人気ブログランキング |

静岡県議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


県政、新世代へ!
by katomotoaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大乗と小乗!

自分も参画していた林英臣政経塾塾長の林先生の昨日のフェイスブックから引用。今の日本、沼津は、まさにこの「大乗」の精神が求められています。あまりに個人主義が台頭し、自分さえ良ければという価値観が蔓延していると思います。沼津のまちづくりについても、それぞれが勝手なことを自己満足的にやっているのではなく、大局的に「大乗」の精神、戦略でなければ、力になりません。

自分は、今日も「大乗」の精神で、しっかりと前進したいと思います!
---------------------------------------------------

仏教に「大乗」と「小乗」という言葉がある。大乗は皆と一緒に救われる「大きな乗り物」、小乗は自分だけの救いで終わる「小さな乗り物」のことだ。綜観(林)の講座に参加する学生・青年は、一人残らず大乗に目覚めて、益々大きく生きて欲しい。

世界は今、文明転換期を迎え、年々混迷の度を深めている。日本は、新しい社会秩序を誕生させる前の、生みの苦しみの中にある。

激しい変化の中を生き抜くには、既存の組織や団体をあてにしていてはいけない。たとえ大きな組織に属していても、そこに寄り掛かって日を過ごすのではなく、「一人になっても堂々と生きていく」という覚悟を持つべきだ。

まず、一個の人間として精神の自立を図ろう。志を立てて、納得のいく事に一歩を踏み出すのだ。でないと、一回限りの人生が勿体ないぞ。

一つコツを言えば、その志に「得意技」をつなげると良い。天性や特性を生かして、「これは自分にしか出来ない」という得意技(特異貢献応力)を養おう。得意技があれば自立力が高まり、君のことを世間が放っておかなくなるはず。それを通して大乗に進めばいいのであり、そういう域に達した人を「得意自立人」という。

そして、得意自立人は同様の仲間と同志になっていく。その関係を「自立共生関係」と言う(その反対は依存寄生関係)。志と得意技によって自立した者が集まって、はじめて同志団結の共生関係が創られるというわけである。日本を救う志士たちは、これからどんどん肩を組んでいくことになるだろう。

by katomotoaki | 2013-10-09 08:24 | 政治・総務・経済
<< 公園の遊具管理について! まちなか彩生~「魂が震える話」! >>