沼津市議会議員「加藤もとあき」の夢と希望


沼津再生に向けて挑戦!
by katomotoaki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ホームページもご覧下さい!
http://motoaki-kato.com/
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
フォロー中のブログ
最新のコメント
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:福祉・教育・環境( 316 )


日本の恥と言えるガス室での犬猫殺処分は廃止へ!

昨日の国際セラピードッグ協会の大木トオル代表の講演会には多くの皆様にお集まり頂き、本当にありがとうございました!
自分もこの14年間、何度も大木先生のお話を拝聴してきましたが、何度伺っても感動的であり、命の大切さや動物愛護の気持ちの必要性を再認識させられました。

聴衆の皆さんの中では、ほとんどの方たちが人間のわがままで保健所に収容され、殺処分の運命となり、ガス室に入れられて苦しみながら死んでいく犬たちの現実は知らなかったのではないでしょうか?

動物先進国である欧米諸国、特にドイツでは第二次世界大戦で600万人のユダヤ人をガス室で殺処分した苦い経験から、殺処分自体行っておらず、動物の命を大切にする法律と社会が整備されています。その他の国でも、注射等による安楽死を行うことはあるものの、ガス室はありません。
大木氏はこれまでも動物行政の根幹となる動物愛護法の改正に取り組み、国会議員などに働きかけて少しずつ改善してきましたが、本年改正の年であることから、日本におけるガス室の廃止を求めています。

この他、原発被害で苦しむ福島県において、人間がいなくなった後に残された被災犬のレスキューの様子や野犬化したそれら犬たちのセラピードッグへの育成の苦労など、行政も対応が出来ない中で奮闘されている状況は、我々サポートクラブとして精一杯支援していきたいと感じさせられました。
今後とも、多くの皆さんのご支援をよろしくお願い致します!
d0050503_15011340.jpg
d0050503_15004638.jpg
d0050503_15013547.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2018-02-04 15:01 | 福祉・教育・環境

国際セラピードッグ協会 大木トオル代表講演会!

いよいよ本日、国際セラピードッグ協会 大木トオル代表の講演会を第五地区センターにて開催します!テーマは「命の大切さとセラピードッグの活躍」。捨て犬&殺処分の運命だった犬たちがセラピードッグとして第2の犬生を歩み、人のために活躍している感動的なお話を是非ひとりでも多くの皆さんに聴いて頂きたいと思います!
d0050503_05534535.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2018-02-03 05:53 | 福祉・教育・環境

沼津西高2年生の加藤瑠李さんの派遣報告会!

昨晩の沼津ライオンズの例会、今年度のライオンズによる海外夏季派遣制度で米国ロサンゼルスに行かれた沼津西高2年生の加藤瑠李さんにお出で頂き、現地での生活体験の様子をレポート頂きました。
生活、文化、因習の違う米国での2週間あまりの経験では、多くの発見や気づきがあったとのことで、17歳の高校生には大きなカルチャーショックだったようです。

中でも、日本ではあまり馴染みのないホームレスの生活支援として、ボランティア団体が行っている食事提供活動に参加し、貧富格差社会の現実とボランティア、共生精神の大切さを肌身で感じたとの報告には、まさにこのような海外体験をこの年齢の多くの皆さんに経験してもらいたいと感じさせて頂きました。この貴重な体験をベースに、素晴らしい大人に成長していってください!!
d0050503_08080319.jpg
d0050503_08081477.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2018-02-02 08:08 | 福祉・教育・環境

別府市「ともに生きる条例」!

宮崎市の後は別府市に移動し、「別府市障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる条例」(通称:ともに生きる条例)について市役所を訪問し勉強させて頂きました。
この条例は、人々の障がいに対する理解不足や様々な障壁について、改善に向けて市全体で取組み、障がいの有無に関わらず、お互いに認め合い、支え合う社会をつくるために制定。

具体的には、障がい者への差別の排除、生活環境整備や生活支援などによる合理的な配慮の推進、そして親亡き後の問題解決に取り組むこと、などが規定されています。

このような条例化により、総合的で効率的な施策展開が可能になっているわけですが、特に注目したのが「親亡き後の問題解決に取り組むこと」。
これは、沼津市においても重度障害を抱えた子どもを持つ親が切実に感じ、要望されていることですが、別府市では、課題を以下6分野に分けてしっかり分析。
①意思決定支援・生活支援、②居住の場、③社会参加の場、④経済面の問題、⑤相談体制の充実、⑥地域福祉の推進
上記分析を基に、解決のための施策として10施策を提案、具体的には…
情報共有シートの活用の仕組みの構築、ボランティアによる支援体制の整備、家庭内訓練の支援体制構築、ショートステイ・Gホームの整備促進…

本格的な運用は来年度以降になる模様ですが、このように条例で規定し体系化を計ったことは大きな前進であり、障がいのある方やそのご家族にとっては何より心強いことだと思います。沼津市においてもその取組方針について、質していきたいと思います。
d0050503_08575355.jpg


[PR]

by katomotoaki | 2018-01-26 08:58 | 福祉・教育・環境

成人式&どんどん焼!

