沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

別府市「ともに生きる条例」!

宮崎市の後は別府市に移動し、「別府市障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる条例」(通称:ともに生きる条例)について市役所を訪問し勉強させて頂きました。
この条例は、人々の障がいに対する理解不足や様々な障壁について、改善に向けて市全体で取組み、障がいの有無に関わらず、お互いに認め合い、支え合う社会をつくるために制定。

具体的には、障がい者への差別の排除、生活環境整備や生活支援などによる合理的な配慮の推進、そして親亡き後の問題解決に取り組むこと、などが規定されています。

このような条例化により、総合的で効率的な施策展開が可能になっているわけですが、特に注目したのが「親亡き後の問題解決に取り組むこと」。
これは、沼津市においても重度障害を抱えた子どもを持つ親が切実に感じ、要望されていることですが、別府市では、課題を以下6分野に分けてしっかり分析。
①意思決定支援・生活支援、②居住の場、③社会参加の場、④経済面の問題、⑤相談体制の充実、⑥地域福祉の推進
上記分析を基に、解決のための施策として10施策を提案、具体的には…
情報共有シートの活用の仕組みの構築、ボランティアによる支援体制の整備、家庭内訓練の支援体制構築、ショートステイ・Gホームの整備促進…

本格的な運用は来年度以降になる模様ですが、このように条例で規定し体系化を計ったことは大きな前進であり、障がいのある方やそのご家族にとっては何より心強いことだと思います。沼津市においてもその取組方針について、質していきたいと思います。
d0050503_08575355.jpg


[PR]

by katomotoaki | 2018-01-26 08:58 | 福祉・教育・環境
<< チアリーディング世界大会出場! これが宮崎市の青島ビーチパーク... >>