人気ブログランキング |

静岡県議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


県政、新世代へ!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

政治家のために政党があるわけではない

このところ、市民の皆さんとお話をすると、見通しの立たない国政の不甲斐なさ、国会議員の資質などの話題が多く出ますが、加えて、市議会議員のあり方についても話が及びます。
議員定数の削減はほとんどの方が賛同していると思いますが、有権者ひとりひとりの選挙での候補者の選び方は再考すべき時期にあります。
現実的には、血縁、地縁などしがらみによる選択指向が大変強く、政策理念や資質のプライオリティが低いのが現実です。
しかしながら、このような昔ながらの傾向は、結局政治家を甘やかし、名誉職議員を増やしてしまうことにもなります。
政党(+議員)のあり方についても、疑問符の多い状況ですが、これについて今日の林先生(林英臣政経塾)のメルマガを引用させて頂きます。

★☆政治家のために政党があるわけではない

2月19日(土)、今日は二十四節気の「雨水」。
雨水には、「氷雪解け雨水温まる頃」という意味がある。

昨日の続きだが、(今まで通りの)政党は要らないのではないか、という気が
一層強くなった。政党は、政党自体を守るために、大袈裟な自己主張を繰り
返しているだけではないのか。

政治家は、もっと自分の信念に基づいて、政策毎に賛否を表明したらいいと
思う。党の拘束を緩めて、個々の政治家の考えを前に出して欲しい。
党が決めた方針をオウム返しするだけで、自分の言葉(=考えや信念)を
持っていないような議員は、転換期ではあまり役に立たないだろう。

政党は、哲学・思想、国家観や歴史観が一致する者同士で組織するべきだ。
が、個々の政策においては、賛成・折衷案・反対に分かれることがあっても
構わないのではないか。

そうなれば、政党の枠を超えて賛成者や反対者を募らねばならない。
政治家には、今まで以上に政策立案能力とその説明能力、そして仲間を集める
人間力や徳力というものが必要とされてくるに違いない。

そういう中から、時代を切り開く活力というものが生まれるのではないか。
当選回数や党への貢献度といった古臭い因習に左右されることが少なくなり、
実力派の若手議員が台頭するはずだ。

政党は栄えたが国が亡びた、なんていうことがあってはならない。日本という
国が存続し、世界に貢献できればいいのであって、政党のために国家があるわけ
ではない。

そして、選挙互助会に過ぎない二大政党制など即座にやめてはどうか。
二大政党制の目的であった政権交代が実現し、それが日本に合わないことが
明らかになった今、選挙制度をもう一度見直すべきだ。

国会議員は300名もいれば十分。中選挙区を100、1選挙区につき定数3の
計300名でどうか。ねじれの元凶となっている参院は廃止し、(道州)知事や
識者、経営者代表で参議会でもつくればいい。

転換期は、素早い意志決定が一番に重要だ。だらだら国会は税金の無駄遣い
であり、手遅れの元、国家経営の命取りともなる。

政党要件を決めたのも、政党助成金が税金から支払われるようになったのも、
既成政党を生き残らせ、新規(新政党)参入を阻止するための策略であったと
思うが如何。

これから若手で生きのいい政党を立てるべきだし、林塾出身者によって、
いずれ本格的な政党が創られることになって欲しい。が、それは日本改新と
文明維新のためであって、議員である自分たちを守るための組織に堕落
させるようでは困る。

政党を組織するのは、あくまで便宜上のこと。組織というものは、いつの間にか
組織を守ることにしか目的を見出せなくなるということを、予め(あらかじめ)
しっかりと肝に銘じておかねばならない。

by katomotoaki | 2011-02-24 07:23 | 政治・総務・経済
<< まちの「顔」 沼津港に新しい「町」が誕生! >>