沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2018年 07月 06日 ( 1 )


人類最悪の負の遺産、アウシュビッツ強制収容所!

昨日、クラクフから約70km、クルマで1時間半の距離にあるポーランドの旧ナチスドイツのアウシュビッツ&ビルケナウ強制収用所跡に行ってきました。

すべてガイドツアーで事前予約が必要なので、日本から予約していきましたが、ポーランド語、ドイツ語が中心、英語は少なく、また、本来日本人ガイドの方が1名いるので、その方がいればよかったのですが、あいにく出張で不在のため、午後からの英語ツアーを申し込みました。料金はひとり1500円くらい。
アウシュビッツ収容所と、バスで5分ほどの距離にあるビルケナウ収容所の2ヶ所見学で、ビルケナウはキャパが足りず後で作られた巨大な施設ですが、よく貨物列車で運ばれる様子が行われたのはビルケナウ収容所です。

アウシュビッツは、当時のレンガ棟を活かして、各テーマごとの展示を行っている「博物館」。人々の受入れ、選別、過酷な労働と極貧な生活、銃殺の壁、実際に使われたガス室と焼却施設、更には大量の遺留品…

特に、遺留品である大量の女性の髪の毛(絨毯などに使用)に加え、持参してきたカバン、靴、義足類、櫛、金属製の食器類…どれもが、それぞれ使っていたとても多くの人々がすべて殺戮されてしまったことを考えると、とてもやりきれない、切ない気持ちになりました。特に、靴などは、子どもサイズのものも多く、その残酷さは言葉になりませんでした。

その後、ビルケナウへ移動。広大な土地に当時の劣悪なレンガ造りの収容等が見渡す限り並んでいます。中もそのままの状態となっており、板張りの寝床以外、何もなく、冷暖房などもなく、1棟に最低700人が詰め込まれていたという現場を見て、当時、ここに入れられてしまった皆さんの失意は如何ほどのものだったか考えると、どうしようもないやるせなさと怒りがこみ上げてきました。

全体で4時間を超えるツアーガイドでしたが、大変重い気持ちになりました。
どうして、ヒトラーという狂気の人間を起点として、国全体、多くの国民がこのような蛮行を全体主義として許容してしまうのか。一方で、同じ人間であるのに、徹底的に抑圧され、存在も打ち消されてしまう多くの人々…。
人間の恐ろしさと弱さを痛切に感じてしまいますが、本来は無限の可能性を持っているのも人類であると思います。

現在、自国の権益獲得にひた走る中国(そもそもの中華思想)や、自国さえ良ければ他国の不利益を省みない自国偏重、保護主義の米国などの状況は、かつて、このホロコーストを生んだ第二次世界や、これまでの多くの戦争の起点となったことと同軸であり、憂慮すべき状態だと思います。やはり国際社会における日本の責任は大きい。

自分たちが出来ること、それは、地域レベルでの共生社会をしっかり構築すること。誰もがひとりでは生きて行けず、少子高齢化、人口減少が進む中で、差別、偏見のない、お互い様の、誰もが笑顔で助け合っていける社会をつくりたいものです。

子どもたちの教育、どうでしょうか。学校での子どもたち同士のいじめ、無くなっていません。自殺してしまう子も後を絶ちません。いじめゼロへ、本気で取り組まないといけない時期だと思います。
d0050503_15151240.jpg
d0050503_15155624.jpg
d0050503_15164518.jpg
d0050503_15180850.jpg
d0050503_15195427.jpg
d0050503_15205862.jpg
d0050503_15221138.jpg
d0050503_15231406.jpg
d0050503_15242147.jpg



[PR]

by katomotoaki | 2018-07-06 14:18 | プライベート