいて~!!
d0050503_6353412.jpg
d0050503_6354332.jpg
d0050503_6355687.jpg
d0050503_6361029.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-12-19 06:36 | ボランティア

交通安全強化キャンペーン!

沼津駅北口に街頭演説に行くと~交通安全強化キャンペーン!啓発グッズは人気高し~その横で配った自分のビラもすぐになくなりました!(笑)
とにかく年末年始は交通安全に気を付けましょう~この際、駐輪禁止区域の放置自転車もなんとかしたいですね!
d0050503_914013.jpg
d0050503_914879.jpg
d0050503_914171.jpg
d0050503_9142447.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-12-15 09:14 | 建設・まちづくり・防災

沼津産野菜の地産地消をもっと強化しよう!!

今日は、先日の一般質問テーマのひとつ「IT企業誘致も良いけど地場産業=水産、農業の振興を」の農業について、市長への要望内容をレポートします。

皆さんは沼津産の野菜を食べていますか?
沼津市の農業は愛鷹山麓や静浦、内浦・西浦地区等において、茶やミカンを栽培する一方、平坦地では野菜、花き、米を栽培してきました。
この中で、お茶について、需要の減退、市況価格の下落などで環境が厳しいことから、お茶畑を転作して野菜作りに傾注する傾向が近年見られるようになってきました。

それを担っているのが、専業農家の跡取りとして頑張る若手30代の皆さん。浮島地区では「べじっこクラブ」という共同出荷チームを結成し効果的PRと出荷量の安定化を計っています。
課題は、若い彼らが安定して暮らしていける収益の確保であり、このため安定的な供給先と価格の維持が重要となります。
そんな若い農業者=「若農」のみんなを中心に何とか農業支援を強化できないか?先日、皆さんとグループディスカッションした中では、行政として地産地消の推進をお願いしたいとのご意見を頂きました。

地産地消として即効性があるのは、やはり学校給食。現在、小中で1万5千人が給食を食べています。
そんな中で、沼津の新たな特産品になりそうなのが近年新種開発されたプチヴェール。元々ケールと芽キャベツから作られ、栄養価豊富、βカロテンはカボチャのおよそ3.4倍、ビタミンCも目を見張るほど沢山、そして食感、味も人気!
しかし、H27年度給食での使用はわずか1回のみ、1人2~3個で計17,650個、約200kg使用。この回数をもっと増やせないか??
ということで、農林農地課、教育委員会と連携し、献立の鍵を握る市の栄養士会の12月例会にお邪魔をし、もっと拡大の余地のあるホウレン草、大中寺いも含め直接お願いすることにしました。
とにかく、行動し、挑戦し、早く明確な結果を出すことが政治の責務!~頑張って参ります!
[PR]

by katomotoaki | 2016-12-13 15:10 | 政治・総務・経済

「クリーニングのサトウ」に「捨て犬殺処分ゼロ募金箱」設置!

昨日、自分のNPOしずおかセラピードッグと東部地域を中心に約70店舗を展開する「クリーニングのサトウ」が捨て犬の殺処分ゼロに向けた活動資金用の募金箱を設置する協定を結びました!

保健所による犬の殺処分は、東部保健所管轄の沼津市、三島市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、長泉町、清水町、函南町で以前は年間数百頭(!)に上っていましたが、12年前の当クラブ設立以降、国の法改正で県の対応も変わり、認定団体には収容された犬たちを譲渡できる様になり、函南のボランティア団体「犬部」さんの尽力もあって年々殺処分数は減少、そして、とうとう平成26年度は20頭、平成27年度は7頭にまでなりました!

もう少しで本当に「ゼロ」が達成できそうなところまで来ましたが、この活動に佐藤社長が賛同、協定締結となりました。
犬のレスキューには、健康診断、病気治療、避妊去勢手術、シャンプー等の費用がかかるのですが、今回の浄財はその一部に使わせて頂きます。皆さんも「サトウ」の店頭に行かれたら是非ご協力を!!
d0050503_8261860.jpg
d0050503_8263211.jpg
d0050503_8264289.jpg
d0050503_8265367.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2016-12-10 08:26 | 福祉・教育・環境

新市長!産業振興、IT企業誘致 どうしていくのか?

