沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

授産品利用、県職員率先 「1人1品」取組み強化

障がい者の皆さんが生活の自立に向けて就業している授産施設の製品を県職員が購入することを推奨する制度を強化するとの報道。

そもそも、障がい者優先調達推進法が平成24年6月27日に公布、平成25年4月1日より施行され、障害者就労施設等の受注の機会を確保するために必要な事項等を定め、障害者就労施設等が供給する物品等に対する需要の増進を図るものとし、特に、官公庁や市役所等においては率先して推進するものとされた。

以降、沼津市役所においても、調達率を上げられるように、障がい福祉課などと継続的に連携してその数値を挙げてきたが、現状がどうなっているのか…
障がい者の自立は社会にとっても大きな課題であるが、このような施策が形骸化や衰退していくことのない様に、お願いしたい。


----------------------------------------------------
授産品利用、県職員が率先 「1人1品」取り組み強化 静岡新聞ニュース

(2018/8/15 07:58)
授産製品への理解を広めるために県庁内で開いたフェア=10日、県庁

 静岡県は2018年度、障害者が福祉事業所で生産した授産製品の利用拡大に向け、職員に購入を促す「1人1品運動」の取り組みを強化している。利用拡大のアイデアを検討する若手職員のワーキンググループ(WG)を設置し、県庁内で授産製品を販売するフェアも開催している。
 WGには各部局の若手約15人が参加する。7月の第1回会合では「おしゃれな感じが足りない」「授産品という呼び方を変えてみてはどうか」などと率直に意見を出し合った。来年3月までに複数回開催し、社会福祉法人や就労支援団体の職員とともに、イメージ戦略や宣伝方法の改善策を検討していく。
 フェアは8月9、10の両日開き、県内約40の事業所が出店した。食品や雑貨など約140種類の授産製品を販売し、製品作りの実演もして仕事の丁寧さをPRした。2月にも開催する予定。
 授産製品の利用拡大は障害者の工賃向上につながる。県の計画(18~20年度)では、平均工賃の目標額は月3万円。障害者が自立した生活を送るための必要額から障害年金の額を差し引いた金額とされるが、16年の平均工賃は月1万5159円で半額程度にとどまっているのが現状だ。
 県障害者政策課の担当者は「授産製品の品質の良さが伝わらず、普段使えるものとしてのイメージが、いまひとつ広がっていない。まずは足元(県庁職員)から理解を深め、多くの県民の手に取ってもらえるように努めたい」と話した。


[PR]

by katomotoaki | 2018-08-15 20:16
<< 東部にサテライトオフィス 静岡... 不戦の誓いの8月 >>