お正月後の最初の週末、そして3連休でしたが、特徴的な行事はやはり成人式!今年も在住の第五地区の成人式に来賓として出席させて頂き、160名を超える新成人の晴れ姿を垣間見させて頂きました。

毎年のことですが、この中学校単位での成人式は、久々に良く知っている懐かしい顔が揃うことからか、大変和やかで素直に嬉しそうなムードが漂い、来賓の立場でも自然と笑みを浮かべてしまいます。

少子化の中で、新成人ひとりひとりの責務は必然的に重くなってきているわけですが、是非ともそのことも認識して頂き、沼津のため、日本のために有意義な人生を歩んで頂くことを願って止みません!

加えて、今日は早朝より、恒例行事であるどんどん焼を狩野川河川敷にて三枚橋町自治会が行い、ジョイントさせて頂きました。
これを実施するには、昨年末に雑草を伐採し、そして竹をとりに行き、組み付け、ようやく本番を迎えることになるわけで、概ね3日を費やすそうです。
それでも、地域の大人が子どもたちのために苦労惜しまず取り組む姿は清々しさを感じます。
今年1年、健やかに成長あれ!!
d0050503_22534898.jpg
d0050503_22535531.jpg
d0050503_22540182.jpg
d0050503_22541268.jpg




[PR]

by katomotoaki | 2018-01-08 22:54 | 福祉・教育・環境

J3アスルクラロ沼津への沼津市の支援はどうなるのか??

d0050503_09351843.jpg
先日の一般質問において、本年J3初年度でリーグ3位の好成績を残し、本来であればJ2昇格を狙える力のあるアスルクラロ沼津への市の支援についての質問が同僚議員からありました。

以前のブログでも書きましたが、J2昇格となる要件を整理しますと…
1)J3リーグ戦で上位2位に入ること
2)スタジアム等施設に対する以下基準をクリアすること

①スタジアムの入場可能人員がリーグの規定(J1は15,000人、J2は10,000人)を上回っていること←A基準
②スタジアムの観客数1,000名あたり、洋式トイレ5台以上、男性用小便器8台以上を備えていること←B基準
③スタジアムに観客席の3分の1以上(B基準)または観客席すべて(C基準)を覆う屋根を備えること
④クラブが年間を通じて使用できる天然芝もしくは人工芝のピッチ1面・屋内トレーニング施設・クラブハウス・メディカルルームがあること←A基準

なお、上記内容中のA~C基準ですが、A等級はライセンス交付には絶対不可欠であり、B等級はライセンス交付には必須となっておるが、それを理由にライセンスを失うまでにはならず制裁が科せられる、そしてC等級は将来的に必須になる可能性のあるもの、と分けられているものです。

現時点では、ホームである愛鷹運動公園は上記基準を満たしておらず、来年以降の対応方針が問われたわけですが、施設管理者は静岡県であることから、沼津市としては静岡県と早急に協議していく必要があり、今回の質問では、それに対し何ら市長が動きを見せて来なかったことを追求されました。

これを受け、一昨日の所管委員会では、市よりアスルのホームスタジアム整備に関する検討会を関係者と立ち上げ、それに対する財政措置を行うとの報告があった模様。

愛鷹運動を改修対応するにしても、現時点でこの程度の状況ですから2~3年は掛かると思います。早急な政治判断が必要ですね!
d0050503_09352442.jpg



[PR]

by katomotoaki | 2017-12-09 09:37 | 福祉・教育・環境

沼津さんさん学習フェスティバル~皆さんお元気です!

先日の日曜日、市民文化センターで行われていた沼津さんさん学習フェスティバルを見学させて頂きました。このイベントは、生涯学習の一環事業で、市内の各団体や個人が芸術や文化面で取組んでいらっしゃる成果を発表する場であり、様々なクラフト作品、書道などの芸術作品が数多く展示されていました。
中には、素人とは思えない力作や、知恵を絞った名品も~皆さんの逞しい創作意欲に圧倒されました!
なお、出品者のほとんどが女性~シニア世代になってからの女性の前向きさ、活発さ、交遊の広さなど、日頃から男性とは違うと痛感していますが、このような生活スタイルを楽しむことが女性の長生きにもつながっているんでしょうね!これからも益々の創作活動、頑張って下さい!!
d0050503_09143715.jpg
d0050503_09144485.jpg
d0050503_09145043.jpg
d0050503_09145685.jpg
d0050503_09150276.jpg