昨日迄で、新市長への一般質問終了。22人の議員が質問に立ちましたが、「世界一元気な沼津」となるための具体策は示されず、一様に「市民の声を聴いて考える…」、「これから勉強します」が連発され、議論が深まらない、今後に多くの課題を残す本会議でした。
また、選挙告示1週間前の市長のメルマガで中心市街地を破壊するものとして「進出反対」を明示していた大型商業施設ららぽーとについて、議員の質問に対し、地域への経済効果などを勘案し「賛成」とする、としたことから、その真意を明確にすべく議会が紛糾してしまいました。

このような中、自分は、大きな3つのテーマ=①産業振興とIT企業誘致、②沼津駅周辺総合整備事業(鉄道高架)への取組み、③下水道事業の抜本的改革を取り上げましたので、それぞれについて、数回に分けてレポートします。

①産業振興とIT企業誘致について
Q、IT企業誘致の具体策は?
⇒市長)ベンチャー企業同士の交流や既存企業とのコラボで新商品、新サービス開発が重要、そのための共同で使えるオフィス空間(インキュベートオフィス)を設置するなど考えていきたい。

Q、オフィスの設置方法や成果目標は?
⇒市長)関係者の意見を伺い早急にまとめる。

Q、IT関連の誘致は全国どこでも必死に取組んでいるが、沼津が勝てる戦略は?
⇒市長)温暖で自然環境の良さを売りに勝てると思う

以上の様な答弁内容でしたので、自分からは早急に取組み計画を策定し回示頂ける様お願いしました。
また、併せて、IT企業も大事だが、地元経済直結型で即効性があり、現在課題が明確な水産業、農業にも注力すべきと指摘。具体的には…

まず、水産業の課題として、
①沼津港への魚類の水揚げが年々減少、これにより仲買、小売り、干物などの加工業者がどんどん廃業していく負のスパイラルとなっている。
※水揚げ100億⇒30億円、仲買170⇒80、加工業者300軒⇒100以下(対ピーク時)
②魚市場の魚はトラック便で多く集められており(陸送75億分、水揚げ30億)、ゆえに、沼津魚市場の経営も大変厳しい。港に多くの観光客が来ていても本業がこれでは将来がない。
③戸田の全国有数の大型漁船団は、沿海で獲れないこともあり、三陸沖などで操業し銚子港などに水揚げしてしまうが、もし沼津港に入ったとしても、何十トンもの水揚げを処理できないのが現状。

そこで、即効性のある対策案を提示
⇒この負のスパイラルを断ち切るためのひとつの策として、現在沼津港に完備出来ていない「大型急速冷凍設備」の設置(100t級=整備費約3億円)が有効と考える。
本件は、昨年来、自分が関係者の調整作業を進めてきたが、今後は数年内でのスピード感ある設置に向け、市が主体となり、具体的な実施計画を進めていく様、強く要望しました。

次回は、農業振興の課題等についてレポート致します!
[PR]

by katomotoaki | 2016-12-08 17:09 | 政治・総務・経済

IT企業誘致、鉄道高架事業、下水道事業、どうしていくのか?

月曜日に市長への一般質問内容を通告しました。前回のメルマガでお伝えした通り、多くの事業課題がありますが、今回は市長の方針や内容が不明瞭な「産業振興とIT企業誘致」、「沼津駅周辺総合整備事業への取り組み方針」を質すと共に、将来の財政不安を指摘するのであれば、真っ先に改革をすべき大幅赤字の下水道事業の見直し、すなわち「下水道計画区域の見直し」も取り上げます。

一般質問は来週の月曜~水曜日にかけて行われ、自分は22人中8番目でしたので月曜の最終、または火曜日午前になるかと思います。お時間のある方は是非傍聴を~以下が通告内容です!

1、本市の産業振興とIT企業誘致
⇒市長の公約である「IT企業誘致」の具体策を質す
(1)本市産業全般の動向に関する認識
(2)本市におけるIT産業の位置付と認識
(3)IT企業誘致の考え方、具体的戦略と成果見通し
(4)地場産業に対する認識と振興策

2、沼津駅周辺総合整備事業への取り組み方針
⇒賛成・反対どちらでもないとの不明瞭な市長態度に対する各要点の認識確認
(1)鉄道高架事業ほか各事業への取り組み方針
(2)事業費等財政面への課題の認識
(3)新貨物駅用地買収への対応方針
(4)JRおよびJR貨物への工事協定締結の扱い
(5)南北自由通路設置への考え方

3、本市財政面からも重要な下水道計画区域の見直し
(1)本市下水道事業の経営状況の認識
(2)現状ベースでの今後の整備計画および事業費見通し
(3)計画区域の見直しに向けた検討状況
[PR]

by katomotoaki | 2016-12-02 07:22 | 政治・総務・経済