[PR]

by katomotoaki | 2017-11-30 09:15 | 福祉・教育・環境

神戸市が「ファミリア」母子手帳、交換要望殺到

以前、市民の方から、母子手帳について、もっと楽しい、ユニークなものに変更したらとの提案を頂き、市役所当局と協議したが、結局はコストアップなどを理由に従来通りの汎用品を使用してきています。
今回の神戸市のような、楽しく、夢のある母子手帳を是非採用して、子育てを夢のあるものにして頂きたいと思います!
--------------------------------------------------
2017
1124 0817

ファミリアがデザインした神戸市の母子手帳

神戸市の新しい母子健康手帳が好評だ。

 10月から子ども服メーカー「ファミリア」(中央区)考案のデザインに刷新したところ、従来版を使う女性からも「交換してほしい」などの要望が300件近く寄せられた。思わぬ反響に市は急きょ、従来版とセットで使える「追補版」の発行を決め、来月1日から配布することにした。市の担当者は「子育て世代の増加につながれば」と期待している。

 母子手帳は、母子保健法に基づき、妊娠した女性に自治体が無償で配っている。神戸市は1999年から表紙がピンク基調のシンプルなものを採用していたが、「子育て世代により親しまれるものを」と、今年5月に公募を実施していた。

 新版は、通販大手「フェリシモ」(同)が企画し、ファミリアがデザインを担当。ファミリアの定番商品のデニムバッグを模し、クマの親子や神戸ポートタワーなどのアップリケをあしらったデニム生地の写真を表紙に採用した。記録欄はオールカラーで、ウサギやリンゴなどのキャラクターもちりばめた。

 9月に市が新版を公表すると、インターネットなどで「かわいい」とたちまち話題に。配布開始日を10月2日以降としていたため、妊娠がわかっていても、その日まで妊娠届の提出を待つ女性が相次いだ。さらに、従来版との交換を求める声も集まったため、市は、新デザインを取り入れたうえで、親から子へのメッセージを書き込める欄などをまとめた12ページの冊子を追加で作成した。

 対象は現在妊娠中か、就学前の子どもがいる女性ら。神戸市に住民登録している必要があり、各区役所などで受け取ることができる。転入者でほかの自治体の母子手帳を持っている人も含まれる。

 市イベント案内・申込センター(078・333・3372)への事前予約(来年2月28日まで)が必要。市によると、現在、電話が集中しており、つながりにくくなっているという。

他自治体も工夫

 母子手帳のデザインに工夫を凝らす自治体は広がりつつある。

 奈良市は2013年度から、同市出身の人気デュオ「KinKi Kids」の堂本剛さんがデザインした手帳を配布。赤ちゃんが地球の下で両手を上げているイラストが入っており、人気を呼んでいる。

 ほかには、兵庫県豊岡市がディズニーのミッキーマウス、埼玉県春日部市がクレヨンしんちゃんなどのアニメキャラクターを使っている。(岸本英樹)


[PR]

by katomotoaki | 2017-11-24 19:29 | 福祉・教育・環境

沼津ならではの「ひもの体験教室」!

昨日の大岡小PTAによる「ひもの体験教室」~子どもたちの多くは魚捌くの初めて、お母さんたちも殆どやったことないという現代の食生活~沼津市民ならみんな魚捌けたら素敵ですけど~改めて魚&ひものの美味しさをかみしめて下さい!

d0050503_08294299.jpg
d0050503_08295714.jpg
d0050503_08303582.jpg
d0050503_08294848.jpg
d0050503_08302002.jpg
d0050503_08301364.jpg
d0050503_08302981.jpg


[PR]

by katomotoaki | 2017-10-29 08:31 | 福祉・教育・環境

セラピードッグたちと特別養護老人ホームを訪問!

先日の月曜日(祝日)、沼津市の特別養護老人ホーム「高砂」をセラピードッグたちと訪問し、入居者の皆さんとの触れ合い活動を行ってきました。
毎度のことですが、特養に入所されている皆さんは介護度が高く、認知症の方も多いことからほとんどが車椅子に座った生活を送っており、無表情さに心が痛みます。
しかし、セラピードッグたちがおひとりずつ触れ合いに行くと、その表情も一変、笑顔がこぼれたり、中には昔を思い出してか泣き出してしまう方も。犬に触りたいという気持ちから、不自由な手が自然と伸びたり…
このような施設訪問を通じ、毎度、また訪問してあげたいと思うのですが、国際セラピードッグ協会からの招へいには費用もかかり、NPOしずおかセラピードッグサポートクラブとしては年1回程度に留まっています…。

d0050503_07013315.jpg
d0050503_07012205.jpg
d0050503_07005281.jpg
d0050503_06594611.jpg
d0050503_06593695.jpg



[PR]

by katomotoaki | 2017-10-11 07:03 | 福祉・教育・環境